ページ

2013年9月30日

iPhone 5s、M7モーションコプロセッサ対応アプリ

iPhone 5sでM7モーションコプロセッサが搭載され、コレに対応するアプリも出てきている。
とりあえずM7歩数計 - StepsARGUS - Motion and Fitness Tracker by Azumioを試してみた。
お尻のポケットにiPhoneを入れていた。

結果は、歩数計として使うなら性能は全く同じになった。
どちらのアプリも2,598歩。


次計測時にも全く同じ、6,405歩という結果に。



ということで、M7モーションコプロセッサを利用したアプリに性能差は出ないということでいいのかどうか。
実際の歩数にこの計測値が近いかどうかというのは、自身が歩数をカウントしていないので、出来ていない。


既にネットではJawbone UPなど、いわゆる活動量計の専用ガジェットとiPhoneのM7モーションコプロセッサを比較した報告もされている。
自身も試したんだが、何故か今Jawbone UPをiPhoneに同期できず、この比較ができない。

2013年9月27日

LTEはソフトバンク、3Gはドコモ

月額料金がどうのという真面目な話どころではなく、既にauとソフトバンクがiPhone 5cを投げ打っているようなので、ドコモはこうした動きに対抗できるのかが見物だ。
auはコレで頭1つ明後日の方に抜け出た感じだ。


iPhone 5s/5cが対応する3社のLTEネットワークの現状と計画の比較 shimajiro@mobiler

以下はiPhone 5sやiPhone 5cでの速度調査。
MMD研究所が全国20都市125カ所で新iPhoneの速度調査、ソフトバンクが最速に - その理由について考えた マイナビニュース
ソフトバンクがドコモ、KDDI を上回る結果を記録 -- 都内で iPhone 5c の通信速度実測調査を実施 インターネットコム
新iPhoneで3キャリアのLTE通信速度を比較! 山手線10駅の実測値での勝敗は……? BCN
東京都内で新iPhoneの速度をチェック!! 結果は三社三様、速いキャリアはどこ? マイナビニュース
都内でiPhone 5sの通信速度調査 通信速度の三つ巴戦は発売初日に都内5地点中4地点でソフトバンクが勝利 ガジェット通信
iPhoneだと、LTEならソフトバンク、3Gならドコモ、なのか。
iPhone比率の高いソフトバンクがここまで速度で有利というのは驚きだが、これからiPhoneユーザーが増えていったらドコモやauは大丈夫なのか心配にはなる。

自身としては、LTEの速度は確かに魅力的だが、速度だけに拘るのも何だかな、とは思う。
ドコモ網のMVNOのSIMでiPhoneもLTEを掴むらしいし、安定して電波をキャッチできて安価な料金なら文句もないんだが。

2013年9月26日

ソフトバンクiPhoneで2.1GHzか1.7GHz、どちらのLTE電波を掴んでいるか

今更だが、ソフトバンクのiPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5を使っているなら、LTEにおいて、ソフトバンクの2.1GHzかイー・モバイルの1.7GHzかどちらの電波を掴んでいるかを知る方法。
レシピその8:どのキャリアのLTE網を利用しているか知る方法 meet i
電話アプリに*3001#12345#*と打ち込んで、発信ボタンを押す。
Serving Cell Infoをタップし、Freq Band Indicatorの項目が1ならソフトバンク、3ならイー・モバイル。

だからナニという話ではある。

2013年9月25日

iPhone 5sとiPhone 5cの技適、など

SamsungのGalaxy S4がまた爆発か。
モデルは違うんだが、自身のGalaxy S4もいつ爆発するやら。

海外版iPhone 5s/5cには技適マークがない? Slashdot
iPhone 5sとiPhone 5cの原価の差は約2600円であることが判明 Gigazine

Firefoxスマホがすでに販売されている海外での評判はいかに? 週アスPLUS


アマゾン Kindle Fire HDX と新 Kindle Fire HD、Nexus 7 (2013) 仕様比較 Engadget
2012年モデルのスペックのリンクもあり。

ソニー、電子書籍端末Readerの最新機種「PRS-T3S」を10月4日より発売 マイナビニュース
フロントライトを本体に内蔵せず、3000円のカバーにライトってのもな。

実は「iPad(9.7インチ)」並みに売れている「Surface」、タブレット端末の新しい市場を開拓 BCN
冗談きつい。



第3世代iPadにiOS 7をインストールしてみた。
iOS 7のカラーの印象が薄ぼんやりしているので、10インチの画面だとパッとしない。
ディスプレイのベゼルが細いiPad miniの方が映えるんだろうとは思う。
また、タブレットの大きい画面だと余白が多いように見えてしまうので、リンクやボタンなど何が何なのかという識別が瞬間で出来ないので慣れが必要か。


いつものことだが、iOSアップデートのためにipswファイルをiTunesでダウンロードすると、iPhoneとiPadの両方なら約3GBにもなるので、アップデート後に不要なら削除した方がいい。

ipswファイルのMacでの保存場所は以下。
~/Library/iTunes/iPhone Software Updates
iPadならiPhoneの部分がiPadになっている。

最近のMac OSだと~/Libraryは不可視になっている。
ここへ行くにはFinderで移動をクリックしてメニューを表示させ、optionキーを押し続けているとライブラリの項目が現れるので、これをクリックすると~/Libraryのウインドウが開く。

2013年9月24日

iPhone 5sとiPhone 5c、3日で900万台

新型iPhone、週末3日間の販売台数は900万台超に - 株価は大幅上昇 WirelessWire News
Apple、iPhone 5sとiPhone 5cの先週末の合計販売台数は900万以上と発表―iPhone 5の500万台を大きく上回る TechCrunch
iPhone 5が500万台で、iPhone 5sとiPhone 5cが900万台って、ほぼ倍増とはスゴい。
これほどの開きがあると、実売ではなく出荷台数だと疑いたくもなる。
台数シェアではAndroidスマホに離されることは確実だろうが、この数字を見ればiPhone 5sとiPhone 5cが底堅いという印象も強くなる。

販売初速の勢いは、そのまま製品の評価につながりそう。
携帯電話 週間売れ筋ランキング BCN
日本の量販店でも結構な売れ行きのよう。
通信キャリア3社がiPhoneを取り扱うようになるとiPhoneの量販店比率が益々下がっていくんだろうけど、オープンな指標はコレくらいしか無さそうなので週間での動向はBCN頼りか。


スマートフォンのウイルス対策においては、iPhone比率が高くなるだけで(Androidスマホを使わないので)安全度が高まるので、セキュリティソフト関連会社の日本での売れ行きが鈍るんだろうが、各方面は手放しで喜んでイイのでは。
一方で、iOSという単一プラットフォームの中で、ちょっとした事でもすぐ感染というか、マイナス要素が広がるスピードも速そう。
良いアプリなどはスゴイ勢いで認知されるんだろうけど。

ドコモが腰を上げたことで、iPhoneも社会現象の1つというか、それなりの認知度になるんだろう。
iPhoneが売れると、そのハロー効果でこれまで以上にMacやiPadが売れまくるはず。
iPadはドコモも扱うだろうし、iPadの普及度も日本では相当高まるんだろう。
iPodの売れはさらに減少するんだろうけど、Sonyは喜ぶのかどうか。
iPhone 5などを売却する時に家捜ししていたら、GriffinのUSB to Lightning Connector Cable, 2' straightが出てきた。
iOS 7ではApple認証がないとLightningケーブルが使えないとか警告が出ると言われているが、このGriffinのはApple認証を受けているのでiPhone 5sでも問題なく使えている。
しかしケーブルがOSに拒絶されるとなると、小売りもクレームを恐れて売りにくくなるんだろうけど、Apple非認証のケーブルはオンラインショップくらいでしか手に入りにくくなるのかどうか。

2013年9月23日

iPhone 5sとiPhone 5cの供給について

早々にTouch IDがアナログな方法でハックされたようで、他iOS 7のバグもどんどん出てきている。
iOSのデザインは、そもそもWindows Phoneを使うくらいだから、自身としては好みな方だ。
Windows PhoneのOSデザインと一部似ているなとパッと見で思ったのは、起動中アプリを表示するところ。
そういえばAppleがiPhone予約販売後すぐにやる、ドヤな発表がないな。
日本は、iPhone 5cの予約受付は閑散とし、iPhone 5sの行列は各所に分散しつつそこそこ、だと思うが、一次発売国の状況はどうだったんだろうか。
自身は今回もiPhoneを購入したものの、Apple信者な訳でもなく不満は多いにあるんだが、さらっとiPhone 5sとiPhone 5cの発売にツッコミをいれてみる。

iPhone 5sの発売初日に容量別のカラーが出揃わないというのが最悪。
もはやAppleの秘密主義も底が知れてきた昨今、さらにAppleくらいまとまった台数を製造しないといけないメーカーも他にないんだろうし、またカラーラインナップも増やしているんだから、製造期間にもう1カ月くらい余裕持つか製造先を増やせよ。
しかもiPhone 5sはスペースグレイだけ集中して供給するとかアホか、今までiPhone販売してきてブラックが8割くらいを占めているなら分かるが、そうじゃないよな。


日本の通信キャリアへもツッコミを。
ドコモとauが発売初日にシステムダウンした件は、ドコモはiPhoneを初めて扱うので分からないでもないが、auは新人でもねぇのにな。
Appleの行列指示にはウンザリなんだが、日本の通信キャリアはAppleの奴隷になったんだから、ソコはちゃんとしてほしい。

あとは、料金プランでドコモの端末代が容量無視の同一料金という頭オカシイのが修正されたのはちょっと安心した。
知らないが、各方面から猛烈にツッコミがあったんだろうと思う次第。
オイオイちょっと待てという案配で、Appleも絶対ツッコミを入れた、と妄想する。

他、毎度のことながらLTE料金が高過ぎる、データ通信料も通話料も。
基本的に3社横並びってヒドいわな。
さらに3社ともSIMロック解除に応じないという有様。
ドコモはMVNOのSIM使用に規制を入れているようだが、iPhoneのSIMは一部のAndroidスマホでは使えるよう。

こう料金が高いと、ドコモのFOMAプラスエリアが使えるならSIMフリーiPhoneの方がイイんだろうなとは思う。
iPhone 5sは一通りの設定には目を通したつもりで、バッテリー切れも試した。
上のスクショはバッテリー残量1%の時のもの。
アンテナが黒抜きのサークルで表示されるのは、どうにも慣れないが、まあ今だけか。

iOS 7を弄っていてビビったのは、タイマーの通知が、iPhone再起動時の林檎マークが表示されている時に作動したこと。
いきなりのアラームとLEDフラッシュにはビビった。

2013年9月22日

iPhone 5cとiPod touch

今日はじめてiPhone 5cを触った。

手への納まり感、保持した時の柔らかい印象、背面カラーの一体成形によるシンプルさ、コンパクトさ加減が非常に小気味いいサイズ、などなど自身の中では相当なまでに評価が高まった感じだ。
凄いわ。

写真や動画でみると、背面カラーの分厚さというか存在感が強過ぎて、例えるなら丼のような分厚い器にスマホ本体が収まっている、と勝手に思い込んでいたというのもあるか。

背面カラーがどれもビビットなんで使い込んで擦り切れ感が出てきたら、さらに見栄えがすると思う。
何だかiPhone 5sに悪い意味でのロートル感を感じだしてしまって、妙な感じがする。


iPod touchとiPhone 5cを背面素材などの見た目だけで比較すると、iPod touchがスマートフォンで、iPhone 5cがiPodだと言われても変ではないはず。
それだけに逆に、iPhone 5cの登場でiPod touchの存在感が際立つのか、とか大袈裟に考えたくもなる。
また、iPod touchとiPhone 5cを比較することで、iPhone 5cの前面が全てブラックなのもiPod touchと差別化したいんだと見るのが妥当なんだろう。


今後のiPod touchのデザインにも注目したいが、どちらかというとiPhone 5cより安いモデルのラインナップがどんなデザインになるのか見てみたい気もする。

2013年9月21日

iPhone 4s、iPhone 5買取

iPhone 4s、iPhone 5を売却してきた。
iPhone 5sの購入はかなり躊躇っていたというのもあり、さっさと先代iPhoneを売り払った次第。

iPhone 5は裸で使用し、何だかんだで落としたりしてしまっていたので、iPhoneのマイクの小さな穴程のエグレた傷が背面の角などに3〜4個ついていたが、こうした傷は1000円程度の減額という査定には驚いたが、付属品が複数抜ける方が査定には響くんだそうな。
減額はこの傷によるものだけだったので、ほぼ買取の上限には達した。


買取のために、iPhoneはアクティベーション済みでないと査定できないというのは可笑しくねぇのかと思いつつ、その他、IMEIでのチェックも必要とのこと。
で、アクティベーションのためSIMゲタを家捜ししていたら、以前に購入したSIMゲタと怪しげなGEVEYのSIMを見つけた。
GEVEYのは使った記憶が無いので、無駄打ちをしていたよう。

iPhone 5のSIMはもう使用停止しているが、iPhone 4sとiPhone 5のアクティベーションに使えた。
今思えば、何故かiPhone 5sのSIMをiPhone 5とiPhone 4sのアクティベーションに試さなかった。

2013年9月20日

iPhone 5s購入

iPhone 5s、32GB、シルバーを購入した。
ソフトバンク、iPhone 5からの機種変更。
端末代一括支払い、ポイント5%、ヨドバシカメラ。
久しぶりに行列に並んだけど、風邪引くかと思った。

自身の場合、念のためMNP予約をしていたんだが、これは機種変更の際にシステムにエラーを吐かれるようで、機種変更手続きができなかった。
なので、その場でコールセンターに電話してMNP予約をキャンセルしたら、ちゃんと機種変更の手続きができた。


iPhone 5sを少し触ってみたが、指紋認証機能のTouch IDの動作のテンポがスゲぇ。
スリープ状態のiPhone 5sをホームボタン押しでロック画面を表示させ、そのまま指を乗せたままにしておくと瞬時にロック画面が解除される、そのテンポの良さといったら、何度も試してしまう程だった。
ただただ、それだけなんだけど。
猫の肉球や乳首の方がたまげた。


iPhone 5s購入なら、SIMフリーも視野の範疇のはずだが、どうやら技適の件でなかなか難しいよう。
SIMフリー版iPhone5s・5cをパリでゲット 技適マークは?:週間リスキー 週アスPLUS
iPhone 5sとiPhone 5cのLTEは、日本向けがA1453とA1456、北米向けA1533とA1532、欧州向けA1457とA1507、アジア向けA1530とA1529となっている。
今回はA1457がダメと確認され、その他、香港向けはダメで北米向けは大丈夫らしい。
どうなってんだ。

2013年9月18日

iPhone 5s、iPhone 5cの発売後について

Touch ID
iPhone 5s発売後は、指紋認証のTouch IDを試す動画にどのようなモノがアップされるかが、楽しみでもあり、ある意味怖くもある。
短距離ダッシュを繰り返したりするようなスポーツをすると、足の裏の皮膚がベロンと剥がれてしまう人は特段珍しくもないと思うが、まあ手も同じようなもんだろうとは思うけど。


M7コプロセッサ
Jawbone UPを購入して思ったが、iPhoneのM7コプロセッサがうまく活用されれば、Jawbone UPとかを駆逐できるのか、とか。
Appleとしては、M7コプロセッサをうまく活用したアプリを手っ取り早くパクリたいんだろうと思うが、それがiPhoneに活きるのかiWatchでもイイんだが、うまく化けて欲しいとは思う。


ドコモiPhoneの売れ行き
ドコモのiPhone料金プランを見ていると、とりあえず新規、機種変、MNPと全方位にキャンペーンで息巻いているが、特に機種変にはチカラが入っているよう。
2年間は逃がさないという意思が強烈だと、ああいうプランになるんだな、ちょっとしたヒステリーかと思った。

iPhoneを使いたい人は早々にドコモを見限っていて、ドコモに残るのはフィーチャーフォンユーザーかAndroidスマホで痛い目を見ているユーザーだとしても圧倒的にフィーチャーフォンユーザーが多いだろうが、フィーチャーフォンユーザーがiPhoneなどへ機種変更する足はどちらかというと遅いだろうし、iPhone効果がすぐ効かないだろうと思うが、どうなるのやら。
また、iPhoneの販売は最初ドコモショップの半分でしか扱えないし、iPhone 5が一括0円キャッシュバック付きで売られてもいるし、機種変の足が遅くMNPに勢いがないと9月、10月の数字にもろに影響するはず。
6000万契約という数字が伊達なのかどうか。

ドコモは、スマートフォン年間販売の3割か4割か知らないが、これくらいをiPhone販売にと考えているよう。
こうした発言を真に受けるなら、売れ行き次第では、次iPhone発売前の恒例の一括0円祭りにドコモは参加しないことになるのかどうか。
理想は、ドコモiPhoneが売れまくって、auとソフトバンクがキャンペーンで応酬するという形だが、3社とも売れまくってiPhoneキャンペーンが無くなっていくというケースはある意味最悪だろう。


スマートフォンの台数シェア
iPhone 5cが廉価版でない時点で、iPhoneのスマートフォンにおけるシェアはどんどんAndroidスマホに離されていくことになる。
Apple自体はだいぶ前から台数シェアには拘らない姿勢なんだろうが。
もちろんAndroidスマホよりiPhoneの利益率がイイのはわかるが、台数シェアが2桁を切るようなことになると、ちょっとどころが印象的にかなり不味くなると思う。
スマートフォンの第3のOSが早く育って欲しいところだが、芽が出る前にPCのWindowsとMacと同じ関係になっているんだろうとは思う。

2013年9月17日

売ってはいけないものを売っていたドコモ

ドコモ、iPhone参入のインパクト (1/2) ITmedia
コーヒー零しそうになったわ。

コピペ。
「Androidのバージョンが4.0以前の製品は安定性や使い勝手に難があり、当時のiPhoneと異なり、ギーク層はともかく一般ユーザー層には売ってはいけないものだった。それでもドコモは強引に、旧いAndroidスマートフォンを“iPhoneっぽいものが欲しいドコモユーザー”に無理やり売ってしまったのだ。」

今言うな、と思うが、まあ笑える。

2013年9月16日

Jawbone UP購入

Jawbone UPを購入。
スマートフォン対応は、iOSアプリUP by Jawbone、AndroidアプリUP by Jawbone

気分というのは怖い。
使っている自身を想像できない云々といっていると、アホか、腕につけるだけでエエねん、と言われた。
そりゃそうだ、そうなんだけど。

2013年9月15日

SIMフリーのiPhone 5s、iPhone 5cについて

iPhone 5s購入を想定した機種変更、MNPを計算してみたが、1年でスマートフォンを買い替えて10万円超という現実は結構しんどいなと改めて思った。
で、iPhone 5sとiPhone 5cがSIMロック解除されていないのはウザいことコノ上ないが、SIMフリーという選択肢もアリだなと。

ということで、SIMフリーのiPhoneについて。

まずは、iPhoneの通信方式や周波数帯について。
Apple - iPhone 5 - View countries with supported LTE networks. Apple
日本で発売されているのは、iPhone 5sがA1453、iPhone 5cがA1456。
新型iPhone、ドコモのFOMAプラスエリア対応を確認 Blog of Mobile!!
日本以外では、ほとんどがSIMフリーに対応していると思うが、とりあえず米国版は549ドルから
Appleが日本のApple StoreでSIMフリーiPhoneを販売してくれればイイんだが無理か。

iPhone 5は、SIMフリー版iPhoneをApple Storeへ修理に持ち込んで本体交換となったら、日本版SIMフリーになるというのは実証されていて、ココとかココ
だもんで、iPhone 5sとかiPhone 5cにも同様の対応なら、安心してSIMフリー版を購入できそう。


SIMフリーのiPhone 5sとiPhone 5cの予約を始めているショップ。
SIMフリー版iPhone 5s/5cの予約開始、ただし「仮」 AKIBA PC Hotline!
Apple Store Asia - iPhone EXPANSYS
香港版など一部モデルでは、日本のSIMが使えないこともあるので注意。

日本の業者だと他にもホントにいろいろあるようだが、まだiPhoneが発売されていない現時点では、予約といっても価格も明記されていないし、キャンセルもできる予約を受け付けているというショップがほとんど。

で、日本の業者以外だと海外のショップや代理購入など方法はいろいろあるようで、有名そうなのを並べてみた。
1ShopMobile.com
US BUYER.com
NEGRI ELECTRONICS
Adorama
handtec
clove
iPhone 5sとiPhone 5cが検索結果に出るのはhandtecとNEGRI ELECTRONICSくらいか。

まあ、Amazonでも楽天でもヤフオクでもSIMフリーのiPhone 5sとiPhone 5cは売られているといえば売られているんだが、1社がこれらプラットフォームをまたがって売っている程度。

2013年9月14日

iPhone 5からiPhone 5s、16GBへの機種変更とMNP

前回はかなり興奮してしまったので、今回は冷静に。

自身は現在ソフトバンクiPhone 5の16GBだが、iPhone 5s、16GB購入を想定して、ソフトバンクへの機種変更、auへのMNP、ドコモへのMNPでかかる金額を計算してみた。
条件は、端末代一括支払い、使用期間は1年間、事務手数料も含めて計算し、iPhoneの下取りを考慮していない。


結果
ソフトバンクへの機種変更
計124,260円。

auへのMNP
計118,545円で、ソフトバンクより5,715円安い。

ドコモへのMNP
計132,405円で、ソフトバンクより8,145円高い。

となったので、ソフトバンクのiPhone 5からiPhone 5s、16GBの端末代一括支払い、1年間の使用を考えるとauへのMNPが割安ということになる。
計算に入れていなかったiPhoneの下取りを考えると、更にauが得に。

この差額をどう捉えるか、たかが携帯電話に1年で10万円を超えるという金額の大きさに改めて驚きだが、10万超における6,000円とか8,000円の差というなら、通信キャリはどこでもイイんじゃないかと、ざっくり思う。
この差なら、探しまくれば店舗毎の独自サービスで相殺できるような気もするが、発売初日にそれを期待するのは無理か。

ここに至って、LTE基地局数とか、改めて通信キャリアの性能が気になりだすような。



以下は、計算したメモ。

ソフトバンクへ端末代一括支払いで機種変更 計124,260円
・月額料金 4,510円(ホワイトプラン(i) 980円、S!ベーシックパック(i) 315円、パケットし放題フラットfor 4G LTE 5,460円、月月割 -2,245円)×12カ月で54,120円
・端末代 68,040円
・事務手数料 2,100円

auへ端末代一括支払いでMNP 計118,545円
・月額料金 2,940円(LTEプラン 980円がauにかえる割適用で 0円、インターネット接続サービスLTE NET 315円、LTEフラットスタート割(i)  5,460円、毎月割 -2,835円)×12カ月で35,280円
・端末代 68,040円
・2年契約違約金 9,975円
・MNP手数料 2,100円
・新規契約手数料 3,150円

ドコモへ端末代一括支払いでMNP 計132,405円
・月額料金 1,785円(タイプXi にねん 780円がドコモへスイッチ割で 0円、spモード 315円、Xiパケ・ホーダイ for iPhone 5,460円、月々サポート -3,990円)×12カ月で21,420円
・端末代 95,760円
・2年契約違約金 9,975円
・MNP手数料 2,100円
・新規契約手数料 3,150円

2013年9月13日

iPhone 5s、iPhone 5cの価格設定が可笑しいぞ

LTEのエリア化率とかどうでもエエわ、iPhone 5s、iPhone 5cの価格設定が可笑しいぞ、クソッタレ、ウンコたれ、ハゲ。
端末価格などはコレ
キャンペーンは、ドコモauソフトバンク

まずは、ドコモの容量無視の端末同一価格で噴いた、頭オカシイだろ。
auとソフトバンクもMNP優遇で安定し、機種変組は損でしかない。
キャンペーンでは、スマートフォンに学生比率が少ないからか学生ウェルカムの傾向か。

自身はソフトバンクのiPhone 5を使っていて、iPhone 5sなら新規除外で端末一括を希望。
各通信キャリアの料金プランを見ていると、機種変は冷遇されすぎ。
MNPだと、LTEのエリア化を詐称するようなauには行きたくないんだが、1年で買い替えることを考えると自身の場合はauが一番割安になるという悲惨な結果に。
ソフトバンクの機種変キャンペーンはiPhone 5除外だし。

SIMロック解除に対応しないというし、SIMフリー端末でも漁ろうかと思い始めた次第。
どうしてくれよう。


一方で、iPhone 5cの予約が閑散としている件。
iPhone 5cがターゲットとしている一般消費者にとって、スマホなんて必要なモノでしかないので、スマホの新製品の発売日なんて無関心であって、端末の紛失や故障時、2年契約切れの時くらいしかスマホには能動的にならない。
だから、iPhone 5sはiPhone 5cより販売初速は伸びるだろうが、長い目で見ればiPhone 5cが台数的に捌けるのは当然といえば当然の話だろう。

その意味では、販売予約を受け付けないで行列をつくろうとするのはiPhone 5sで間違っていないと思うんだが、この料金プランにはドン引きだわ。
で、iPhone 5sの予約なしはAppleの指示だったんだな、誘導と演出、ご苦労さま。
どうせなら、料金プランに指示出せよ、と言いたいがコレはダメなのか。

2013年9月12日

iPhoneの通信キャリアについて

EVO3D祭り再来!MNP一括0円のHTC J One HTL22に5万円近いキャッシュバックがのる事態に iPhone5にも3万円 すまこじ
auがiPhone 5cだけでなく手数をかけて動いているようで、一般の人にとってはこういうのが本命なんだろう。
自身の一発しかないMNP弾は先月に使い切ってしまったので悔やまれるところ。
新iPhoneに買い替えて KDDIが負担軽減検討 日本経済新聞
auは、新しいiPhoneについてもアクションを起こすといっているし、寡黙になってしまったソフトバンクの対抗も期待したい。

iPhone 5sの予約は受け付けないというのは行列ショーのためか知らないが、胸クソ悪い3社横並びだし、料金プランまで高止まりの横並びなんて結末は勘弁して欲しいなと思う。


NTTドコモ、au by KDDI、ソフトバンクモバイル――新しいAppleのスマートフォン「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の各社の対応周波数帯をチェック S-MAX
自身はiPhone 5、ソフトバンクを使っているが、先月からドコモのGALAXY S4、SC-04Eも使い始めていて、同端末の対応周波数は
LTE 800MHz、1500MHz、2100MHz
W-CDMA, HSPA 800MHz、850MHz、2000MHz
GSM, GPRS 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
となっている。

8月の行動範囲は東京と千葉の駅近くらいで、この範囲で使った自身の感想は、ざっくりどちらも電波の掴み具合は同じくらいだが、ドコモの方が若干LTEの掴みが悪い気もする。

今回、自身が新しいiPhoneにするならドコモを選びたいが、8月からAndroidだけどドコモのLTEを使っているし、わざわざドコモを2回線持つのもアレなんで実際料金次第なんだが、ソフトバンクを継続かなと思う。
ソフトバンクは十二分に胡散臭い。
しかしまあ、auのiPhoneデビュー時のLTEエリア詐称が結構衝撃的でauにするにはちょっと腰が引ける気もするんだが、やっぱり今回はauが強くLTE基地局が多い。

単純に考えると新しいiPhoneは、LTEの基地局数などを調べて分かっている人はau、何だか分からないが安心したい人はドコモ、安かったらソフトバンク、なのかなと勘ぐると、やっぱり安心したいドコモが強いということになるのかどうか。



久しぶりに覗いたら、 Onyxのラージサイズだけ在庫ありになっていたので、他のサイトでも在庫が復活しているのかどうか。
Jawbone UP AssistOn

iPhone 5sのTouch IDについて

日本のメディアにもAppleからiPhoneの説明があったようだが、そのレビューが薄味なのが多くて何だかなと思いつつ、横並びなら、それはそれで何故か納得してしまう。

AppleはTouch IDセンサーを開発者に開放しない方針 Mobile Touch
iPhone 5sの指紋認証機能「Touch ID」、未来的なイメージの裏にある課題 PC Online
Appleが指紋認証で狙うもの WirelessWire News
自身にとってはイマイチな機能に思えるんだが、指紋認証。
脱獄でTouch IDに新機能が加わるのかどうか。


ついでに、これはこれで何なんだろ。
iOS7の隠れキラーコンテンツとなる近距離無線通信「iBeacon」とは? Gigazine
NFCは延々とスルーだな。

2013年9月11日

iPhoneの5sと5cについて

sとcは小文字なんだな、iPhone。
驚いたことがもう1つ、MacのSafariをリセットしたら動作がスゴく軽くなったんだが、これは驚くことではないらしい。


「アップルの革新的ヴィジョン」が「負の資産」に WIRED
iPhone 5cが安くない、どうなってんだクソッタレ、という話。

新開発の廉価版モデル登場が期待されていて、自身もマヌケにも期待していた。
競合他社が新興国での台数シェア拡大に奔走する中、Appleもそのカテゴリーでの存在感が必要だろうと見られていたが、Appleは全く違う見解のよう。
iPhone 4sという旧旧モデルを販売する方針は従来と変わっていないし、今回のiPhone新製品を見るとそう感じる。

今回のiPhone新製品を見ると、Appleは、iPhone 5sで引き続き高級機需要を刈り取りにいくものの、停滞する高級機需要の次の需要開拓として、普及期に入ったスマートフォン市場の一般消費者需要を真正面からザックザックと刈り入れたいのだろうと考えてみる。
いわゆるiPhone 5cよりさらに安価なところの需要層に新モデルを投入しないので、メーカーとしての台数シェア競争には拘らないということになるのか。


つまるところ、iPhone 5sは高級機然としていてスタンダードモデルに適さない、のか。
ではiPhone 4sはというと、そのポジションはiPhone 5では高価すぎてスペック的にiPhone 5cとかぶるし、iPhone 5cが旧モデルになるまでに最低限必要な処置という程度の話だろうと思う。

そう考えると、Appleのラインナップにおけるボリュームゾーンは今後iPhone 5cが主力になっていくはずなんだろうから、端末製造の利益率が気になるところ。
これでiPhone 5cが売れまくり、今後iPhone 5sのポジションのラインナップは少なく高容量化していくとかになれば、iPodと同じ道だな。


一方で、iPhone 5sの発売にあたって予約ができないという件。
iPhone 5sは最早ガジェヲタくらいしか買わないモノだと販売サイドが判断しているから、とか各通信キャリアがiPhone 5cを数多く売る契約をしているし高価格のiPhone 5sは売りにくいので適当に売りたいから、とかすごく単純な話だと思う次第。
iPhoneの発売当初の弾不足はいつものことで、緊急的に品不足なら、なおさら予約を受け付けていると思うんだが、どうなのか。

iPhone 5S発表

速報:アップル 新 iPhone 発表イベント Engadget
Touch IDとLEDフラッシュが地雷というか不具合の予感だが、iPhone 5S欲しい。

64bitになって速い、とのこと。
iPad、iPad miniも同様の傾向なんだろうから想像し易いが、軽いなら再びiPadかも。

2013年9月9日

スマートフォンのプリペイドって

ドコモのモバイル空間統計云々の件、停止手続きをした。
今回の統計の件デフォルトで了承って、何だかGoogleの絶版本の権利独占の通告を思い出した。
今後はすべからく、こういう対応になるんだろうか。


中国スマートフォン市場、ユーザー獲得キャンペーンの行方 Yahoo! ニュース
プリペイドか。
iPhone 5Cってどうなんだろう。
ということで、iPhone 5Cは関係ないがプリペイドについて、少し古いが。
いま世界で最もホットに売れてるスマホはプリペイド式! 2年契約に縛られる買い方なんて古すぎる… APP LAND
世界で利用されているのが多いのはプリペイドかポストペイドかというと圧倒的にプリペイドが多いだろう。
プリペイドが一般的なのはBRICsをはじめとした新興国だが、他、欧州も比率が高いようだ。
で、これまでポストペイドが主流だった米国でプリペイドスマートフォンの比率が高まっているようだ、とのこと。

さらに古いスマートフォンの話だと「2010年6月から2012年6月の2年間」、
サムスンで1番売れた端末はプリペイド端末だった ギズモード・ジャパン


日本だとほぼポストペイドだし、スマホを扱っているのはソフトバンクくらいか。
フラッグシップなスマホはディスプレイサイズ6インチとか明後日なのか未来なのか分からないのもあるけど、プリペイドスマートフォンはというとザクッとググってみてもディスプレイサイズの主流は4インチ以下かな、と思う次第。

2013年9月7日

Androidスマホのアンチウイルスやセキュリティの対策、など

Googleは詐欺アプリとの戦争にさらされている Mobile Touch
「Google PlayではApp Storeに比べて実に10倍近くアプリが削除されている」らしく、それでもAndroidプラットフォームにはアンチウイルスやセキュリティ対策が必要というんだから困る。

Androidスマートフォンのアンチウイルスやセキュリティ対策のアプリについて。
結論は、どれでもイイ、と思う。
条件は、AV-TESTPC Security Labsなどの検証で信頼性の高いモノ。
日本語のサイトでもニュースになっているので、例えば、
Android向けセキュリティアプリの最新評価、AV-TESTが発表 ITmedia

後は、やはりアプリの動作が軽いとかになるはずなので、そこはレビューなどを参考にするしかない。
Androidスマホやタブレットにアンチウイルスやセキュリティ対策のアプリを入れるなら、Androidスマホやタブレットを購入する前にググるなりなんなりしてアプリを選んでおき、端末を購入し起動させたら一番最初にインストールするくらいの方がイイはず。


しかし、何と言うか、Androidのプラットフォームを利用するのは、ウイルスの池に自ら飛び込むようなものだと自身で使ってみてもやはりそう思う。
Windows PCと同じだ。
例えばiPhoneを知っていたなら、アンチウイルスやセキュリティ対策に時間と費用を割かなければいけないというのは何とも遣り切れないなと思ってしまう。


で、アンチウイルスやセキュリティ対策のアプリを眺めていて、ランク上位に入っているのは何故かという側面も知りたくなるので、AndroidのGoogle公式アプリマーケットのGoogle Playでランキング上位になる仕組みについて、例えば、こうも考えられるということでココとか。

2013年9月5日

スマートウォッチってどうなの

スマートウォッチは成功するか 「Apple参入からが本番」の声も (1/3) ITmedia

Sony SmartWatch MN2の機能や使い方を紹介 juggly.cn
今月発売のはずのSonyの次モデルSmartWatch 2のレビュー。
SonyのSmartWatch 2はなかなか有望―PebbleやMetaWatch Strataと比較してみた TechCrunch
Xperia以外もサポート、防水防塵のソニー SmartWatch 2 新発表 ギズモード


噂がでているモノ。
これは噂ではなく確定情報のよう。




その他。

COOKOO Watch、半年間使ってみた:スマートウォッチとの付き合い方、3つのポイント ライフハッカー


未発売。
Sonostar SmartWatch : 1.73インチ320 x 280ピクセルの電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroid/iOS向けスマートウォッチ、2013年Q3中に発売 juggly.cn

スポーツ&フィットネス用WiFi・GPSスマートウォッチ、WearIt WirelessWire News



無責任な話。
スマートウォッチ市場、2018年には出荷台数3600万台規模まで成長(ジュニパー予想) WirelessWire News

2013年9月4日

ぼっちになるのかMicrosoft

次期CEOの本命登場。マイクロソフトのノキア買収を10分で読み解く ギズモード
マイクロソフトのノキア買収が業界に及ぼす影響--山根康宏の見方 CNET
NokiaがMicrosoft以外に買収されるかもという話があったが、そこまでMicrosoftをコケにするのもちょっとなあ、とは思う。
こうなってみるとMicrosoftとNokiaが提携した時からMicrosoftはこうなりたかったんだとすると、問題はNokiaが死に体なことだろう。
Nokiaが華々しい復活を遂げているのがベストだったんだろうとは思う。


で、買収が正式に決まってから、Microsoftがどう舵をとるのかが一番の見所のはず。
そうなると変化の早いモバイル市場でスピード感をだし、ガメツい行動ができるのかどうか、動き出しがキモじゃないかと。
とっとと方向性をぶち上げて行動しないと、まあしないでも、Androidスマホに喰い散らされ、新興OS連中にもあっさり追い抜かれる、とか

それまでにはMicrosoftがWindows Phone唯一のメーカーになっているとは思うが、PCではWindows OSを広く提供しているMicrosoftも、スマートフォンになれば周りは敵しかいない、ぼっちになるんだろうか。
コレはこれで見所ありそう。

2013年9月3日

Nokia、Windows Phone事業をMicrosoftへ投げ売って評価を上げる

マイクロソフトがNokiaを54.4億ユーロで買収へ ASCII
MicrosoftはKINとSurfaceでセンスの無さが身に染みているだろうに、ハードウェアメーカー路線は継続なんだな。

Windows Phone 7は鳴かず飛ばずで失敗し、Windows Phone 8が発表されても端末メーカーは尻込みする中、MicrosoftとNokiaの提携が発表されたがNokiaは企業価値を下げ、他の端末メーカーはドン引きし、精力的に端末を開発するのは事実上Nokiaの1社だけになった。

しかしNokiaのWindows Phone 7端末は口コミで売れ広がるような魅力的なモノではなかったようで、米国市場への注力姿勢など戦略的にも躓き、続くWindows  Phone 8端末も7同様に販売初速に勢いは全く無く、企業価値も減りまくった。
最近になって少しは改善しているようだがスマートフォン市場全体の成長には追いつけていなくて、今回Windows Phoneなどのデバイス&サービス事業部をMicrosoftに投げ売ってもそりゃNokiaの株価は上がるわな。

Windows Phoneはスマートフォン市場の世界シェアが4%未満。
現在のWindows Phone内でのシェアはNokiaが8〜9割程度あるらしく、次にSamsung、HTCと続き、他のWindows Phone 8のメーカーというとHuaweiくらいで、メーカー数も少ない。
今後は離脱してくメーカーこそあれ、新しくWindows Phoneを採用しようというメーカーはいないと思うけど、どうなっていくのか。