ページ

2012年10月28日

KindleのAmazonアカウント、など

日米Kindle、切り替えられるようになりました が。 ITmedia
米Amazonから買った国際版Kindle端末や電子書籍はどうなるのか PC online
引き続き、Amazonのアカウントについて。


女子コミックからBL、ハーレクインも!Amazon Kindleストアが既に充実!! ガジェット通信
Kindleストアは、結構なまでにアダルトのカテゴリーが多いらしく、フランス書院だとか、コミック系もある。
こういうのが電子書籍を牽引するようになるのかどうか。
ということで、少し前の小説関係のリンクが以下。
電子書籍は「官能小説にとって理想的」。女性ファンが急増中 Slashdot
iBookstore のランキング上位はアダルト小説ばかり Slashdot
タブレットやスマホのアダルトネタというと、Androidに専用のストアが随分前にできたりしたと思うがその後はどうなっているのか。
日本だと、エロは小説よりも動画関係なのかどうか。

Kindleで購入した電子書籍は、実はユーザーのものではない Wired
今更。
たしか、Kindle Keyboard 3Gだと、有線でMacに接続すると外付けストレージとして認識するので、その中のDocumentフォルダをバックアップできるんだっけか。

電子ペーパーと液晶、眼が疲れるのはどっち? 検眼医「変わらない」 ITmedia
ホントかよ。

キンドルが開けた「パンドラ」 競争が崩す商慣習 日本経済新聞
電子書籍ストアの本の価格がここまで横並びなら、逆にAppleのiBookstoreの日本展開もAmazonのように妥協で開店するしかなく、するならスグにでもできるんではないかと思ってしまう。


量販店にいくとLightningケーブルの純正品が大量に入荷していたので、供給は潤沢になってきたよう。
しかし、ケーブル1本に約1900円ってタケェよ。
秋葉原で互換認証チップらしきチップを搭載したサードパーティ製「Lightning」ケーブルが販売され始めた模様 気になる、記になる…
純正品より400円安い! ノーブランドのiPhone 5用ケーブル ASCII
今後もApple製品を購入するなら、なんとなくLightningケーブルが増えていきそうな気もするが、やはり複数本あれば便利なのでサードパーティー品でいいからもっとディスカウントして欲しいもんだ。

2012年10月26日

Kindleストアがオープン

日本でもKindleストアがオープンした。
端末もKindle Fire HD、Kindle Fire、Kindle Paperwhite 3G、Kindle Paperwhiteが日本ローカルに対応している。

Kindle FireはAmazonのヘビーユーザーでない限り選択肢に入らないと思うので、Kindle Paperwhiteのメモ。
当然ながら、Kindle Paperwhiteも既に日本以外で発売されているので、以下は発売時のIT系サイトのレビュー。
Kindle Paperwhiteの公式ページの画像はフロントライトがムラなく奇麗にでているが、フロントライトのムラはAmazonも公式に認める不具合らしく、日本発売時にはどうなのか。
Amazon「Kindle Paperwhite」(セットアップ編)~日本語に完全対応したE Ink搭載Kindleの最新モデル PC Watch
アマゾンの新電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」--使用感や旧機種との違いをチェック CNET
ライト付き王座決定戦:Kindle Paperwhite、Kobo Glo、NOOK Glowlightの比較 ITmedia
Powerbook Medic、「Kindle Paperwhite」のバラシビデオレポートを公開 気になる、記になる...

公式のガイドとソフトウェアバージョンなど。
Kindleユーザーズガイド Amazon
Kindle Software Updates Amazon
Kindle Paperwhiteにもあった隠しコマンド――3G接続キャリアの変更方法など ITmedia

日本でのKindle発売に関しては、オンライン以外に家電量販店で取り扱っているのは、ケーズホールディングス(ケーズデンキ)、ビックカメラ、上新電機、キタムラ、TSUYAUA(Kindle Paperwhiteのみ)とのことで、ポイントの有無は不明。
Amazon.co.jp、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」「Kindle Fire HD」の予約販売を開始 BCN


自身は、Kindle Keyboard 3Gを米国のAmazonで購入しているので、これら端末を買わなくてもいいかと思っていた。
しかし、以下。
.com と.co.jp のアカウントひも付けできない Kindleトピック一覧
Kindleコンテンツで四苦八苦中 ITmedia
Amazonのクチコミページだが、要するに米国と日本のAmazonアカウントを統合したいんだが、リンク先にあるように、とりあえず自身でも試してみたが現状ではダメだった。
また、Kindle Keyboard 3Gで日本のKindleストアの本の購入ページにブラウザで訪問しても、購入リンクが表示されない。
ということで、現状ではKindle Keyboard 3Gから日本のKindleストアから本は購入できないし、日本のAmazonアカウントに設定できない。
Amazon、Kindle Web Browser経由の3G通信を月50Mバイトに制限 ITmedia
この他、とりあえずKindle Keyboard 3Gの3Gデータ通信は50MB制限が適用されているのか不明だが、使っていると今のところは制限がないように思う次第。


自身はKindle Keyboard 3Gの様子見なので、日本上陸のKindleには手をださないつもり。
Kindle Keyboard 3Gを使ってみて、電子ペーパー端末は、自分自身が本当に数多く本を読むと自負している人に最適だと思う。
デジタルデータで文字を読むことに関しては、電子ペーパー端末は本当に読書のための端末であって、タブレットとは用途があまりに異なっているので比較できないと思う。

iPadなどのタブレット端末はバックライトの光量のせいで、長時間の読書だと目がシパシパする。
また、数多くの本を読まない人でも、タブレットで1冊でも本を読むとなると結果的にそれなりの時間をタブレットと面と向かうことになる。
結局のところ、目の負担を考慮するなら、デジタルデータで文字を読むことに関しては、電子ペーパー端末かなとも思う。


楽天が消費者庁から行政指導--koboの書籍点数を過大表示 CNET
楽天に関しては、プレミア会員に初期ロット端末をバラまいているらしいが、数々の所業に加えて何というか改めて信用できないブランドだなと思ってしまう。

2012年10月24日

iPad miniなど

iPadのモデルを比較する Apple
アップル iPad mini 対 Google Nexus 7 詳細比較チャート engadget
iPad miniはどう戦うのか? 競合端末とのスペック比較一覧 ギズモード
「iPad mini」発表イベントでAppleが発表した各種数字のまとめ 気になる、記になる…
iPad miniとiPadの新モデルが発売される。
iPhone 5発売前からiPadの7インチモデルは出ないと思っていたが、発表直前のリーク情報とほとんど同じになった。

CPUスペックだけの比較をみていると奇妙な感じもする。
iPad miniはCPUスペックが低いのに価格が高く、Nexus 7はCPUスペックが高いのに価格が安い。
アプリの対応具合を考えると、Nexus 7のCPUスペックは過剰だと思えるし、OSのチューニングではAppleに歩があるんだろう。
他のスペックもトータルでみると、画面のサイズやWifi 802.11nの5GHz対応とかもろもろあるが、iPad miniはやはり王道な印象。


既存のiPadユーザーにとって、iPad miniは魅力が薄いのかもしれない。
そもそも既存のタブレットでさえ使用状況がなく持て余していたなら、単純にサイズが小さくスペックの低い小型タブレットへの関心は低いんだろう。

タブレットも、ラップトップの大型、小型と同様に比較してしまうが、自身はAppleのラップトップを13インチ、12インチと使ってきたが今は11インチMacBook Airに落ち着いている。
タブレットは、ディスプレイにタッチして操作するので、ただでさえ画面に顔が近くなることからも画面はそこそこ大きい方がイイと理屈では思うが、理屈や用途からの最適解がiPadなら、iPad miniは市場ニーズをくみ上げた製品と考えると、今後主流となるのはiPad miniなのかと思ってしまうが、単純に競合との現状の価格比較をみるととてもiPad miniがタブレットの主流になるとは思えない。


自身にとっては、iPadを結構使っているとは思っていて、最近はホームボタンの効きが悪くなるような状況に2、3度遭遇している。
それでもタブレットを持て余しているとも思っているので、iPad miniはスルーして第4世代iPadもスルーするつもり。
日本ではauもiPad miniを扱うということだが、SoftBnakのiPadサイズ別の売り方も含めて今後はどうなるのか。

2012年10月22日

景信山

先週の土曜、6号路から高尾山に登って縦走で城山、小仏峠、景信山まで登った。
二人で登ったが、自身は学生イベント以外でそれらしい登山経験なしだが、もう一人は1500m級の山を複数登るような玄人なので自身のペースに合わせてもらった次第。

14時頃の景信山で20人以上も人がいたし、高尾山の時はもっと人が多くびっくりした。
もう一人は関西の人だが、景信山をはじめ登山道における標識や店など結構なまでに整備されているのに驚いていて、ここまで充実しているのは例えば関西なら六甲山くらいかなと言っていた。

当初は高尾山だけという話だったので自身は体を慣らすこともせずブッつけ本番だった。
しかし高尾山以降もいけそうだったので進めるところまで登っていたものの、時間的にもだが何より、景信山を登る途中から足がガクガクふるえだし、陣馬山までは行けなかった。
小仏に着いてから足がふるえていることを話したら怒られたものの、とりあえずトラブルなく帰ってこれた。

次にどこかの山に登る機会があれば、モバイルガジェットで何かしようとは思った。

2012年10月16日

iPhone 4SでiPhone 5のナノSIMを使う

今更だが、SoftBankのiPhone 5のSIMを、Nano Sim AdapterをゲタにしてiPhone 4Sに挿し、アクティベーションできた。
いろんなネットの報告と同様、アダプタを削らないとSIMトレイに入らなかった。
自身は、アダプタ外周を爪切りのヤスリで削った。
これでSIMトレイにアダプタはおさまったが、やはり、ナノSIMのアダプタへのおさまり具合はスカスカで、裏返すとアッサリと落ちる始末。

肝っ玉の小さい自身にとって、iPhoneの中でナノSIMが引っかかって出てこないというケースを想像するとちょっとどころかビビりはした。
しかし、iPhoneへSIMトレイを挿し込むときと引き出すときに、iPhone本体の前面を下にするなどすれば大丈夫だった。


このアダプタは、iPhone 5が万が一使えなくなった時のバックアップ端末にiPhone 4Sを使えればと思い購入したが、アダプタの到着が遅過ぎて、その間に気が変わりiPhone 4Sを売却しようという考えになりはじめている。
よくよく考えたら、iPhone 3Gから3GS、4、4Sと使ってきて、画面を割ったことも紛失したこともないし、わざわざバックアップ端末など必要ないだろう、と。

2012年10月1日

iPhone 5のApp Storeアプリ

iPhone 5でiOS 6のApp Storeアプリについて。

検索とその表示がヒドい。
検索結果に、1つのアプリが重複して表示されるし、例えば1 of 39と表示されれば、その総数よりも多く表示できてしまうなど、不具合っぷりが目につく。


この他、検索結果の表示方法は、アプリのアイコンと名前だけがリスト表示されていた従来のとは異なり、アプリを画面に1つだけ表示するようになった。
そして、この検索結果の表示方法を変更する手段がない。

このため、検索後、表示されたアプリを閲覧していくには1つ1つスワイプしていかないといけないので面倒くさく、例えば検索結果が100とか表示されたら、そこまで見ようとはとても思えないだろう。
しかも今は1つのアプリを重複表示してしまうので、余計にウザい。


App StoreアプリのFeaturedやChartsのページは、PCのiTunesのように、別ページに移動しないで横スクロールで多くのアプリを紹介しようとするなど工夫されている。
しかし検索結果は、もはや検索ヒット数を誇示するでもなく、上位にヒットしたアプリをじっくり見せるようなインターフェイスになっている。

また、総アプリ数は十分な数になったと以前からAppleも態度を明らかにしているし、iPhone 5のApp Storeアプリに関しては、手探りで何らかのアプリを見つけるという段階ではなくなったということなんだろうかと考えてみる。
今ではiPhone人気によってアプリに関する情報も多いので、ユーザーが検索キーワードを決め撃ちで入力している傾向が多いのか知らないが、とにかくAppleとしては検索後に、検索でヒットする1つのアプリの情報量を多くした。
これが極端だなとは思うけど、単に見栄えがいいというのがあるのかも。


とりあえず不具合は早く直して欲しいし、検索結果の一覧性が低くなったことは自身としてはウザいなと思っている。
で、ウザいついでに、ときどき思い出したようにやっているGoogle readerとGoogle Analyticsのクライアントアプリの検索をわざわざApp Storeアプリで行ったので、これまでメモしていなかった現時点で無料で使えそうなアプリを以下に。
Syndi RSS Reader - Google Reader Client 当該ページにジャンプするとアプリの雰囲気が台無しになるが動作は安定している。
Fast Analytics デザインもイイし動作も安定している。


自身において先週末くらいからiCloudのメールアドレスで@icloud.comが使えるようになっていたのに気付いたが、@me.comと重複しているのか、あまりよく分かっていない。


追記 10/3
iPhone 5のApp Storeアプリの検索結果、不具合の1例。
39 of 33はないだろうと。
こういう記事があったんだな。
iOS 6 App Storeの5大変更点(およびデベロッパーがすべきこと) TechCrunch
このリンク先の記事と、このスクショではFeaturedやChartsなどの並びが違っているんだが、デベロッパーツールではこういう並びなのか。