ページ

2011年10月30日

日本の電子書籍市場、iBookstoreに期待

「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る BLOGOS
電子書籍を提供する手法の1つホールセールモデルは、米国だとAmazonが採用していたホールセールモデルに対してAppleが大手出版社などへエージェンシーモデルで参入したので、Amazonもエージェンシーモデルへ移行。
Amazonはモデル変更に伴い電子書籍価格を値上げしてまでAppleに追随した経緯がある。

しかし、この電子書籍化の内容は日本の出版社の足下見てる、と思ってしまう。
さらに詳細が知りたいところだが。
噂としてはAmazonが日本で何度となく交渉しているという話だったので、日経のニュースはAmazon側のリークだとはぼんやり思っていたが、沈没する船から逃げ出す人を促すのに日本人へは「皆逃げ出していますから」というのが最適らしいから、リーク自体は珍しいことでもないが日本にはピッタリな話か。

Amazonは今の日本の電子書籍市場がどういう状況なのかもちろん分かっているはずだが、電子書籍が書籍を補いきれない苦戦の真っ只中において、Amazonだけが儲けようなんて話は呑める訳がないだろうことは明らかだとは思うが。

そこで米国の時のようにAppleが颯爽と、少しは出版社寄りのエージェンシーモデルをひっさげてiBookstoreを展開して欲しいところ。
Kindle 3を購入したばっかりだが、iBookstoreにはマジで早く来てほしい。


追記 10/30
最後のところ、モデル云々ではなく、要するにAmazonの提案の下をくぐってAppleが有利な提案をできるだろう、と。

2011年10月29日

Kindle Keyboard 3G購入

AmazonのKindle Keyboard 3G。
今までさんざん電子書籍端末関係をウォッチしてきて、汎用タブレットであるiPad、iPad 2は手を出したものの、読書専用の電子ペーパーディスプレイなガジェットは使ったことがなかったことから手を出してみた。

米国のAmazon Storeで注文したら、注文日から4日目に米国から届いた。
箱や筐体デザインはとてもAppleには及ばないものの、箱から出してすぐ使えるのにはオオッと思った。

Kindle Keyboard 3Gいわゆるkindle 3は、KindleKindle touchKindle Fireが発表された今となっては一世代前のモデルになる。


・一世代前のモデル

現行世代モデルではない選択のもろもろを以下に。

Kindle Fireは、日本に配送不可ということで技適マークがない、らしい。
とりあえずディスプレイが液晶タッチパネルということでiPadとバッティングし候補外に。
ディスプレイサイズは7インチなので、ある意味別物かもしれないが。

Kindle touchは、日本に配送不可ということで技適マークがない、らしい。
また、3G通信時にWikipediaやAmazon Store以外のサイトが訪問できないだろう、という点が気になる。
一方でE ink電子ペーパーディスプレイはタッチパネルなので、iPadの液晶タッチパネルに慣れている自身にとっては使い易そうにも思う。
タッチパネルは指タッチを感知する方式が赤外線方式らしくSonyのReaderと同じ。
赤外線方式は、赤外線LED照射の拾い方で数種類あるようだが、それによってディスプレイ素材が違っているのかどうか。
E ink電子ペーパーディスプレイは、ネットの報告をみると結構なまでに割れたり壊れているので、タッチパネル素材が壊れにくければ十分な長所になるとは思う。

KindleいわゆるKindle 4は、Kindle 3と同様のタッチパネルではないE ink電子ペーパーディスプレイだが物理キーボードが無くなり、より軽く小さい。
iPadを保持して何かをしていると、軽いに超したことはない、と時折ふと思う。
一方でオーディオ出力機能がないので、例えば文章を読み上げるtext-to-speachがない。


・SonyのReaderでもいい

Kindle 3は、E ink電子ペーパーディスプレイのガジェットを使ってみたかったという気持ちと、上記の各モデルの消極的な部分とを合わせて決めた。
3G通信は、そもそもKindle 3の筐体サイズでiPhoneのようにゴリゴリ使う訳もないので、それほど重要視していないが使えるに超したことはないという乞食根性もある。
しかし何と言うか、物理キーボードの存在感がウザいというか野暮ったい。
Kindle 3が使いにくければSonyのReaderとかも試してみたいとは思う。

ユーザーガイドをチラッと見ただけで書籍は読んでいないし設定項目も漁ってないものの、英語が苦手なのでとりあえず英辞郎だけは購入している。
そもそもE inkの電子ペーパーディスプレイを見慣れている訳でもないので、不具合があっても気付いていないかもしれないが、一見しての外観や動作に気になるところはない。


追記 10/29
Wifiの設定について。
Network NameとPasswordだけを入力しても無理なので、AdvanceからConnection TypeはDHCPでなくStaticを選択し、各アドレスを手入力する必要がある。
そこで、数字はSymキーから入力せずに、Altキーを押しつつキーボード最上段のq、w、e、r、t、y、u、i、o、pの各キーを押すことで数字が入力できるので、この手入力の時にはAltで数字を入力すればアッサリWifi設定ができた。

自身の状況だと以下に。
IP Address 192.168.0.*
Subnet Mask 255.255.255.0
Router 192.168.0.1
DNS 192.168.0.1
*は他のWifi機器とかぶらない任意の数字

WifiルーターがAirMac Expressだと、AirMacユーティリティのインターネット、TCP/IPの項目を参考にする。
このIPアドレスの項目の数字は、MacなどクライアントPC側のアドレスなので、192.168.0.11とか10.0.1.4とかの数字があれば、192.168.0.5とか10.0.1.6など別の数字にする。
他、サブネットマスク、ルーターアドレス、DNSサーバーはそのままの数字をKindleに入力する。

これでWifi接続はできたが、充電して一夜明けたら、なぜかKindleのOSバージョンが3.2.1から3.3へ勝手にバージョンアップしていた。
何すんねん。
せめて端末所有者にバージョンアップ実行の判断をもとめてほしいが、そういう仕様なのか。
詳しく見ていなかったがOSのダウングレードとか、脱獄とか、無理っぽいのかどうか。

追記10/30
スクリーンショット機能ってあるんだな。
えらく昔のだがKindle限定配信で話題になっていたものを何故か思い出したので、とりあえずStephen KingのURを最初の電子書籍としてチョイス。

追記 11/2
やっぱりぼかしたけど、今更です。

追記 10/24
スクリーンショットは、shift(↑) + alt + Gでできる。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション、など

ゲームキャスト Blogさん執筆の凄い!!iPhoneゲームアプリコレクションが届きました。
掲載アプリを全てクリアしている労力を感じさせないスッキリでもコクのある紹介、カテゴライズされ整然と並べられた1つ1つのゲームとカラーページは何だかiOSのホーム画面のようでした。
ピンポイントだけどTilt to Live思い出した。
再度チャレンジしてみようと思いました。


タブレットがというよりiPadがスゲぇ。



タブレットの本命はiPadなので、本命対抗の本命、か。
しかし最近はSamsungの文字をみるとパクリと条件反射してしまい、メモも鈍る。
マジでパクってるけど。

Reader Storeが国内事業者初のEPUB 3コンテンツ販売や雑誌の取り扱いを開始、とのこと。
SonyのTabletがReader Storeに対応しているし。

Appleネタの雑誌電子版はトップクラスの売りらしいので、この無料提供は更なる裾野拡大の仕掛けか。


強力。

供給が微妙なようだが、また台数報告があるのかどうか。



本格攻勢に転じるノキア - 入り交じる抱負、期待、懸念(編集担当メモ) WirelessWire News
Nokia は60,000台の Lumia をブロガーやインフルエンサーに配布する ななふぉ
6万台か。
シェアとトラフィックを金で買うとも言えるが、これが太っ腹と言えるくらい無邪気でありたいとも思う。
提携時のNokiaはものすごい信頼されているといえる待遇のように思ったが、いざ発表してマーケティングの一端が見えると信頼されていないんじゃないかとも思えてしまうが、それほど崖っぷちなんだと外野からも分かりかけてきた。
良く言えば、方針がこういう状態だと小売りにも相応の雰囲気が伝わっているのではと思わせるので、相当エグい売り方が横行しそうと期待できる。


「アイテム課金」や「二重価格」の問題点を消費者庁がついに公表 Gigazine
ほとんどネットとモバイルに関することだな。



そもそもキャリアがフィーチャーフォンを選ばせないようにラインナップを絞っているんだからユーザーはスマートフォンを選ぶしかない状況になっているので、こういう系調査は既に誘導尋問的結果になっているようでアホらしくなってきているような気も。

2011年10月28日

auが逆転するiPhone 4S、など

講談社は3日で75万部とかジョブズの伝記でこれだけ儲けるなら、全社員にソニーの電子書籍端末じゃなくiPad配っとくべきだったのではないだろうか!? ITmedia
ハードカバーと電子書籍が同じ値段というのがやっぱり引っかかる。

電子書籍の入り口になるというが。

Google readerビューワーにもなる。


パケット規制はAndroidと同様。

相変わらず出荷数だが、実売シェアならiPhoneがトップだろうから、逆算すると出荷されているAndroidの大半が売れていないことになるのか。



モバイル部門だけ吸い上げ。


Googleにとっては広告営業のためのリサーチ。


既にEXPANSYSのNokiaカテゴリーで売られているよう。
スペックは競合とも見劣りしないだろうが、例えばフラッグシップのLumia 800がN9と同じデザインという使い回しっぷりに、スマートフォンにおけるNokiaとWindows Phoneの崖っぷち感が伝わってこない。
欧州の通信キャリアも、Windows PhoneはNokiaの欧州展開が躓けば終わり、的なことに言及しているし。

いわゆる出口メディア。


AmazonのKindle keyboard 3Gが届いた。
今更だが、一世代前のKindleを米国のAmazonストアからポチってみた。

2011年10月27日

前のめりAmazon、など

Amazonの利益激減の理由?それは未来への投資(コンテンツとウェブサービス) TechCrunch JAPAN


これな。






自身もアップデートしたが、Wifi乞食なので使えない。

ノキアの逆襲はじまたー! 初のWindows Phone×2モデル発表!! 週アスPLUS
発表2日目にも何かあるよう。
first real windows phoneということで、さっそく同類に口撃。
初日のNokiaのWindows Phoneの発表は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンや他のWindows Phoneの中では良い端末だな、という淡白な印象。

Nokia、同社初のWindows Phone端末を正式発表 気になる、記になる…



【速報】Ultrabookの本命? 11.6インチで1.1kgな8万円台『ZENBOOK UX21』をASUSが発表 週アスPLUS
パクられるMacBook Air。


2011年10月26日

今週もiPhoneがブッチぎり、など

2011年Q3の世界タブレット市場で、Androidのシェアは27%(Strategy Analytics調査) juggly.cn
前回もメモったが、視点が足りなかったと反省。
前年比ではAndoroidの成長が目立つが、前期比だとAndoroidのシェアは減。




こんな数字を公言されるとAppleは嬉しくないんだろうとは思うけど、ホントかどうかも含めてハンパねぇ数だ。

ソフトバンクは電波が弱いので主に価格で勝負するしか手はない。




日本語向けにモトヤフォント。


BCNランキングの携帯電話、iPhoneがブッチぎり。
iPhoneの存在感を改めて感じるところ。
これが機種変更やMNPによって純増にどこまで影響するのか。
iPhone 4Sの販売国第2波もあるし供給状況はどうなんだろう。
CDMA版の「○」が気になるものの、とりあえずiPhone 4の時のデスグリップ問題のような致命的な不具合がないようなので無難な滑り出しなのかも。
Windows Phone IS12Tは、前週118位まで発売以来ずっとランクダウンだったが、今週初めて95位にランクアップ。
といっても、この順位での変動は誤差の範疇とも考えられるし、今後の動向次第だろう。


NokiaのWindows Phone発表会、10/26。
MicrosoftがNokiaとの提携にものすごい便宜を図っている状況からも、このNokiaの取り組みがどれだけ重要かも分かる。
それだけに今回のNokiaの発表によって、これまで実売が芳しくないWindows Phoneが盛り返す答えを示せるのかどうか。
スマートフォンにおいてNokia自身の売り上げも下降傾向にある中、米国ではもともと存在感はないのでいいが、認知度のあるこの欧州で実績を築けると思わせる発表になるのか注目したいところ。

せめてNokiaの発表の後にしろよと思うが、欧州で来年にはシェアが倍になる、とのこと。


Appleの3Q'11の業績を見て思うこと ITmedia

2011年10月25日

iPadアプリ、Ez.Viewer、など

電子書籍の自炊向けiPadビューワーアプリについて。

無料アプリだとCloudReaders pdf,cbz,cbrなど。

最近リリースされた無料アプリEz.Viewer
韓国のアプリ開発者のようだが、日本語と英語のマニュアルもある。
本棚ビジュアルではないデザインで操作性もよく、DropBox連携、WebDAV接続、URL入力によるダウンロード機能、簡易RSSリーダーなどの機能もある。

Amazonの日本展開は期待しない方がいいのか、など

「Amazonがやってくる」で一挙に燃え上がった爽涼の電子書籍市場 (1/2) ITmedia
Amazonの動きはあまり期待しない方がいいみたい。
Amazonの注文履歴をみると配送は10/28となっていたので発売当日に手元にないとは思うものの、楽しみに待ちます。

出荷数値であって実売や市場ストックの数値ではないが、実売数も推測している。

今更だが。
スマートカバーは、今後iPadが形を変えても生き残っていきそうなスタイルのような気もするし、何となく早めに対処してほしいところ。


auはiPhoneを扱って様相が一変したよう。
これならiPhoneのメール対応など環境整備も結構なスピード感で進むのではとも思える。
一方、米国ではiPhone 3GSが売り切れる程好調だが、日本でもコレに相当する価格的に手を出し易いiPhone 4のラインナップがauにないことからも、長期的にみてiPhoneのシェアはソフトバンクが有利。
何となくApple製品のラインナップもそうだが、ガツガツしていないauは駆け引きも含めて価格やアイデアでもソフトバンクを出し抜けるとも思えない。
業界2位の立場も危うい中、Android au、選べるau、さらに方針転換でもするのかなとも思ってみるが、iPhoneを手に入れて注力ポイントが変わるのかどうか。

昼と夜で各社スマホの「つながりやすさ」に差 ICT総研が通信状況を調査 ITmedia



世界初のAndroidスマートフォンT-Mobile G1の発売から3年 Blog of Mobile!!〜最新ケータイ情報〜
iPodは10周年。
Windows Phoneは1周年。

Windows Phoneはスクリーンショット機能を提供していないが、開発者の取り組みでこれをブレイクスルー。
といっても非標準の方向でようやくAndroid 4.0未満と同等になったともいえる。

SkyDriveなどは確かに使い勝手はいいが、おそらくほとんどの人はGoogleのサービスを使っているんだろう。

コンシューマー市場へはアレだが、対企業への影響力は強い。

Rumor: Microsoft's Windows Phone plans 2012-2014 wpcentral
1年でWindows Phone事業は終わらない漏れ宣言。


Apple、「MacBook Pro (Late 2011)」の販売を開始 気になる、記になる…

Macのトロイの木馬新型はますます賢い。アップデート機能を無効にするぞ! ギズモード・ジャパン

2011年10月24日

iOSアプリ、辞書

iOSアプリ、辞書

iOS 5に標準搭載されている内蔵辞書機能を能動的に使える辞書アプリなので、iOS 5をインストールしたiPhoneやiPadなどでしか使えない。
オフラインで使える。
そういえばSpotlight検索で内蔵の辞書が使えてもおかしくないとは思ったが使えない。

なんだかんだで有料の辞書アプリを購入している人は結構いると思うが、とりあえず無料ということで。

2011年10月22日

ドコモがエグい、など

au端末価格調査: iPhone 4Sは一部モデルが在庫ありと案内 ケータイ Watch
ソフトバンク端末価格調査: iPhone 4Sは売り切れ ケータイ Watch
iPhone 4Sにおいてauは在庫ありだが、ソフトバンクは在庫切れのよう。
さらにコレによるとドコモが既存モデルを値下げ。
ドコモの危機感がハンパねぇ。

もっとはっきり危機感が形になっている。
本気というより追いつめられてソフトバンク並みにアコギなことをやっているだけのような気もするが。
しかし、エグい。

Windows PhoneのPeople Hubの仕組みがAndroid 4.0でパクられたと騒がしかったが、Siriは既にAndroidのパクり候補リストに入っているよう。

またヤヤこしい話になっているが、当然これには狙いがあるはず。

クラウド型EPUB配信の「電子書店パピレス」、iPhone/Android対応 ケータイ Watch




Windows Phone小ネタ100連発 伊藤浩一のWindows Phone応援団
凄い。

マイクロソフト幹部:「Windows Phone端末を来年中国市場へ」 WirelessWire News
これを聞くのは初めてじゃないような気もするが、どりあえず製品展開はどんどんと進んでいる。

Orange: Windows Phone's future depends on Nokia WPcentral
一時は好調と見られていた欧州などでもWindows Phoneが売れてねぇ、とのこと。
こちらもかなりエグいことを言っているような。

Microsoft teams up with Klout to give away 500 Windows Phones WPcentral
このキャンペーンもそうだがMicrosoftはWindows Phoneを買い上げ過ぎ。
涙ぐましい後始末か。



Porsche designed BlackBerry coming 27 October Pocket-lint
ポルシェデザインといえば腕時計を思い出すが、今度はBlackBerryか。
日本でもマジなようだが。

あれ、Nokiaが頑張っている。


2011年10月21日

Amazonが日本に、など

Amazonが年内に電子書籍を日本で販売するため大手出版社とも交渉中 Gigazine
PHP研究所がOKしたということで、これは明らかにAmazonが自ら漏らしたものだろう。
端末が安いだろうこともありメディアもユーザー目線で騒ぐだろうし、Amazonにとっても投下しがいのある話だろうとも思う。

昨日から発売なのでマジで即買いしようと思っていたが、ちょうどAmazon Kindleの日本展開の話が出ていたので躊躇しているところ。
Kindle Fireは自身にとってはiPadがあるので微妙だし、ディスプレイが電子ペーパーのものでKindleかReaderかどちらかは使ってみたいと思っている。


iPhone 4Sのディスプレイ、黄色いですか? ギズモード・ジャパン
黄色いです。


今更だが、ピザに続いての成功談。


Windows Phone 7.5がインドや南アフリカでもしっかりリリースしている意味もわかる。

『PlayStation Certified』のゲームパッド搭載Androidスマートフォン『Xperia PLAY SO-01D』は10月26日に発売へ ガジェット通信

初めからやっていてほしいもんだが。

目先の話。

前回と違ってこれらな分かる海外のWidows Phoneキャンペーン。

Nokia smartphone sales down 39 per cent Pocket-lint
エー。
来週はNokiaからWindows Phone製品が発表されるらしいので、日本は関係ないだろうが注目したい。


撮影後にフォーカスできる Lytro カメラ 発表、f/2 レンズ搭載で399ドルから engadget Japanese

アドビがウェブとモバイルで進める戦略転換--Flash偏重からウェブ標準との二重路線へ CNET Japan

テレビの今後の行方、メーカー各社のテレビ事業縮小への回答&現状まとめ Gigazine

2011年10月20日

Android 4.0、など

Appleの次期プロセッサA6の話題が... ITmedia

iPhone 4SとCanon 5D Mark II比較動画 ギズモード・ジャパン
Dropbox、2009年にジョブズの「千万ドル単位」の買収提案を蹴っていた TechCrunch Japan
何故今漏らすのか。


Google、次期モバイルOS「Android 4.0」を発表 NFC利用の「Beam」機能も ITmedia
iOSもパクっているがAndroidもパクっている。
BeamとWi-Fi Directは面白そう。



特定端末独占提供の電子書籍。


見た目は確かに。

楽天の電子書籍ストア「Raboo」、11月よりソニー“Reader”に配信開始 RBB TODAY

タブレット端末ユーザ、85.4%が再購入の意向……改善要望は「軽量化」がトップ RBB TODAY
500名程しか回答していない調査はアレだが、タブレットを使っている人が少ないだろうし調査自体があまりないように思うので。


Windows Phone 7.5の新機能 @IT
7から7.5へバージョンアップした機能。

米Microsoft、直営店で499ドル以上購入したユーザーにWindows Phone端末を無料でプレゼント 気になる、記になる…
年末前にわざわざ在庫が減るようなことをしているところをみると、シェアが下げ止まる程の勢いで売れていることは無いだろうと前回勘ぐった通りのような気も。
キャンペーンをするなら逆でWindows Phone購入ならPC無料提供だろうと思うが、これは小売側だけの負担で出来ない話だろう上にWindows Phoneの認知がないためそもそも買いに来ないのでキャンペーンにならない。
要するにこのためにMicrosoftがWindows Phoneを買い上げていること自体が本当のキャンペーンなんだろう。
シェアに影響する程買い上げてたりして。



欲しい。
Type1とType2のモデルがある。


追記 10/20
「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート BCNランキング

2011年10月19日

iPhone 4S発売初週トップ、など

BCNランキングの携帯電話、トップ10の中にiPhone 4Sの全6種が、iPhone 4も全2種中1種がランクインした。
発売すぐの量販の集計ということで大容量モデルが上位になっている傾向はあるんだろうが、iPhoneはAppleのオンライン販売やApple Premium Resellerなど販路が多い特殊なスマートフォンでもある上に3日間だけの発売でも堂々のトップ。
今後は供給量の状況次第なんだろうが、これまでのiPhone 4と同様に上位をキープし続けるんだろうと思う次第。
下記のメモにもあるが、ドコモからの瞬間的な流出量はスゴイ状況だったようだが。
一方、もはや比較する気力も失せてきたが、Windows Phone IS12Tは週を重ねるたびにランクダウンし続けていて、前週100位から今週は118位。
海外では米国キャリアのSprintがiPhoneを売る為の端末下取りキャンペーンでサイトにWindows Phoneの端末画像を使ったよう、コレ
日本の販売状況はヒドい有様だが、海外では既に実力のないプラットフォームへの態度が表面化しているよう。



自身も気になった。


まだそんな伸びる余地があったのか。


Xiに関しては、ドコモ同士で通話無料とかパケホーダイとかデザリング料金値下げなど、追う立場のドコモが積極的な新規契約獲得の話。
この他、dメニューとかは既存契約者の流出防止策の話。
つまり大半を占める一般的ユーザー向けには新規獲得より流出防止に必死という印象。

いまいちピンとこない製品。


スマホ単体ではスクショができないんだが、これが変わるかも。

わざわざ女性向けというからには、だからこそキビキビ動く高スペック機でないと。

3人に1人は2台持ち カバー使用率7割以上『スマートフォンに関するアンケート』 ガジェット通信
1万人超が回答しているよう。
ソースのリンク



動画コンテンツに適したカメラはどれですか? ITmedia
デジカメの動画機能について。


米国のマクドナルドが、ビックマックを食べながらビデオが視聴できるマックチャンネルをローンチ ITmedia
珍しいことでもないような。

PC動画サイトの月間訪問者数3000万人規模に - 1人当たりの月利用は約2時間 マイコミジャーナル
ヘビーユーザーがスゴイ利用しているだけのような。

iPhone 4Sケース Gild design ソリッドバンパー

iPhone 4Sのケース、Gild design ソリッドバンパーが届いた。
iPhone 4S購入後に金属系ケースも大丈夫だろうと思いつつも、見た目が野暮ったくなく電波も十分確保できそうなコレにした。
注文時は月末みたいな記述があったので遅れたら来月かなと思っていたら、あっさり届いたので在庫があったんだろう。
装着した見た目は、思っていたよりもゴツくなくスッキリしている印象。
ケース装着の重さはほとんど感じないので軽いんだが、これまで革系とか樹脂系のケースを使ってきて今回は金属系ということで少し重くなったようにも感じるし、またケースとしての厚みも操作時にケースの段差の向こうに指を伸ばしているとはっきり感じる違いはある。
ケースには適度なRがついているので保持の時に掌などが痛くなることもない。
ボタンや接続端子類へのアクセスは十分なスペースが確保されているので問題はないだろうと思う。
iPhone 4S本体には前面と背面に保護フィルムを貼った上でケースを装着している。
ケースには緩衝目的のシリコンシートをiPhone 4Sの本体との間に片側だけ挟む仕様だが、iPhoneに前背面の保護フィルムありだと、ケースの上下はぴったり合わさることはなく隙間ができる。
この状態でケース上下の隙間をなくそうとして、四隅のネジを締めすぎると、保護フィルムの四隅がiPhone本体から浮く。
まあこれらは承知の上だし、ネジの締め具合で保護フィルムが浮かないようにできるが、当然ながらこれらの状況だとケースの合体面に隙間ができる。
この隙間はiPhone 4Sを使っている上で何かに引っ掛けたりするかもしれない。
以下で寄ってみた。
イヤホンジャックに挿しているのは別製品。
端子部の開口は十分かと。
この他に序でに揃えたのが、ストラップホールとケース色に合った色ネジがセットになったストラップステー、アルミボルトSET ブラック
自身に届いたものはストラップステーに仕上げ処理がされていなかったが、他はどうなのか。
これまでのiPhone生活はほぼストラップ無しだったので無くても大丈夫なんだが、ネジ色をケース色と統一できることも含めて、今後は気分で換えようかと。


追記 10/19
この隙間だと、隙間の角を含めて指で触ったくらいでは引っかかりを感じることはない。

追記 10/20
金属系といっているがジュラルミンで、表面はアルマイト処理されている。

このケースでの前面の保護フィルムには専用タイプとして液晶保護フィルム iPhone4ケースソリッド/ソリッドバンパー用がある。
自身は背面も保護フィルムを貼るので、この専用タイプは使わなかった。

追記 10/22
ブラックの色ネジに付け替えて、ストラップステーも加えてみた。
色ネジで同一色にまとまって落ち着いた雰囲気に。

ストラップステーは4カ所のどこに取り付けるかだが、自身は画像のこの場所になった。
自身はスマホを左右どちらの手でも操作する質なので、下側に取り付けるとストラップステーが掌に当たって痛い。
上側はというとカメラの側は避けたいのでストラップステーはこの場所に落ち着くのかも。

画像ではストラップステーにリングを取り付けているが、これは苦労した。
リングは付けなくてもいいとは思うが、付属していたのでとりあえず取り付けてみようとしたが、ストラップステーもリングもどちらも小さ過ぎてまいった。
自身は、リングにストラップステーを通す隙間をつくるのに、リングの重なっている部分に針をブッ刺して広げた。

実際、ストラップステーは取り付けてしまうと、どちらかというと小さく尖っている突起になるので、ポケットやバッグに入れた時に他の物を傷つけたりズボンのポケットだったら入れていると穴を開けたり、ストラップステー自体が曲がってしまう可能性大のような気もするがとりあえずは使ってみる。

追記 10/23
緩衝目的のシリコンスペーサーを使わず、iPhone 4Sの前背面に保護フィルムをつけたままだと、ほぼケース接合面の隙間がなくなる。
真っすぐに対面できていないが、以下に。
ほとんど気にならないと思う。
さて、ストラップステーはヤメた。
ポチったのは画像の真ん中にあるABITAXの3612 Phone Strap
これを取り付けた絵面は、ストラップ取り付け位置が突き出したケースの角というのもあるんだろうが、あまりにもマヌケだったのでケースのストラップステーも外した。
まずIS12Tにストラップを取り付けるのは苦労するので、外してiPhone 4Sに取り付けてみなかったのがアホのような失敗。
例えばABITAXならコレの中の3614とかコンパクトなものなら良かった気もするが、まあとりあえずストラップは無くてもいいかなと思った次第。
池袋の量販でストラップを探したが、今時の量販にはストラップの売り場がすごく小さいので今更ながらに驚いた。
もうストラップの需要なんてほとんどないのかオンラインにあるのかは知らないが、ケータイがスマートフォンに移行しているのと関係あるのかどうか。

一番下の写真はiPhone 4Sで撮影し、他はIS12Tで撮影。

2011年10月18日

日本でもSamsungがiPhone 4Sの販売差し止め、など

「スティーブ・ジョブズの日」が制定されました。 ギズモード・ジャパン


機能はシンプルなまま、画質はトップクラスに――「iPhone 4S」 (1/3) ITmedia
AndroidWindows Phoneが追いかけ始めたのか。


既に問題発生中っぽいね「Siri」 ギズモード・ジャパン

iPhone 4Sの通知センターと位置情報のバッテリー消費量をチェック MACお宝鑑定団
気になる。


豪法廷、アップルの要請を却下 - 「Galaxy Tab」販売仮差し止めの適用範囲拡大はならず WirelessWire News
たいがいだなSamsung。


米下院議員、「Amazon Silk」のプライバシーリスクに懸念示す CNET Japan
分かり易い圧力が。

アマゾン Kindle 3 がアップデート、自作ファイルもクラウド同期 engadget Japanese


レビュー ソニー「PRS-T1」の実機操作レビュー (1/3) ITmedia
Good e-Readerのレビュー。



スカパー、10月25日よりスマートフォンやタブレット対応の動画配信サービス「スカパー!オンデマンド」を開始 juggly.cn


2011年10月17日

iPhone 4Sが400万台超

「iPhone 4S」の販売台数は最初の週末だけで400万台を突破 気になる、記になる...

前回メモしていたが、日本だとiPhone 4はスゴイ売れていたようだが、同ランキングで明日から登場するよう。
正直6種類のiPhoneとか勘弁して欲しいところ。

2011年10月16日

iPhone 4Sの開封後

発売日に購入したので、とりあえずiPhone 4Sについて。

iPhone 4は本体を持つと電波が減衰するというデスグリップ問題があったので、iPhone 4とデザインが同じiPhone 4Sはこれを一番気にしていた。
既にあちこちで問題ないと報告されているが、自身においても大丈夫だった。
ということで、今まで横目で見ていた金属系バンパーケースをポチった。
届くのは11月初旬くらいかも。

他、画面の件が気になったのでiPhone 4と並べてみた。
右がiPhone 4S。
ピントがうまくいっていないし、分かりづらいがiPhone 4は青っぽくて、iPhone 4Sは黄っぽい。
一カ所だけとか斑点状とかではないので、こういうスペックだと勝手に思っているんだが、どうなんだろう。


・周辺機器やアクセサリー

いつものごとく、周辺機器としてBluetooth製品がiPhone 4Sで使えるかどうか。
iPhone 4SはBluetooth 4.0。
ソニーのオーバーヘッドタイプBluetoothヘッドセットDR-BT101は、試したのがヘッドホン機能だけだが使える。
ゼンハイザーのオーバーヘッドタイプBluetoothヘッドホンPX 360 BTも使える。
両方で音楽を聴いてみたが、ヘッドホン側からの曲操作や音量操作もできる。

自身はBluetoothヘッドホンをiPhoneで使わず、ひたすらMacBook Airで使っている。
外で音楽を聴くのはiPhoneではなくiPod nanoやiPod shuffleだが、Bluetooth非対応なので有線イヤホンだ。
で、iPhoneのイヤホンジャックはほとんど使わないので、iPhone/iPad SIMトレイ用イジェクトピン付き 防塵端子シリコンカバーを挿している。
当然ながらiPhone 4Sでも使えた。


iPhone 4S購入時についでに揃えていたものを使ってみたので感想を。
BUFFALOのソフトバンパーBSIP11PCTBBKは、ほぼ正面から装着した見た目はダサいが、背面はもっとダサい。
金属バンパーケースをポチっておいて良かったが、届くのが遅い。
ケースはバリ処理が甘く、ホームボタンのあたりなどは強度が足りないのか設計が甘いのか、本体から浮くことも。
同包していた前面と背面の保護フィルムはチープ過ぎて使えない代物。

予備的に揃えていた液晶保護フィルムBUFFALOのBSIP11PFSはちゃんとしていた。
バンパーケース装着時にフィルム端に気泡ができることも無かった。


・iOS 5

iPhone 4からiPhone 4Sのハード面での主な変更点は、CPUがシングルコアからデュアルコアになりキャッシュも増え、カメラも画素数が5Mから8Mへスペックアップし撮影時の顔検出とか手ぶれ補正も加わっている。
ソフトウェアだとSiriだが、日本語対応はまだ先だ。

iOS 5の新機能はココでスゴイ数がピックアップされている。
Appleがたびたびカメラ機能をフィーチャーしているだけあってロック画面からのクイック起動や音量プラスボタンでのシャッター代替などカメラがOSとの統合で使い勝手が向上しているのはユーザー視点で嬉しいところ。
他、標準で辞書機能が使えるのもイイ。
Windowsを選択しても辞書はポップアップしないが、Apple製品は大丈夫。

OS標準機能がかなり強化されているので機能を使いこなすだけでも大変そう。
一方でAppleに市場を喰われたサードパーティーアプリは数多くあるだろうとも思う。
当面はいろんな設定をオンにして、OS標準機能を十分使ってみたいところ。

猿の惑星 創世記(ジェネシス)

映画、猿の惑星 創世記(ジェネシス)を観た。
いわずと知れた猿の惑星の現代解釈リメイク版。

ストーリーは、アルツハイマーのための新薬を製薬会社がチンパンジーで実験して開発していて、その過程でチンパンジーの脳が活性化して、というもの。

チンパンジーの生態をみている時間が結構長いので、何の映画だっけと途中で疑問に思うかもしれない。
そもそもチンパンジーの動きや所作を知らないので何にどれくらい驚いていいのか分からないところで戸惑うかもしれない。

これらを差し引いても、チンパンジーが人並みの知性を手に入れれば、人との違いは身体能力に大きな差がでる、という点で後半は勢いがある見せ場だろう。
チンパンジーの身体能力が見せ場なので、派手な爆発とかはなく、地味に身体能力が際立つアクションが続く。

前半の物珍しさと後半はスピード感で、そこそこの没入感があった。
自身としては、あれが禁止の意味の言葉というのが、意味ありげなのかなと勝手に思っている。
人間を真似てればそうなるのかも。

リミットレス

映画、リミットレスを観た。

腑に落ちない感じがする。
というのも観終わった感想が、病気でもないのにワザワザ時間をつくってクスリの派手な効用を観ているような気になるからか。
それにしても終わり方がヒドいかも。

脳を100%活性化する薬に関わった人達が描かれている。
脳を活性化させると、記憶力が高まり、また脳の高速処理で周囲が遅く動いているように見えるとともに、これらにより判断や予測の精度が高まる、という設定。
こういうフィクションの目の付け所が自身は好きな方なんだが。

クスリに頼らない意思を示すというなら分からないでもないが、最後は薬品会社万歳なので、シラケる。
海外は日本とは薬に対する考えが違うだろし、と思うので劇場数が相当少ないのも頷ける。

サンクタム

だいぶ前に観ていた映画、サンクタム
自身は面白かったと思うんだが、自身が観た劇場ではエンドロール前に結構な数の人が帰っていたし、そこまで共感を呼んでいるわけではなかったよう。

未踏の洞窟遺跡ルート探索におけるアクシデントを描いている。
自然における人間のポジションをクドイほど見せつけるストーリーだが展開にはヒネリがなく、人間の都合に関係なく刻々と悪化していく状況と人の感情や行動を追うのみ。
最初の遊び気分の雰囲気が後半との強烈な対比になっている。

一方で、セリフはどこかで聞いたような風にしか聞こえないので陳腐な感じがするのかも。
人にとっては無慈悲過ぎて無関係にも思えてしまいそうな状況なだけに余計そう思えてしまうのか。

ストーリーにヒネリが無いだけに3Dの映像は素直に楽しめるような気も。
しかし水中の3Dというのは、近くからカメラで追っているだけ、な見え方に感じてしまう。
だからこそなのか緊迫感は伝わってきた。
ダイブのシーンは、本当に一歩間違えば死ぬというレトリックではなく、アクシデントは即死というもの凄いプレッシャーだ。
静かに怖い。

2011年10月15日

iPhone 4SのSiriが日本語対応2012年から、など

アップル、Siriの日本語版を2012年に提供開始する予定 ギズモード・ジャパン
どこの技術かというのが気になるところ。

[ #iPhone4S ] ソフトバンク版とau版でiPhone4Sの速度調査をしてきたよ@渋谷  ギズモード・ジャパン
うぉっ、ゲームキャスト Blogさんも。

米国判事もSamsungの特許侵害を認める Appleには特許の有効性立証を要求 ITmedia


新しい動き。


Android向けGoogle翻訳の会話モードが日本語へも対応。端末に日本語で話しかけると外国語に訳されて読み上げてくれる GAPSIS.jp


Google、モバイルの年間推定売上25億ドル。Android機は1億9000万台 TechCrunch Japan

当日にアップデートをかけた。
こんな不具合があったのかと思うが、ピーキー過ぎるタッチ操作感を修正という意味ならわかるが。
修理交換と2回のアップデートを経てWifi運用している自身の環境では、勝手に電源オフという不具合は起きていないが、まだ起きている人もいるようだし。

2011年10月14日

iPhone 4S購入

iPhone 4Sの32GBブラックを、iPhone 4からのソフトバンク機種変更で購入した。
本体一括支払いで5%のポイントがつく池袋のビックカメラで。
割引率はたいしたことないが、Apple製品と一緒にiTunesカードも購入するとiTunesカードが10%割引になるというので祭り気分で手を出した。
他、いつものごとく目についたケースとしてBUFFALOのソフトバンパーBSIP11PCTBBKをとりあえず。
ケースには前面と背面の液晶保護フィルムも込みなんだがフィルム貼りが不安なので液晶保護フィルムBUFFALOのBSIP11PFSも調達。

10時台に予約していたが着いたのは11時過ぎで、10分程店内で待ち、30分くらいカウンターで座って待って登録を済ませ、アクティベーションは当方でやりますんでといって持ち帰った。
iPad 2のキャンペーンはiPhone購入時だけしか適用できないからと勧められ、その前にはソフトバンクから2回くらい宣伝メールも届いていたので、契約者数純増へガムシャラだなと思った次第。

メールといえば、iPhone 4S購入後にさっそくソフトバンクモバイルからアンケートがきた。
そこそこな頻度でアンケートが届くんだが、とりあえず律儀に答えていて、これにも答えるつもり。
今回iPhone初販売となるau。
量販ではソフトバンク分はないがau分のiPhoneは残っていると宣伝していたし、ネットのいろんな報告でもかなりソフトバンクが有利だったよう。

で、いろんなネットの報告を見ていたが、驚いたのはau版iPhone 4SのICカードがIS12Tで使え、電話もパケット通信もできるという件。
Twitterの#is12tとか#wp7jpで見ることができる。
パケット定額の範疇かは当然ながら現状では不明とのこと。

auのiPhone 4SはauとしてはmicroSIMカード初対応、しかもロックがかかっている。
IS12Tはロックがかかっていなくて、auのロックがかかっていない端末間においてはICカードを使い回しできる。
auのiPhone 4SとIS12TはICカードに互換性はないが、microSIMカードにSIMゲタを使ったらIS12Tに挿さるので挿したら使えてしまったということのよう。

ということで、これならauのロックがかかっていないAndroidスマホでもiPhone 4SのmicroSIMカードが使えると思うんだが、どうなんだろう。
この逆は、iPhoneにロックがかかっているので出来ない話になる。

今回のことはau版iPhone 4Sのオタなオプションになるのかどうか。
au版iPhone 4Sを契約したらIS12Tは白ロム調達で使えることになる。

自身はIS12Tユーザーなのでこの可能性を考えなかった訳ではないが、iPhoneなんだから縛りがキツく、そんなことは有り得ないと勝手に思い込んでいた。
といっても、自身はiPhoneを通話にも使うメインで運用しているので、通話中に何々ができないとかのau仕様をIS12Tと計2回線も使う気もなく、au版iPhoneの選択肢は無いなと。

iPhone 4S入荷連絡きた、など

iCloudで携帯電話以来の大変化が起こる...それは未来のコンピューティング ギズモード・ジャパン


正念場はiPhone 4Sの発売後──Appleにのしかかるプレッシャー (1/2) ITmedia
何を期待しているのか。

大袈裟な話。

ソフトバンクでも少ない印象なのに、ドコモやauは無料にされてもなかなか利用できないだろうとは思うが。




iPadの時代は終わるのか...半額以下で買えちゃうアマゾンの新タブレット「Kindle Fire」の衝撃を斬ってみる! ギズモード・ジャパン

日本市場は300万台規模とのこと。

サムスン「GALAXY Tab」、豪での販売差し止め仮処分--アップルとの特許訴訟で CNET Japan

レノボの7型タブレット IdeaPad Tablet A1 国内発 engadget Japanese
とりあえず安いんだが。

世界PC出荷、LenovoがDellを抜いて2位に――Gartner調査 ITmedia


予約していたiPhone 4Sの入荷連絡が昨日の昼頃きた。
確保できたので、システム渋滞などが起きず出来るだけ待ちが少ないことを願う。

既にAppleやソフトバンクでは行列のできる店舗はだいたい決まっているが、auは初めてなので行列ができないのか。
auの中の人はAppleの行列の現場に並んだこともないんだろうか、Apple製品に惚れている人はいないんだろうか、とかチラっと思ってしまう。
まあでも自身が知らないだけで並んでいる人はいるんだろう。