ページ

2011年3月31日

Windows Phone 7の市場予測

Windows Phone、2015年にはAndroidに続くシェア--IDCスマートフォン市場予測 CNET Japan
Windows Phone 7の開発者向けセミナーが絶賛開催されるのかと思ってしまうような市場予測。

最近は、東電が原発関連へ金をバラまいているという話がこれでもかと聞こえてくるので、Microsoftへも条件反射してしまう。
いやはや。

2011年3月29日

タブレットの販売台数

iPadなどタブレット端末の市場予測(出荷台数)と個人的に思うこと ITmedia
野村総研は2010年だと78万台といっていたが出荷か販売かは不明。

iPad 2の日本発売はいつになるのか。
1ヵ月以上のびるとiPhone 5の発売も近くなる。

iPhoneアプリ、Final Fantasy IIIをプレイしているので、またiPadがご無沙汰になりつつある。


追記 3/29
WWDC 2011の発表とともにiPhone 5の発売日が1年ずれるというような噂が。
マジですか。

2011年3月28日

2011年3月25日

電子書籍リーダー端末関連、など

電子書籍めぐるGoogleと出版社の和解案、裁判所が棄却 「Googleが著しく有利に」と ITmedia
関連する競合からのツッコミでひっくり返す。

米AmazonがAndroidアプリストア「Appstore」オープン、その仕組みは? マイコミジャーナル
でAmazonからAndroid端末が出るんだっけか。

GALAXY Tab過剰在庫のうわさ、Samsungが「事実無根」と否定 ITmedia
iPad 2発表の時にジョブズがツッコんでいたような。
実はどころか競合の在庫くらいは同じ業界なら普通に察することができるので、アナリストやメディアからでなく競合からの指摘ならほぼマジなんだろうと思う次第。

シャープ、GALAPAGOSの発売3カ月の成果を聞く PC Watch
凄い古いのだけど。

2011年3月24日

BASELWORLD 2011始まる

腕時計の世界最大規模の展示会BASELWORLD 2011が始まっている。
今回は何がトレンドなのか。
SIHHは1月に開催済み。

国産時計 春の展示会(1) - 130周年を迎え、セイコーは「飛躍」の決意 マイコミジャーナル
BASELWORLDにセイコーとかも出展するが、これに合わせて国内メーカーも。

2011年3月23日

iTunesのレイアウト崩れ

そういえばiTunesのApp StoreにAppで新生活準備(iTunesが起動する)というセクションが設けられている。
相変わらず貧相な検索性だが。

Appブログ系でもこうした新生活者のための親切なアプリ紹介やホーム画面の晒しなど、淡い賑わいがあってもよさそうなもんだが、震災ですっかりそんな雰囲気でもないよう。


ひさしぶりにiTunesへ潜ろうとしたら、App Storeのトップページでレイアウト崩れ。
今更だろうが、はじめて気にしたので。
iTunes 10.2.1
Mac OS 10.6.6

2011年3月21日

iPhoneアプリ、Get Outta My Galaxy!

iPhoneアプリ、Get Outta My Galaxy!をプレイしている。
ゲームの箸休めに、なゲーム。
日本語対応している。

ドラゴンボールで界王さまのいる小さな星のようなところで、ダイキンのぴちょんくんのようなカワイイ系侵入者を追い出す3Dアクション。
ティルト操作でキャラを動かし、画面タッチで攻撃。

見た目がスッキリ、BGMがほのぼの。

2011年3月19日

iPhoneアプリ、MapFan for iPhone期間限定無料

iPhoneアプリ、MapFan for iPhoneが3月31日まで無料になっている。

容量が約1.5GBもあるので落とせない被災している知人などへはアプリプレゼントでも。

iPad 2発売延期

震災の影響からか、iPad 2の日本発売が時期不明で延期された。
シビアな感覚だと少しでも早く発売したいところなんだろうが、米国で好調らしいし。
iPadに関しては日本の比重がそんなに大きくないのか。
Mac以外では新製品発売後にまとまった販売台数発表が恒例になっているものの、今回は日本がカウントされないんだろう。

震災の影響というんだから何も言うことはない。
逆に、Appleが自粛しているのに、日本人が米国購入iPad 2のレポートを嬉々と発信しているからといって不謹慎だとも思わない。
自身としては貴重な情報だと思う。

相変わらず液晶画面をはじめとした不具合報告が結構あるよう。
日本で発売延期だからといって、これら不具合報告と同じロットの製品なんだろうから購入する人は全て呑んで受け入れるしかない。

日本だけ発売前に店頭で実機を展示でもしてほしいわ。

2011年3月16日

iPhoneアプリ、レインボーシックス Shadow Vanguard

iPhoneアプリ、レインボーシックス Shadow Vanguardがリリースされていた。
さわりだけ見せてもらったが、グラフィックがめっさキレイで快適操作のよう。

iPad版はまだか。

Zune開発打ち切り、など

春だ!始めよう 電子書籍Readerキャンペーン ソニー
Web広告が展開されている。
端末の普及は大前提で重要だが、さらに電子書籍というコンテンツの利用も劣らず非常に重要な要素。
iPad 2発売に前後して周辺も賑やかになっていくのかどうか。

第4四半期の携帯出荷、Android端末がiPhoneを大幅に上回る IDC Japan調べ ITmedia
出荷数字なので販売数ではない。
といっても明らかに現在はAndroidスマートフォンが売れ行き好調で品不足ぎみなだけに、こういう時の数字はそのまま販売数と同等に見ても問題ないんだろう。

Microsoft、携帯メディアプレーヤー「Zune」の開発を打ち切りへ ITmedia
メディアの見方では登場が遅いというのが要因とのこと。
Windows Phone 7も登場が遅い。
Windowsタブレットもさらに登場が遅いという。
この拭いきれない組織としての足取りの重さは、モバイル端末分野の業界に参入して顕著らしい。
厳しい見方をすると、何も学習していない会社だなと、いえるんだろうか。

2011年3月15日

米国で好調なiPad 2

「iPad 2」は完売 気になる、記になる…
正直なところ、iPad 2で足踏み状態になると思っていた。
いや、凄いわ。
確か、販路がiPad発売当初より相当増えているから、というのも納得。

日本でもiPad発売はソフトバンクショップで取り扱い店舗が拡大したはずだが、その販路がそのままiPad 2にも、となるのかどうか。
iPadの販売実績によっては日本にもそれなりの台数が融通されるんだろうが、日本で目立って売れている訳でもないだろうしね。

iPadを目の前に、その用途で呆然とする、あるいはPCとの競合で使わなくなるといったことは頻繁に見聞きした。
米国でiPad 2が更に売れているという、その受け入れられている要因が非常に気になるところ。


自身はWifiモデル、16GBを使ってきた。
容量の大きいゲームばかりやっていると、16GBははっきりいって心もとない。
一時はもしもの為にゲームアプリのセーブデータを手動管理していたが、それだと最近のiOSのGame CenterではSand Boxモードになってしまう。
iPadは、ゲームの他にコミック、ウェブ、ちょっとしたメモという用途くらいしか使っていない。

ということで、iPadの既存ユーザーがiPad 2を購入するならその大半は容量アップになるとは思う。
なんとなく。
一方で米国での状況のように、日本でもさらに売れるならその大半が新規ユーザーになるんだろうから、その場合は16GBが数多く求められるんだろう。

また、Galaxy Tab発売時にソフトバンクがいきなりiPadのキャンペーンを始めたように、あるポイントではソフトバンクからキャンペーンがあると思われるので、既存ユーザーはAndroid系のタブレットも眺めつつキャンペーン待ちというのもアリか。
ソフマップのiPad買い取りキャンペーンは4月3日までだが。

2011年3月13日

首から下げるiPhoneケース UN01

UN01
良さげ。

ドコモ再三にわたるSIMロックフリーの告知

ドコモ、4月1日よりSIMロック解除の受付開始 - 「miniUIMカード」も提供 マイコミジャーナル
携帯電話やスマートフォンのSIMロックフリーにおいて、ドコモから昨年の夏、秋、年末や今年に入ってからも発表会や今回と継続してリリースしている。
ソフトバンクの沈黙っぷりと対照的にどれだけ粘着してんだよ、と長々ツッコミを入れようと思っていたが。

電波網は、大雑把には電気という電源あってのラインフラインだがいろいろあるし、その維持復旧につとめる、関わる人達へエールを送りたいです。

2011年3月11日

iPhoneとAndroidでのアプリ儲けどころ

アプリ数でもAndroidがiPhoneを急追、年内に逆転か ITmedia
アプリ数はそうなんだ、と思うが。
Angry Birdsが引き合いに出されているが、ワールドワイドで配布して収益に結びつけたいなら現状はiPhoneとAndroidで違う、と。

2011年3月9日

挑戦者なau

KDDIが最新Androidスマートフォン「IS05」の無料貸出を実施へ、通話料や通信料も無料 ギズモード
Skypeやデザリング、奇抜なAndroidスマートフォンなど目に見えて挑戦者な姿勢になっているように思う次第。
auから言わせればワクワク感ということなんだろうが、いつぞやのソフトバンク並みな牙むき出し状態とも。

しかし、ソフトバンクには今のところiPhoneやiPadという強い武器がって、ドコモはオールランダーというか信頼と安心の何タラのようで、イーモバイルがWifiルータ、といったキャリアの色がいまいち弱い。
auはAndroidスマートフォンを押したいんだが端末ではドコモのようなインパクトもないし、強調できるのはこうしたサービスくらいなんだろうけど、サービス力が伝わるにはスピード感がないのでまずは数が必要になると。

既にauユーザーでない自身にもauの取り組みさ加減が伝わってきたような気がしている。

iPhoneアプリ、My Feeds

iPhoneアプリ、My Feeds

シンプル機能なGoogle readerクライアントなアプリがアップデート。
次はやっぱりと思っていたら、単なるバグフィックスだった。

デザインや操作性に不満はないんだが、続けて記事を読むためには都度カテゴリに戻らないといけないという使い勝手の悪さは致命的。
そんなことは百も承知なんだろうが、次は修正されるのか有料版になるのか。


最初にこのアプリを試した時に、アンバランス加減に笑ってしまったのを思い出したので。

2011年3月8日

Picasa 制限付きで容量無制限使用に

Picasaウェブアルバムに800ピクセルサイズ以下の写真と15分までの動画を無料でアップロード可能に juggly.cn
自身は1028MB中の28MBしか使っていなくて、Gmailも2割程度だし、ほとんど関係ないんだが。

最近はPicasaの使い勝手も含めて、変化が続いている。

2011年3月5日

気軽に海外ネット通販、など

最高のゲーム向けiPhone/iPod touchフィルムはSimplismアンチグレアだった。 ゲームキャスト Blog
ゲーム向けという視点に驚いた。

ウェブからアプリ系にというのは、こういうことなんですか。

スペインで見つけた変わりモノ携帯電話 週アスPLUS
オレンジ色が印象的なBIGが携帯もやってたのか。
日本では知名度が相当にメジャーなもの、ディズニーとかガンダムとかくらいしか実現しない。
既に普及度ではとっくの昔に成熟期に入って、さらにスマートフォンへという次の段階に入っているのに日本ではこういう気軽さがないような気も。
携帯にチープな使い捨て感を持たせたくない携帯キャリアがこういうことをさせないんだと勘ぐってみる。

DVDやゲームソフトの複製が違法に  “マジコン”などの対策強化、改正著作権法・不正競争防止法を2012年施行へ PC online
そうですか。
いままで身近な行為もあっさり違法範疇になる。
DVDとかに関してはAppleとかオンライン系が得をする方向なんだろう。
物理メディアで配信する方向性は廃れるのかどうか。

富士通、電子書籍ビジネスに参入……大日本印刷が協力 RBB TODAY
端末メーカー、出版社、コンテンツ側、ユーザーなどいろんな目線ではいろんな見方があるんだろう。

講談社コミック約7000冊をiPad/iPhone向けに配信 イーブック イニシアティブ ジャパン、タブレット端末拡大に合わせ PC online

Macの製品出荷パターンを調べてみた ITmedia

Googleさん, そろそろ不正行為をやめなさい TechCrunch JAPAN
Googleは営利企業なんだからツッコミの方向は違う気もするが、言いたいことは分かる。


最近は規制緩和でもあったんだっけか、単なる円高背景なのか、海外ものをネットから購入し易い環境が。
楽天がやってるBuy.com
PayPal限定のhop・shop・go

モバイルガジェットのような通信のためのアクティベーションとかが必要なものは大丈夫かは不明だが、シャレオツ、おバカ系のお取り寄せも気軽にできそう。

2011年3月4日

iPad 2発表に思う

iPad 2発表イベントのリアルタイムテキスト中継をみた。
時間も経って、ちらほらとイベントの動画や翻訳もアップされているようで、あらためて眺めての感想を。


・Jobsのスピーチ

Jobsがかなり強気で挑発的な発言をしている点が印象的。
こういうところからも、逆に競合の不在を心配していたんだろうとも思う次第。
ウェルカムリップサービス、か。
まさか競合機種で盛り上がる前に次製品のリリースになり、その次製品からが本格的な競争になろうとは。
しかしiPadの猿真似品があふれることで浮き彫りになるiPadの良さには結構な自身があるんだろう。
実際、初代iPadで低価格ニーズへもアプローチできるし、Appleとしてはこの上ない布陣のようにも思う。

Appleがタブレット需要を浮揚させた点はかなり評価されるべきだろうし、その浮揚させたコンセプト性を強調するJobsはまさにタブレットをリニューアルした先駆者らしいといえる。
が、競合は対iPadという視点でのタブレットだろうし、そのコンセプト性はなかなか理解されるようなものでもなさそうに思う。
そういうのを理解する人は、次の全く新しいものをリリースするような人なんだろうとぼんやり思う。

具体的なコンセプトの話だと、グラフィック性能の向上。
薄いや軽いなどは順当な進化だが、グラフィック性能の向上はコンセプト的にメッセージ性が強いと思う。
といっても、これによってユーザー需要の嗜好をリードできるかどうかは、これを利用するアプリ開発者にかかっているような気も。
グラフィック機能への注目という市場の流れの中で、とりあえず3Dはどうでもいいんだろうが、いろいろと牽制という意味もあるんだろうか。


iPad 2の発表をみていて思ったが、もはやiOSデバイスはAndroidのスマートフォンやタブレットのように機種毎に使い勝手や操作性などを心配する必要もないな、と。
既存ユーザーにとって操作性なんかに関しては極端に言えばレビューも要らねーという境地だなと感じる。
怖いのは新製品としての物理的な不具合くらいか。

最終的には10時間持続ということだがバッテリーは相当に大きくなっているようだし、このリスクや、高速化したCPUの発熱なんかはどうなのか、なども気になりはするが。


・供給

Appleにとって初代iPad発売時と違って、市況としては、既存のiPad購入者層がいてまた競合製品の発売が告知もしくは販売済みの中での船出になる。
さらにWIfiや3G、容量毎の各モデルという条件は同じだが、ホワイトとブラックの2モデルあるということで、供給のさじ加減はどんなもんだろうかと。

基本は、タイトな供給を演出するんだろうから、いつも通りといえばいつも通りなんだろうが。

2011年3月3日

iPad 2

iPad 2の日本発売は3月25日とのこと。
薄くなり、少し軽くなっているよう。
カメラもあり。

ラインナップも同じようだが、さてどこまで売れるか。
iPad 2以降に発売する競合タブレットはちょっとツライような気もするが、iPad 2があおりを喰うのかどうか。

2011年3月2日

ソーシャル・ネットワーク

1日ということで映画、ソーシャル・ネットワークを観てきた。

面白くない。
大枠は、法廷前段階で双方の弁護士同伴の会話を都度フラッシュバックさせつつストーリーが進む。
事態を説明しつつなんだが、この弁護士を含む会話がものすごく退屈だ。
エンドもウヤムヤで主人公の機微はほとんど伝わってこない。

最初だけプログラミングの専門用語が出てきたりするが、場面を含めて分かりづらいところはなく、早口なところを除けば場面毎の意図は明快。

ドキュメンタリー感覚が半分、テレビドラマな展開半分、と思ってみる。
チョイスが安易だったかも。

2011年3月1日

MacBook Air購入後アンケート

AppleからMacBook Air購入後のアンケートがメールできた。
日本も米国に遅れて実施されているよう。