ページ

2010年5月31日

iPadを使ってみたあとの雑感1

iPadでカスタマイズできるのは壁紙くらいだが、壁紙の選択が意外に難しい。
といってもアイコンや文字が死なない程度のものでよいと思っていて、特段に主張したい画像がある訳でもない。
そのため、ちょっと迷ったが壁紙はプリ設定のまま。

カスタマイズでもないが、SafariにBookmarkletを、検索、スクロールダウン、翻訳の3つを設定したくらい。

脱獄はちょっと様子見。
確かSpiritはSafariの脆弱性がどうの、というらしいのでアッサリ穴を塞がれて使えなくなる可能性もあるんで、かなり旬な感じもする。
私は脱獄してもあまりアプリも入れないしインターフェイスデザインを変える訳でもないし、現状で報告されてる動くアプリで不満もないんだが、非脱獄で少しの間は使ってみたい。
デザリングはiPhoneが出来ればイイ。

iPad専用アプリを試している。
iPadがやはり重いのでモーションセンサーを利用したゲームアプリなども、プレイ時間が長いと腕の空中椅子をやっている感覚になってくる。
iPad専用アプリは商売っけが強く感じられる値段設定だなと。
その意味でもユーザー層は当分の間は非若者になりそう。

2010年5月30日

iPadを使用してみて気付いたこと3

iPadを使い始めて一日は過ぎたが、ゲームをプレイしていると流石にバッテリーの減りはちょっと早いと感じる。
が、それ程に結構なまでバッテリーの持ちがイイんだろう。

ケーブルとかの買い増しくらいはしようかと考えているが、iPadに限っては純正品を選択するかも。
普通にこれだけ容量大きいバッテリーを使っているということは、それだけ不具合リスクも高いし純正品を使ってても心配だ。
Appleにはラップトップの実績があるが、iPadは新しい製品でもあるし。
デッカい事故も、おそらくユーザーの無知が原因とかでありそうだから怖い。

iPad充電中は、バッテリー残量%表示を非表示にしてても%は表示される。

Bluetoothヘッドホン、SonyのDR-BT101はiPadで使えた。
iTunesとかのアプリでは試してないが、そこいらのゲームアプリで使えた。
ヘッドセットとしては使う予定もないので、仕様の確認もしてないし未検証。
しかし、音量がデカい。
iPhoneならアプリ用に本体の物理ボリュームで音量を調節しても、そのアプリだけに反映されたと思うんだが、iPhoneは電話があるからなのか、iPodの連携と関係しているのかどうか。

iPadを使用してみて気付いたこと2

またiPadのソフトウェアキーボードのタイピングについて。

まずiPadのソフトウェアキーボードは横向きの方がキーボードサイズが大きくなるから打ちやすい。
さらにiPadをケースなどに入れて傾斜をつけた方が総合的にみて打ちやすいと感じる。
その理由の一つに、キーを打つ、スペースキーで変換する、変換候補を選択する、確定する、という一連の流れがスムーズに行えるという点がある。
特に変換候補はソフトウェアキーボードの真上に表示されるので、タイピングする場所によってはiPadを平置きしていると自らの手で変換候補が隠れてしまい、見るために一々手を退けるというのはメンドい。
一方で、iPadに傾斜をつけているとキーボードの上から3列目のキーを打つときに指の爪がガラスにあたることがあり、ちょっと不快に思う時もある。

またiPadのソフトウェアキーボードでタイピングのとき、手首は、完全に浮かすか、ソファに座っているなら自らの足の付け根あたりなど自らの体の上におくか、机の上にiPadをおいているなら机の上におく。
大抵は腕が疲れないために、手首をどこかに接地していると思う。
私としてはパームレストがあってもいいんではと考えていたが、実際には必要ないなと感じている。

他、スクリーンの回転をロックする物理的なボタンについて。
わざわざ途中で仕様を変更してまで実装したにしては、私にっとて殆ど使う機会がない。
iPhoneなら寝モバのために必須のように思うが、iPadで今のところ必要性を感じない。
業務用のためとか、か。

2010年5月29日

iPadのWifi自動接続

iPadのWifi自動接続で躓いてしまったので、サポート頼りに。
http://support.apple.com/kb/TS3304
日本語のページもあるんだろうが、探してない。

iPadの画面をオフに、つまりスリープにした後、ホームボタンを押して再び使い始める時に一度設定したWifiに自動接続できず、設定画面から都度、当該ネットワークを選択していた。
これは非常にダルい。
私のケースでの原因は、サポートページにあるように画面の調光を一番暗くしていたのが該当したよう。
これを少しでも右にスライドさせておけば、Wifiを自動で拾ってくれるようになった。

iPhoneの画面の調光の設定は一番暗くすると画面が真っ暗くなるんだが、iPadは真っ暗くならなかったんでバッテリーの節約のためと一番暗くしていた。

追記 5/30
最後のiPhoneは、MacBookの間違いだった。

iPadを使用してみて気付いたこと1

iPadから文章を作成してみる。
家の中で使っているのでキーボードのクリック音が新鮮。
やはりとういか、文字を一区切りまで打ち終わると、キーボード上で指を休めるというかホームポジションを確認するために指が沈むので、タッチスクリーンに触れてしまいタイプミスになる。
iPadのソフトウエアキーボードを使う時は常に使っているんだという意識が最初は必要になる。
隣で見ていると、文字を打つまでに構えている手のかたちは妙に気持ち悪いと言われた。
そりゃタッチスクリーン上で手を休めることができないので、知らない人はあの手は何をしようとしているか分からないので奇妙だろう。
しかし、顔が笑っていると最悪かもしれない。

iPadの母艦はMacBook、MB467/JA。
iPadのアプリを使いながらMacBookで充電してみると10分かもうすこし短い時間で1%くらいはバッテリーが増えているようだ。
単純に考えれば1000分で充電が完了することになるが、現実的な話ではないので、充電の時は素直に充電だけするように割り切った方がイイようだ。

これはiPadのWIfiモデル16GBだが、実際に使用できる容量は13.8GB程度なんで、2GBくらいが減っていると考えないといけない。

iPadの画面調光センサーとケース

iPadを昨日の10時頃に買ったが、封を解いたのは今日の15時頃。
ということで、まずやったのはiPadに保護フィルムを貼って、ケースに突っ込んでみること。
両方やったがまだiPadを起動してない。

保護フィルムは、ELECOMのUltra Low Reflection Glossy Film for iPad。
光沢ありの。
フィルムサイズは見事に枠内に収まっている。
ホームボタンのための穴は少し大きめの穴になっている、ので少しズレても大丈夫そう。
私は大きくズレたが気にしない。
ケースはブライトンネットのLeather case for iPad。
重量は210g。
良い点
縫製のためのマチがあるので少しの落下なら衝撃を吸収しそう。

疑問な点
iPadには画面自動調光センサーがiPhone同様に画面上にあるが、保護フィルを貼っている時に気付いたんだが、このケースは同センサーを覆ってしまっている。
購入時に気付かなかった私の不注意だった。
確かに同ケースの包装ケースには、同社も後から気付いたのか知らんが注意書きの一文が添えられていたが、私は気付けなかった。

エージングで改善するだろうと思う点
革はちょっと分厚目なのは安心感もあるが、ケース内にあと少しiPadを押し込めきれないので、画面をケース枠がギリギリ覆ってしまいそうになる。
ということでケーブルもギリギリ挿せることは挿せる。
使っていくうちに馴染んでくれればイイが、難しいかも知れん。

アクセサリを装着してみた結果、ケースは次を探そうと思った。
しかしWifiモデルだし、ほぼ家の中の用途なんで保護フィルムだけの裸で使ってみてもイイし、ケースは急いで探すこともないかと。

2010年5月28日

iPadのWifi16GBを購入

iPadのWifiモデル16GBを購入した。
池袋のビックカメラへなんとか朝の9時30くらいにいけたら在庫がたくさんあると言われたので、ポイントつかないと分かっていたが決断。
10時に出直してくれ、と言われたので10時過ぎにいくと10分くらい待って、アッサリと購入できた。
現金で一括。
一緒にケースと光沢の保護フィルムを購入。

時間を区切ってレジカウンターまで案内していたので、10時過ぎの時は、私の前には5人くらいで後ろにも5人くらい並んでいたが、年齢層が確かに若くなかったなと。

Appleの台数揃えられないかもしれないアナウンスによる煽りは、もはやお約束といっていいんだろう。
これで米国内への供給にも余裕が出てくるので、台数は伸びるんではなかろうか。
おそらくAppleから区切りのイイ台数報告があるんだろう。

フーターズって実在したんだ

米国のミステリー小説を読んでいると、たまに出てくるフーターズ、実在してたんだな。
http://netafull.net/neta2010/034578.html
ニュースの内容はどうでもイイんだが、フーターズの名前でもしやと思ってみたら、あのフーターズだった。

驚いた。

2010年5月27日

iPad発売にアプリビジネスも盛り上がる

iPad発売にあわせ書籍や雑誌など関連のアプリビジネスの発表が盛んに行われている。
iPhone向けの書籍アプリでは、もしドラ、の販売元が売れてますカミングアウトを行っていたが、iPad発売以降はどんなジャンルの読み物アプリが売れてます宣言するのか楽しみではある。

こうしたiPadの読み物アプリ参入組で、Appleと直接ガツガツ話をしているところは無さそうにも見える。
ゲームアプリなんかは、もろAppleと懇ろに話し合ってリリースしているような感じがあるが、読み物アプリでAppleからも積極的に働きかけるようなアプローチは無さそうなんで、大手の大々的な協力は得られなかったとみるべきか。
iPad発売後に何かリリースがあるのかどうか。

先週末まではiPad購入の為にどこかの行列に参加するつもりだったが、今週に入って無理になった。
実際は購買衝動も起こらないようなので、行列に並んでしまえば買わざるを得ないだろうと他人事のように考えて実行だけしようとしたが、それも叶いそうにない。
購入するかも分からないが、28日以降のiPadレビューを拾って羨ましがろうかなと。

やはりそれよりもSonyがリベンジするのか。
http://japanese.engadget.com/2010/05/27/sony-toppan-kddi-asahi/
iPadの競合も気になるところだが、電子書籍に関しては競合となる、日本ではまずこういう競合が盛り上がるのかどうか。
もはやiPad以降は後発組になるんだし何かしらの驚きは用意していて欲しいもんだ。

SIMフリー法制化は保留

総務省がSIMフリーのガイドラインを策定したよう。
http://rdp.blog52.fc2.com/blog-entry-2914.html

SIMフリーが法制化したら、ドコモの得、auは蚊帳の外、ソフトバンクの損になるんだろうから、ソフトバンクが胸を撫で下ろしていることだろう。
ということでキャリアにとっては、低価格にするかiPhoneの如く魅力的な端末を提供できることが肝要と、引き続きそうなるか。

2010年5月26日

ソフトバンクをカモッてるWifiルータの発売

iPad発売を前に各キャリアから、Wifiルータの発売が発表されている。

この理由について考えた。
各キャリアは、直近ではiPadが良く売れ、3GモデルよりWifiモデルの方が売れると思っている。
iPhoneという先例からすれば当分はiPadの一人勝ちになりそうだが、当然競合機種もでてくるだろうし、と考えている。
さらに、ソフトバンクの通信網が貧弱だという通念の中、狩場にできるビジネスチャンスだと。

ここで、iPadの3GモデルがWifiよりも多く売れていると、拳を振り上げたキャリアもちょっと困る。
ソフトバンクとしては、3GモデルをWifiより多く売って鼻を明かしてやりたいんだろうが。
既に予約のための予約受付も終わり、ソフトバンクもiPadの3GモデルとWifiモデルの予約受付の内訳を知っているんだろうし。
今回の予約状況で、ソフトバンクが想定した3Gモデルの需要より多かったのか少なかったのか。

ソフトバンクとしてはiPadの販売が盛り上がるのでイイんだろうが、実際はソフトバンクの弱みに付け込んだビジネスなんで、これを面白くないと考えれば、何か3Gモデルのキャンペーンでも企画してくるのかどうか。
ソフトバンク自らがiPadの3GモデルとWifiモデルの内訳を明かすとは考えられないので、今後の対応によっては状況を察することができるかも。

当然、WifiルータはiPad専用ではないし、パソコンユーザーにとっては何ソレってなもんだろうが。
Wifiルータも、iPadで盛り上がっているのかもしれないが、実際には非iPadユーザーの多様な用途が一番喜んでいるのかも知れんし。

Google TVで笑った

Google TVに関して。
http://jp.techcrunch.com/archives/20100524google-tv-and-optimizing-the-web-for-the-10-foot-experience/
普段からTVを観る習慣がないし、何よりネットありのTVを使ったことがなく、真剣に想像したこともないので、これには驚いたし笑った。

といっても相当深刻な話だろ、これ。

2010年5月25日

iPad、不確定と言いつつ購買煽り過ぎ

AppleからiPadの販促メールがきた。
日本の広報も販売当日の確約はできないといってるし、販促メールにも但し書きがある。
けど、それでも購買を煽るというのは如何なもんか。
普通に考えれば、モノが用意できるか分からないのに販促をかけるというのは、ちょっとオカシイ。

と、四角四面に考えても仕方がないのか。

iPhoneアプリ、イノティア戦記2

iPhoneアプリ、アクションRPGのイノティア戦記2をプレイしている。
こういうのはアクションRPGとは言わんのか。
フェノア戦記2の続編なのかは知らんが、パーティープレイ、イベントの多さ、ゲームバランスなど出来ることも増えて、ゲームもテンポよく進めるようになっているよう。

iPhoneでRPGをやるようになって、虎の巻をみなくなった、ので分からないことは本当に分からない。
エーテル、どう使えばいいのか不明なんで、イベントリーを食いつぶすお荷物になっている。

今、レベルが19くらいの騎士、盗賊、魔法使いのトリオなんだが、エルフの神殿で司祭に瞬殺されて、足踏みしてるところ。
強過ぎ。
やり過ごせばいいんだが、やり過ごせず、あっさり全滅する。
レベルを上げるか。

2010年5月24日

Android2.2で採用端末メーカーの競争が激化する

Android2.2が発表されている。

これでiPhone比較がさらに熱を帯びているよう。
Google I/O 2010での発表を元にしているだけあって、開発者目線とユーザー目線の両方をゴッチャにして、iPhone比較に熱が入っているのも散見する。
まあでもWindowsとMacという歴史とともに、iPodとウォークマンっていうのもあるし、iPhoneとAndroidスマートフォンにもOSと機種比較などレベルはいろいろあるんだろう。

今回Android2.2が発表されたが、これをHTCとかSamsungとかエリクソンとかの端末メーカーが自らカスタマイズし、他のAndroid採用端末メーカーとOSやハードの点で差別化を行った上でスマートフォンとして市場に上梓される。
Android採用の端末メーカーからすれば、対iPhoneと対Android採用端末メーカーと、どちらの比重が大きいのかどうか。
一番は米国でのシェア状況に依るんだろう。
Droidで先行するHTCにとってはiPhone対抗意識が強いだろうし、その他のAndroid採用端末メーカーにとって表面上は対iPhoneとしても、Androidの中で埋もれないことの方が大事だろう。
日本には世界販売モデルが時期をおいて日本でも発売されるケースがほとんどなんで、日本のユーザーは受け身にならざるを得ず、選択の余地はない。

要するに、Android2.2の素の状態でiPhone OSを超えているなら、もはや競合するのは同じAndroid採用端末メーカーになる、と。
すると、極端に考えれば、今後のAndroid採用端末メーカーのOS仕様は独自インターフェイス色がさらに強くなるなどが考えられる。
といっても現時点の市場のストック台数はiPhoneの方が多いので、地に足ついた考えはまた違う。

ということでAndroid採用端末メーカー側のことを考えてみた。
Android採用端末メーカーは、都合によって対iPhoneのAndroid側で語り、ある時は端末メーカーとしてのメリットを語ってきた。
しかし、端末メーカーにとって一番大事なのは、自身の市場シェアだし。
Android2.2がiPhoneを踏み台にしていけるなら、Android採用端末メーカーとしての生き残りもかかってくるんだろうと思うが、まだまだ先の話か。

追記
Droidのところは間違い。

OneTVの電波受信がヘタる

MacのワンセグチューナーOneTVが、電波を受信しなくなった。
正確には、電波は受信するけど視聴できない。
これまで電波受信状況5段階で、常に4はあったのに。

理由がわからない。
意味不明なので、外部延長アンテナを装着したら、5になった。
外部延長アンテナは、見た目がとにかく不細工なんで使いたくなかったが実用上やむを得ない。
購入時は、DX版にしたけど外部延長アンテナを使わなくても電波拾うよ、と高笑いしていたんだが。
周囲の環境により電波受信状況は変わっていくのかも知らん。

外部延長アンテナの威力を思い知った限りだが、あんまり嬉しくはない。

2010年5月23日

iPhoneアプリ、フェノア戦記2クリア

iPhoneアプリ、アクションRPGのフェノア戦記2をクリアした。

Tehra Dark Warriorのプレイを断念して、次に目星をつけたのが似非3DっぽいアクションRPGのフェノア戦記2。
フェノア戦記2をクリアすれば、次はイノティア戦記2をと考えている。

フェノア戦記2は一見するとドラクエのような雰囲気だが、敵は見えていてフィールドを徘徊しているので、喧嘩を売る輩を選択すれば自動で通常攻撃をしかける、というもの。
特殊攻撃が4種類あるんで、これらを実行すると、早く敵を倒せる。
ゲームシステムの特徴としては、卵から仮想モンスターを育てることで、攻撃力や特殊攻撃などステータス上の数字でプラス要素にすることができる、くらいか。
iPhoneゲームらしく、移動はタッチしたところへ自動で歩いていくというシステム。
操作性は、iPhone 3GSで動かしているが快適。
特にケイオスリングスやDarkQuestのようなマジ3Dとは異なるので、バッテリーの持ちが良く長時間プレイできる。
一方、ゲーム自体は敵の強さが結構シビアなのと、あんまりイベントがないのと相まって、レベル上げを淡々とやってきたという印象。
さらに敵を倒せるくらいまでレベルを上げるのがシンドく、金を貯めるのもシンドいので、この点はiPhoneゲームらしくなくRPG玄人向けだなと感じた。
ラスボスは、HPを回復する赤薬を30以上貯めこんで、画像のレベルでやっと倒せた。

クリアしたらゲーム難易度でハードコアが選択できる。
というか最初からあったのかどうか。
ハードコアは、最初に設定するプレーヤーのステータスが5〜6程低くなっているよう。

iPhoneアプリ、SiberianStrikeをクリア

iPhoneアプリ、縦スクロールシューティング、SiberianStrikeのEasyをクリアした。
Gameloftの無料キャンペーンで入手したんで、#gameloftjapanの狙いに沿って、1つくらいは報告しとく。

2Dのようで、とりあえず3Dといった趣、縦スクロールだが横幅がiPhone画面の約2倍くらいあるので、横にもスクロールする。
難しいのは、この横スクロール。
普通に横スクロールしてたら、敵や敵の弾にあたり体力が減る。
操作性や動作は快適だが、この横スクロール時にちょっと引っかかる感じがするものの問題はない。
といってもEasyは簡単すぎるんでNormalから始めた方がいい。
Easyをクリアしたら、Hardの難易度がアンロックされた。
敵の弾の自機への当たり判定は、飛行機の荷姿そのまんまなんで、敵の弾の多くなるHard以降は激ムズのような気もする。

1時間半もあればクリアできるんで、気軽に楽しめるゲームだな。

2010年5月22日

パリより愛をこめて

映画を観てきた。
アメリカ映画では非常によくあるストーリーで、ダーティーハリーを現代風にちょっとスタイリッシュにしてフランスを舞台にしている、くらいのもんか。
監督の持ち味といっていいのか、ドンパチとカーチェイスも。

トラボルタのスキンヘッドが全然イカツクない、というのが一番印象に残った。

Google TVか

Google I/Oカンファレンス。
http://jp.techcrunch.com/archives/20100520live-blogging-the-second-google-io-keynote-the-day-of-android-and-google-tv/

Google TVに関しては、ネットとTVをセットにしたTVにおいて、OSを無料化して開発費用を削減させ、ネットを絡めたことでTVの検索広告で儲けようとしている、と理解した。
しかし、これで放送局の広告が減ったらテレビ制作ができなくなり番組が減って、と悪循環になったりはしないよな。
Googleがやろうとしているのは、テレビ番組の内容に絡めたネットの検索広告であって、既存のテレビ向け広告市場にプラスするものと考えていいのか。

Google TVで気になったミクロな点は、既存比較でいまいちパッとしたスゲー中身がないような気も、IntelのAtomだそうだが瞬時に起動してくれるかなど動作が不安、中国の市場は対象外か。

といっても、私自身がTVを普段から観ないし、TVに拘りがない。
どちらかというと、Macにテレビ機能を付加するくらいだから、あんまり関心はない。
それよりもAndroidスマートフォンのブラウザなどの動作が爆速になってるらしいが、Appleが次のiPhoneでこの辺に言及するかどうか。

2010年5月21日

iPadに電子書籍、だけど

京極夏彦氏のミステリー小説がiPad向けに発売されるよう。

今回の話は講談社だよな、それが実験だからって作家1人だけ電子書籍にしてくれてもね。
出版大手なんだから、1000タイトル以上とか規模で訴えて欲しかった。
紙の本の時の思考そのままなんで、萎えてしまう。

京極氏の最低ラインのリピート客数がわかっていている上で、さらにiPadを使っている人で、さらにミステリー好きで、さらに電子書籍でも読もうか、という人がどれくらいいると思ってんだ。
よしんば、京極氏のような大作家だからこそ普通に売れても、あっそう、ってなるだろ。
やり方が間違ってないか。
京極氏の小説が売れなかったら、どんな指標にするつもりなのか、売れたらどんな指標になるんだよ。

電子書籍の特性を理解しているなら、的確な品揃えのために、iPadならiPad向けの読者層を見極めようとするくらいはしてほしい。

ホームアンテナか

Twitterみてたら、電波の法規でまた驚いた。
http://www.boraro.gozaru.jp/diary/sonota/sonota-entry-008.html
auもそうだろうが、キャリアも凄いのを一般家庭に売ってるな。

2010年5月20日

iPhoneアプリDarkQuestをさらにクリアしTehra Dark Warriorやるがムズい

iPhoneアプリ、DarkQuestをナイト、ローグ、メイジの全キャラでクリアした。
一度クリアすれば要領がわかるので、2度目以降のゲーム時間は相当短縮できる。
画像はメイジでクリアした後のスクショ。
善い王、技量王だとかもある。
全キャラでクリアしてもボーナスステージとかはナイようだ。

一番シンドかったのが、やはりメイジ。
体力がない上に、テクがないので逃げるのが難しく、敵エレメント属性によって効く魔法も変わるので魔法を切り替える操作とか敵を寄せ付けないために魔法を切り替えていくのが大変。
いつもながら魔法メインキャラは序盤や中盤を生き残るのがシンドいものの、終盤は結構な攻撃力となるもんだが、同ゲームも多分に漏れない。
終盤は、装備アイテムのグレードがハンパなく高いのとともに、ドーピング効果も分かりやすいので、大袈裟に言えばナイトやローグの倍の攻撃力が魔法で出せる。

といっても体力や装備アイテム、攻撃をかわす性能など、バランスが良いと思ったのはローグ。
常に二刀流だったが、スタン付きの特殊攻撃に1つだけでも割り振って、攻撃を繰り出しているだけで、クエストはテンポ良くどんどん進む。

勢いに乗って、iPhoneアプリのアクションRPG、Tehra Dark Warriorをちょこっとやってみた。
以前もほんの少しはやってたが、その後は放置していた。
やってみたけど、ムズすぎる。
戦闘エリアにいるザコ敵は倒しても倒しても倒しても、即座に湧き出てきてどんなに遠くにいても常に追尾してくるし、倒しても常に一定数になりキリがなく、倒しても達成感がない。
ザコ敵に構っていると、倒してもすぐ増えるのでミスするとHPが減るだけだし、そうなるとザコ敵とは戦いたくないと思ってしまい、倒さなくていいようなら率先して逃げるようになり、全然面白くない。
さらに何より敵と近接した時に、DarkQuestと異なり、標的との対面を自動補正してくれないので手動で向きを変えて当たり判定を見極めないといけないのが、ウザくてメンドい。
iPhoneアプリのゲームとしては本格的すぎるのか。

ここまできて、iTunesでTehra Dark Warriorのレビューをみたら同じようなことが書かれていた。
Tehra Dark Warriorは止めか、というかムズすぎて進めていけない。

2010年5月19日

テレビ視聴にiPhoneでi-KeyHoleTV、MacでMacKeyHoleTV

今更な話だが、初見なんで仕方ない。
iPhoneでTVをみるアプリ、i-KeyHoleTVを使ってみた。
ソフトバンクのあのワンセグチューナーを使わなくても、低画質だがこのアプリとWifiがあれば、TVを観ることができる。
要脱獄。
この元になっているのがパソコンソフトでKeyHoleTVというもの。
Mac、Windows、Linuxに対応。

OneTVというワンセグチューナーを最近購入していたが、オイオイMacでも観れんのかよ、と驚いた次第。
OneTVはフルスクリーン表示にも対応してるし、と強がりたいがTVには拘りがない。

iPadで使いたいMacソフトって

iPadアプリのiWorkスイートの販売が好調のよう。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/18/122/index.html

これでMacソフトもiPadに本腰入れて参入するのかも。
Appleのアプリ審査がMacソフトからの参入を邪魔しない限り、任天堂のように自社ソフトしか思うように売れない状況になることはないだろうし。

といっても、iPadで使いたいMacソフトって何だ。
Mac専用ではないが、タイピングラリアット、です。
ということでMacソフトというよりパソコンソフトというべきか。

2010年5月18日

iPad品不足

iPadが米国で品不足のよう。
これは当たり前といえば当たり前の話。

Appleは米国以外への販売を、米国内需要増を理由に延期している。
要するに、米国外へ供給するはずだったものを米国内向けに切り替えただけ、のようだからだ。
販売延期を発表してから1ヵ月程しか経ってないので、Appleが生産増などの生産調整の手をうっていたとしても、効果はそんなに早く現れない。

つまり、この時点では米国内か米国以外か、どちらの需要を優先したか、というだけの話。
今は米国以外の生産をしているので、米国内は品不足になっている。

傾斜いるのかiPad

日本のApp Storeでは最近、書籍ものが上位に顔を出している。
iPad発売前の影響なのか、iPhoneで読書する人が増えているようだ。
iPhoneとiPadでは、読書体験も全然違うんだろうから、iPad発売しばらくも書籍ものの販売が賑わうのかも。

日本のiPadレビューでもほとんどの人が口にしているのが、iPadは重い、と。
米国のレビューで重いと言われているくらいなんで、日本人にとっても、やっぱり重いらしい。

そうなると、気になっているのがiPadのケースだ。
iPhoneケースのように、シリコン素材などで単に背面を覆うだけのケースは、さらにiPadの体重を重くしているだけ、のような気がしてならない。
というのもApple純正ケースのように、せめて傾斜を付けることができるくらいの機能がないと、持って使ってて重さを感じるようになると装着しているのが馬鹿らしくなりそう。
確かに家の中で使用するだけなら気にならないだろうし、家の中ならそこら辺に転がっているもので工夫すれば傾斜の件くらいなんでもないが。

ということで少し大袈裟だが、背面を覆うだけのiPadケースは緩やかに売れなくなるんではなかろうか、もしくは、iPadに傾斜を付けることができるような専用のスタンドが売れるようになる、と考えてみる。

2010年5月17日

iPhoneゲームアプリ、DarkQuestクリア

iPhoneアプリのDarkQuestをナイトでクリアした。
クリアしたけど、門番からのクエストはクリアしてない、な。
スクショを撮り忘れたので、以下にネタばれを。

最後の最後は5人のエレメント将軍? に囲まれ、倒したら女王と。
1度女王を倒したら羽生えたのに変身するので、これを倒すとクリア。

2010年5月16日

iPhoneゲームアプリ、DarkQuest

iPhoneアプリ、アクションRPGゲームのDarkQuestをやってみた。
iPhone 3GSでやってるが、ゲームを始める前にiPodとかMailとかSafariなどのタスクはすべて終了し160MB以上は空きをつくって臨んでいるが、ところどころの動作がちょっと重くサクサクは操作できず、2時間以上続けるとゲーム全体にもっさり感がでてくる。
これだと、ゲームを始める前にiPhoneをフライトモードにした方がイイかも。
画像は、ゴシカス門前。
ゲームの終盤だと思うんだが、クリアしてないので不明。
ナイトを選択しているからか、ゲーム進行は難しいところがなく、どんどん進む。
道に迷うこともないし、敵ともそこそこ戦ってくれる。
雷とか水とか属性をちゃんと反映してるし、属性のエフェクトなども見応えがあり、戦闘中はもっさりしているとは感じない。
しかしアクションRPGをやる上で、iPhoneの画面サイズの限界なのか、プレーヤーが動ける範囲が限定されるのでボス戦は攻撃を避けづらく、ほんのちょっとだけHPの減りが心配になる。
だからかナイト以外の魔法系メインのキャラだと逃げづらいので、マジでシンドイかも知れんがヤリガイはあるんだろう。
後は、セーブするコマンドがない、というか見つけられないでいる。
だもんでホームボタンで普通に終了したら、次からはコンテニューで終了したところから始まってくれている。
他、アイテムは基本的にダンジョンの宝箱や敵を倒して手に入れるもののようなんで、お店で売っているアイテムはヘボく、お金を使えず貯まっていくばかりなんで、使わせて欲しい。

ケイオスリングスで立体に火がついてアクションRPGもやってみたいと思い、Tehra Dark Warriorの前の肩ならしにと、随分前から発売されてるDarkQuestに目をつけた。
随分バージョンアップされてるから、と思ったが動作は軽くなってるのかどうか知らん。
といってもMacにはOS9からあるDiabloに似たつくりだからか、結構、楽しめている。
そういえばDiabloⅢは発売されてるのかどうか。

2010年5月15日

iWatch

腕時計のコンセプトデザイン、iWatch。
http://www.gizmodo.com.au/2010/05/apple-iwatch-concept-needs-to-be-made/
これを実現するにはバッテリーがハンパなく必要になるので、表示ディスプレイは、液晶は無理にしても有機ELや電子ペーパーはアリだろう。
しかしこういうのが出たら即買いだ。

セイコーには、巻き上げたゼンマイがほどける力を電気に変換し、時計の針を動かす電力を生み出す機構、スプリングドライブがある。
自動巻発電クオーツのキネティックもある。
今年のバーゼルでは、ETAとかハミルトンが共同開発して似たようなパルソマティックというのを開発して11月発売らしいし。

要するに、現在の腕時計にさけるスペースで生み出せる持続的で安定した電力は、せいぜい針を動かすか、電卓液晶で数字を表示できる程度でしかない、と。
このコンセプトデザインだと、おそらく現在の技術なら、中身の容積の9割はバッテリーだが時計だけで10時間くらい表示でき、時計以外の使用は2時間程度しか使えず、肌との接触面はバッテリーの発熱で常に火傷をおう、といった感じか。

その意味では実に突き抜けたコンセプトデザインといえるが、やっぱり未来は描いてこそ、と思える。
こういうのをみてると、腕時計の電池もボタン電池なんてケチなこといわずに、携帯電話のような感じで気軽に交換できるスタイルになっても、と思うが。
案外、スグに実現できたりするかも。

2010年5月14日

誰得の対談

孫正義氏と佐々木俊尚氏のアレ。
知名度のある孫氏の放言が印象に残って事が終わるのは目に見えていたので、こういう見せ物的なことは、光の道、を宣伝しているようなもんか。

孫氏にとってみれば、USTの宣伝になるし、光の道の宣伝になる。
1企業の社長が企業の利益を図らず、ノウノウと出てくるはずがない。
主導権がとれるから参加してるし、iPadの話からもわかるように、自社の利益のためにはガツガツやるのは当たり前。

考えるキッカケになれば、というのはよく言われるが、私を含め大衆に向けては不向きすぎる。
ハゲてテカってんな、ハキハキ喋るよな、男前な考え方だね、大企業の社長がよくまあ、ってなもんだろう。
その理由は、それぞれの話の細部を判断できないので、注目できることは限られているから。
しかしまあ、こういうのは昔から言われてきたことで、ここらへんも得心して参加している孫氏が一枚上手なんだろう。

2010年5月13日

新iPhoneのリークに思う2

市川の味の男爵で、塩味の野菜ラーメンと餃子を食べてきた。
ここ最近は努めて食を細くしていたので、何とか食べきった体で食後はお腹が苦しかった。
市川駅の南口は再開発で見違えた。
以前きたのは、タクシーのロータリーや南口でて右側の高層マンションの路面テナントを改装してない時だった。

新しいiPhoneのリークがこれほど出るんだから、本物なのか。
そうなるとアクセサリのメーカーから出るだろう新しいケースを調達しないといけない。
他、ドックやスピーカーなどがほぼ挿せなくなりそう。
確かiPadの発表前には、アクセサリーのメーカーが次のiPhoneは形が変わる、と言っていたような記憶があるが、あれはiPadの話だったのかどうか。

新しいiPhoneを購入してiPhone 3GSを売却するなら、iPhone 3GS系のケースやアクセサリ類で売却できるものはどんどん売り払った方がいい。
といってもiPhone 3GSも引き続き販売されてるんだろうが。

そうなるとiPod touchも形が変わるのかどうか。

新iPhoneのリークに思う

新しいiPhoneのリークが続いている。
ベトナムというのは、Appleが手出ししにくいと思わせる場所で、気兼ねなく煮て焼いてバラバラにしたいんだろう。
しかし、これが新しいiPhoneの荷姿になるのか。
どうもリークものは今のiPhoneデザイン試作機の1つという印象がある。

一方、iPhoneの筐体でよく聞くのが、四隅のヒビ、イヤホンジャック付近のヒビくらいだが、リークものはこれを解決できるデザインだとはいえる。
でもだ、筐体に直角なエッジがないというのは、iPodを通じてモバイル製品で得てきたAppleの学習成果の1つのはず。
手の平で持ってて、手の平が痛くならない。

さらにリークものには重さがなさそう。
Appleのモバイル製品といえば、重いんだ。
最近は軽そうなMacBook Airも出ているが、MacBookなどのラップトップ製品は頻繁に持ち歩いていると手提げだと手の平がゴツゴツしてくるわ肩はこるわというのが実体験だし、iPadはほとんどのレビューで重いといわれ、iPhoneなんかはちょっとズッシリくるのは高級感があって云々などといわれ、立派な目印になっているんだ。
ここで目線を逆転させれば、iPhoneは認知度のキャズムはとっくの昔に超えてると思うが、普及台数でも超えたんなら超えたいんなら、自虐的に重くする必要もなく広く皆に使ってもらえる使いやすさ軽さでイイんではないかと、iPodのように、あとは価格面がその意図に追随すれば。

そうはいってもリークものは、デザイン的に退化していると思えるのでApple的にはアリエナイと思うんだが、どうなんだろう。

推理小説たち

iPadのことを考えていつつも、購入したのは中古の文庫本。
最近はちょっと古い推理小説を探している。
ついさっき読み終えたのは、カールハイアセンの、復讐はお好き?
カールハイアセンは、米国の作家で、環境について積極的にネタにする社会派、のようだ。
訳者の田村義進氏の訳が、とても読み進めやすいので感心しているところ。

私は新作を追っているわけではないし、持ち運び便利な文庫本サイズの読書でちょうどイイ。
一方でiPhoneやiPadで推理小説がガンガン購入できたらリアルな本ともオサラバするんだが。

そう、この文庫で読み慣れているという点からはiPadよりiPhoneかなとは思うものの、iPhoneもちょっと小さすぎる気もする。
今は海外作家の推理小説を読むことが多いが、これらが電子書籍でこと足りる日というのは遠いようで近い気もする。

裁断機やスキャナで電子書籍を自作するのも一時は考えた。
しかしプリンタを持っていないし、スキャナもできたら持ちたくない、いやスキャナぐらいは持っててもいいか。
最近はブックスキャンというのがあるので、今後利用する可能性があるとしたらコレかもしれない。

早い話は、推理小説が電子書籍でまとまってきたら、iPadに限らず飛びつくかも。
しかしiPadは、電子書籍を抜きにしても購入して試してみたい、と思わせる。

2010年5月12日

iPad、店頭販売を盛り上げたいのかApple

私はiPadの予約をしなかったが、5月28日到着分のiPadとアクセサリの予約販売は終了していた。

米国需要優先を基調としているのか知らんが、他の国も同様な傾向なのか、日本だけなのか。

予約販売が開始されて2日目にはとりあえず池袋のビックカメラに様子を見に行ったが、まあ時間帯というのもあるだろうが、予約している人もいなかったけど、実際はどうなのか。
店頭の予約受付も予約が多過ぎて多過ぎて困り果てている雰囲気もなかったと思うが。

ということでiPadの米国販売を先例にするなら、出荷予定6月7日までとなっているし、店頭販売に数量を多く割り振る方針、だと考えてみる。
店頭にモノがないというのは、避けたいんだろう。
もしくは店頭販売にも、最初から供給できる数が多くないのかも。

何にしても予約できなかった人で、早く手に入れたい人は販売日に並ぶことになるので、行列が伸びる、か。
Appleとしては米国以外では認知拡大のために、より盛り上がりを演出したいのかも。

CydiaアプリxGPSでオフライン地図に

iPhoneアプリでMapFanが地図をオフラインで使えるようだが、確かあんまり評判がよくなかったようなんで、CydiaアプリのxGPSを試してみた。
iPhone使っていると最近はあまり地図のニーズがないんだが。

xGPSをiPhoneにインストールする。
バージョンは1.2.10だった。
iPhone 3GSにインストールしたが、インストール後の再起動では画面真っ白だったんで再び再起動したら、ちゃんと動いた。
xGPSアプリは日本語対応してるので設定もすぐわかるだろう。

オフラインで地図を閲覧するには、パソコンでデータをダウンロードしてからWifiでiPhoneに転送する。
だいたいの目安で、本州の東京で、ちょこっと埼玉とか千葉とか神奈川とかも入って約500MBくらいあった。

MacにxGPS Managerをインストールする。
今回はオフライン地図データを取得したいんで、Manage mapsのボタンをクリック。
その前にSettingsのボタンをクリックして、日本語設定など他メボしいものを有効にしとく。

Maps Managerのウインドウが開くので、Download a mapのボタンをクリック。
すると世界地図になるので、左クリックして移動させて希望の位置にして、右横のスライドでズームしていく。
欲しい地図の部分を選択するのは、Add a regionのボタンをクリックしてから、地図の選択したいところを順に右クリックしていくことで直線で囲えるようになる。
最後は起点を右クリックする。
これらは赤色で表示され、最初にダウンロードしたのは黄色の選択範囲となって残るようになり、以前の選択範囲もわかるようになっている。
地図の選択範囲をやり直すには、Macのescキーでウインドウごと消してたが、他にも何か方法があるんだろう。

選択できたら、Download a mapsのボタンでダウンロードできる。
ボタンをクリックすると、最初にダウンロードサイズを確認してくるので、あまりにサイズが馬鹿デカイならやり直せばイイし、よければ続ける。
さらに17の段階の縮尺の地図のどの段階をダウンロードするか選択できる。
画像はiPhoneで閲覧した時のもので、1〜7までをダウンロードしたので、8の段階が表示できてない、の例。
実用上は7以下で問題ないと思うが、ダウンロードしなかった段階の非表示縮尺は、段階を変化させても機能しないのでバグっぽいので、17まで全部ダウンロードすればいいと思う。
ダウンロードが終われば、次はiPhoneへ転送する。
iPhoneのWifi IP Addressを確認しておく。
まずは、iPhoneでxGPSを起動し、設定から、無線転送を選択。
Macでは、Maps Managerのウインドウに戻り、Send to deviceのボタンをクリックして、iPhoneのWifi IP Addressを入力すれば転送してくれる。
ここら辺は、うろ覚え。
IPの入力は一度入力すれば、Settingsの項目で転送するiPhoneを記憶できる。
これで転送完了。

iPhoneでxGPSを起動すれば、オフラインで閲覧できるようになっている。

2010年5月11日

東京都書店商業組合はデジタル情報を排除してきた、らしい

私がいうのも何だが、毎日.jpは毒を吐きたいのか、媚びたいのか知らんが、これがツンデレっていうんもんですかね。
http://mainichi.jp/photo/news/20100512k0000m040017000c.html
特に以下、

大橋理事長が「今まで紙の本を商う書店としてデジタル情報は排除してきたが、きょうを境に電子書籍にも取り組んでいきたい」

これは何の懺悔をして、誰に喧嘩を売ってるんだか。
排除してきた、って危なすぎだろ。
よく知らんが、排除したっていってんのは、日本市場を撤退したSonyとかPanasonicのことか。
普通は何もやってなくても、取り組んでこなかった、くらいは言えよ。

電子書籍に関しては、毒づく大手メディアが沢山いるので面白い。

追記
SonyとかPanasonic、ではなく出版社の電子書籍か。

iPadの販促

iPadのSIMロックは、世界的にも日本だけなんだな。
Twitterで目の端には捉えていたが、ほぼ無視していた。
http://blog.sohaya.com/2010/05/11/why-did-apple-forgive-sim-locke-of-ipad/
一方で、SIMロックという特例のためには周囲も納得させる条件が必要だろう。
ソフトバンクにもiPadの販売成績にはノルマとは言わないまでも、これくらいは売るみたいなアプローチをしているとか、今後のSIMの件とか何らかの条件交換をしているのかも。
そうすると、ソフトバンクもiPad販促のために、初期需要が落ち着いたところなどで新しいiPhoneと一緒ならとか訳分からんこと言って、何らかのコストメリット企画を出す、と考えてみる。
iPadを電子書籍リーダーとしてみると、日本市場ではSonyやPanasonicが撤退している厳しいところだが、iPhoneの時のようにまたソフトバンクが独自の製品作りとか、そこまでヤってんのというくらいゴリゴリ動いてくるかも。

ソフトバンクは、ヤルことナスこと、いちいち手法が汚いんで好きになれないが、iPad普及に関してはとりあえず期待するしかないんだろう。
もうドコモはビッグマウスだけのようだし。

iPadの予約は盛況のよう

ネットの報告をみると、iPadの予約数は結構あるんだなと思い始めた。
どこの大手サイトも褒めて恐れてと忙しそう。
しかし、この予約というのは販売窓口の当日の混雑を緩和させるくらいの意味しかないようで、予約から発売日まで2週間程度だと生産調整に役立ったりはしないのか。

量販以外なら、店頭販売だと5月28日分は売り切れても、バックヤードには5月29日分の在庫はあるんだろう、もしくは5月29日分はあっても少しか、入荷待ちになるかも、と。

既に米国版iPadにドコモのSIMを挿して認識したというレビューもあるようだけど、iPad輸入組の企業は軒並みほぼ沈黙しているし、日本発売までは個人のレビューにも期待したい。
というか、予約分売切とかより、こうしたレビューにアンテナはっていたい。

2010年5月10日

iPadの販売店の少なさ

iPadを販売する、Apple Storeとソフトバンクと量販店、これらはかなり限られている。
ということで、該当している店はiPhoneが売れているところ、もしくは大都市という区分だと考えてみる。
すると地方でiPhoneはほとんど売れてないと再確認できるとみる。

追記
さらにiPadの販売数にもかなりシビアに考えているのか、とも。

CydiaアプリFakeLocationでradiko.jpの在阪局を

iPhoneアプリにradikoの公式アプリ、radiko.jpがリリースされている。
FM802が聴きたいので、CydiaアプリのFakeLocationを使ったら、東京なんだが在阪局が聴けた。
radiko.jpをインストールする。
FakeLocationを起動してradiko.jpを選択、一番下のChoose Fake Locationボタンを押す。
押したらMapビューになるので、希望の位置にSetする。
Closeする。
radiko.jpを起動して画面上に一瞬だけYour location云々とでて希望の局が聴けるようになる。

FakeLocationを機能させないで、最初にradiko.jpを起動してしまうと普通に現在の位置情報を取得してしまう。
その時は、radiko.jpアプリを削除し再インストールでいけるはず。

追記
視聴は変だ。

日本のiPad販売台数を考えてみる

日本でのiPad販売台数をiPhone販売台数との相関で無理矢理数字にしてみる。

iPhoneの累計販売台数は5000万台、日本のシェアを5%とすると250万台。
米国のiPad販売一週間が45万台なんで、日本でのiPad販売一週間の台数は2.25万台と計算してみる。
しかし、日本のiPhone販売台数が伸びたのはソフトバンクが手を打った後だし、iPadの米国との温度差や現状の供給不足などなどを考慮すると、1万台を超えればスゴイ話なんじゃなかろうかと。

ソフトバンクもiPadの初期需要が落ち着く頃を見計らって何らかの販促をうってくるんだろうが、次のiPhoneもあるし話題自体は尽きない。
話題は尽きないけど、買わせるためには何か手をうたないといけない。
買わせるために手をうたなくてもいい程に捌けたら万々歳なんだろうが。

追記
また計算を間違えていました。

iPhoneの累計販売台数は5000万台、米国のシェアが50%で2500万台、日本のシェアが5%で250万台とみる。
ということで、米国のiPad販売一週間が45万台なんで、日本でのiPad販売一週間の台数はその10分の1の4.5万台と計算してみる。
しかし、日本のiPhone販売台数が伸びたのはソフトバンクが手を打った後だし、iPadの米国との温度差や現状の供給不足などなどを考慮すると、日本でのiPad販売は一週間で半分以下の2万台を超えればスゴイ話なんじゃなかろうかと。

2010年5月9日

iPad発売で気になったこと

iPadの詳細が本当にやっと分かった。
オプションの値段とか、一緒に予約できるのかとか、実機展示はいつからなのか、とか知りたいこともまだまだある。
ケースやスタンドなどサードパーティー製品も賑わってほしいもんだ。
購入時は、3Gモデルがクレジットカード決済とかはiPhoneと同じだろうが、店舗によっては料金オプションへ強制的に加入させられるとか、またあるんだろう。
ソフトバンクが徹底できる話でもなさそうなんで、どうなることやら。

おそらくiPadは、早々に中古市場を賑わせるんではなかろうか。
利用スタイルに未知な部分も多く、購入者も手探りだろうし。
その意味では実機を触れるようになってから、iPadはちゃんと選ばれていくのか。
中古を購入するなら、米国版か日本版かをちゃんと判別しないとイカン。
Appleの整備済み製品にWifiモデルが出るのはいつごろなのか。

2010年5月8日

日本版iPadのSIMってどうなってるの

iPadの価格が発表されてた。
第一感は、想像していたより安い。
米国、カナダを除くと、何だか製造地の中国から遠くなる程に高騰しているような気もするが。

あとはSIM。
ロックされてるのかどうか。
関心が高いのでスグに事情は判明するんだろうが、既にロックされてるっぽいような話が多い。
米国版iPadを日本通信が試して使えるようだが、日本の仕様ではどうなっているのかが大事だろう。

しかし、ドコモの対応を振り返るとAppleとはマトモに話が出来ていなくて、一般人並みの噂をあてにしていたように、結果的にそうみえる。
Appleと話をしていればスグわかりそうなことだと思うが。

これで結果的に日本ではSIMを差し替えて使えない仕様だったりしたら、情報というより噂を固めて社長に発言させた奴や部署は、かなり使えない、と過激に思う。
さらに、この情報の経緯や裏も確認せずに発言する社長も、市場を煽っただけになり、煽りたかったんなら別だが。
でも実際は、ドコモもAppleとちゃんと話をしているんだろうし、iPadのキャリアがソフトバンクなんだけど、実はSIMを差し替えても使えるという裏もとっているんだろう。

ドコモがAppleと話が出来ないなら、ソフトバンクの人の腹が笑い過ぎて筋肉痛になってないかを知る方がイイ。

追記
製造地から遠くなる程、という部分は間違ってた。

追々記
iPadのSIMロックに関するドコモのコメントをみたが、あれは単なるiPad需要抑制のための発言だな、とも考えてみる。
そうだとすると、大衆性を利用したムカつく方法だ。
しかし、Apple相手の商売で、未来の製品を示唆する発言をしている時点でほぼブラフ。
かなり厳密な守秘契約があるらしいし、その契約を守っていたソフトバンクは沈黙しきりだったことを考えれば、腑にも落ちる。
iPadのキャリアに、というドコモの発言がiPad需要抑制作戦だとしても、最近の携帯台数などの単純な大衆的イメージの勢いからすると、ドコモの惨めさを上塗っていくのと引き換えだろうに。
わざわざ日本のiPadをSIMロックにしたソフトバンクは、消費者からしたら褒められたもんではないが。

iPadのケーブルはiPhoneと同じか

iPadの発売日は5月28日。
ビックカメラなどの量販店で販売するようなんで、ポイント目当てなら量販か。
しかし、各国版iPadの価格は公開されているようだが、日本ではまだ価格の発表はない。
黒く勘ぐると、相当なまでに高値設定されているんではと。
高いんでブーイングが醸成されないように直前に、と考えてみる。

そういえばiPadで修正してほしいミクロな点があったが、iPhoneと一緒のようなんで。
これはiPhoneの純正のUSBケーブルだが、ケーブル被覆の耐久性がよろしくない。
多分に漏れず、私のもコネクタの根元の被覆が割れて中のメタル線が見える状態だ。
画像のケーブルは何ともないが、撮影のために傷口を広げたくないので手垢のついたマグロな荷姿のまま。

iPadのケーブルもiPhoneと同じもののようだし、残念。
iPhone 3Gの時はArvelの20数センチ程のケーブルを使っていた。
が、短すぎて充電中にiPhoneを使いづらいので、iPhone 3GSからは純正ケーブルを使っていた。
この純正ケーブルの耐久性がよろしくないという報告はかなりの数だと思うんだが、あんまり報告されてないのかな。
放置されてるようだけど、後々わかることなんでね。

2010年5月7日

Firmware 3.1.3 AppでSHSH認識してたが

暑い。
MacBookを膝にのせててもiPhone触ってても、汗かく季節になっているのか東京は、早くねぇか。
Apple製品で季節の変化の再認識を得るというのは、付き合いの長い人にとっては当たり前のことらしい。
背面メタルのiPodを、夏でもやせ我慢して持ち歩いていたのを思い出す。
もうiPodはshuffleしか持ってないが、Apple製品と肌を付き合わすのが億劫になる季節がはじまった。

iPhoneのカメラロールを漁って目的の画像を探していたら、CydiaのSHSHで3.1.3を取得している画像が。
5月1日くらいのスクショか。
今のiPhone 3GSはOSが3.1.2だが、そういえばFirmware 3.1.3 Appを有効にしたままCydiaを起動していたよう。
いろんな対象を欺けるんだな、と感心した次第。
未だにOSを3.1.3にする気もないので、Firmware 3.1.3 Appで認識したSHSHでも有効なのか知らんが、とりあえず放置する。

2010年5月6日

iPhoneアプリ、ケイオスリングス

iPhoneアプリのRPGゲーム、ケイオスリングスに取り組んでいる。

iPhoneアプリのRPGは、FFⅠとFFⅡをクリアしてから、他にも手が伸びた次第。
ケイオスリングスは、iPhone 3GSでプレイしてるが簡単操作と軽い動作、据え置きゲームと違うライト感がイイ。
特に戦闘終了後にHP回復と状態異常の回復をしなくてイイので、進捗のテンポが気持ちイイ。

シナリオは、エッシャー、イルカ、アユタ、オーガの順で進めるのが、難易度的にもよいんではと。
まあ、アユタとオーガ以外はどっちが先でも後でもエエとは思うが。

ちゅうか、シナリオは100%で終わらへんのけ。
ちょっと緊張もキレたので、これ以降は手をつけてないが、想像するに事後の動画モードなのかどうか。
暇をみつけてやる。

Google Editions

GoogleがGoogle Editionsという電子書籍の販売を近々始めるようだ。
確かSony、Barnes&Noble、Amazonだっけかは、今後もGoogleの無料もの売りにできるのかどうか。
AppleはiTunesソフトやiPad、iPhoneなどの専用端末が必要だが、このGoogleのが普通にネットのブラウザ越しに販売されるというなら結構便利だと思うんだが。

しかしパソコンで電子書籍をみるニーズが顕在化するわけでもないだろうし、今iPadが注目されてるハードの話としてはズレがありそうだ。
といっても再びGoogleがNexus oneのようなモノを売り出すなら、Appleをはじめとする競合から笑い声が聞こえてきそうだが、どうなるのやら。

何にしても電子書籍の販売の方法と、利用の仕方が注目されるところだろう。
詳細が分かったらズッコケルかもしれないが、数ヶ月後のようだし。

2010年5月5日

VMware Fusion 2が値下げ

VMware Fusion 2が値下げされている。

VMware Fusionの最初のバージョンから使っているが、Windows 7に投資したくないんでVMware Fusion 3は購入しなかった。
VMware Fusion 2はあまりハードな使い方をしていないのもあるが、不具合が起きたこともなく問題なく動作している。

しかし、なぜ最新の3ではなく2の値下げなのか。
すぐに思いつくのはシェアが劣勢だからか、と。
そんでAppleの四半期決算発表の後ということもあり、出血サービスをしてもヤランといかん、もしくはやれる見通しがあるんだろう。

Windowsの3D的なゲームができるならVMware Fusion 3もアリなんだが。

落着した技適

技適マークの件が落着した模様。
http://rdp.blog52.fc2.com/blog-entry-2828.html
当事者でしかも議員という恵まれた状況なんで、物事がサクサク進みますね。

しかし、Appleは普通に日本版を発売するんだが、今回わざわざ技適マークのために動くのかどうか。
Appleが動かないと、マークがない米国版iPadの無線機能を日本で使うのはダメっぽい。
Apple社内で対応チャートまで織り込み済みなら、騒いでも仕方がないが。
対応が決まってないなら、まずAppleにおいては、米国版が日本へ輸出販売されている現状をどんな感情で捉えているのか、によってアッサリと事が進退しそう。

実際は、iPadよりも今後新製品の多いAndroidスマートフォンで技適マークの対応が進めばイイとは思う。
日本発売のAndroidスマートフォンなんぞ、ほんの一部なんだし。

2010年5月4日

iPad、iPhoneがJailbreakできるSpirit反響大

http://japan.cnet.com/blog/kurosaka/2010/05/04/entry_27039631/
要するにインフラ整備に要する費用を税金でやらせようとしているんであって、ソフトバンクはメリットを享受できる企業だから、というのはサルでもわかるが。
そもそも政治活動のためのビッグマウスの1つだろ、というオチが笑えた。
Jailbreak関係はSpiritが公開されてサーバーが一時的に利用できなくなったようで、反響はかなり大きかったようだ。
サーバーの規模は知らんが。
Spiritのダウンロード数でも報告されたら、Appleが余計に神経質になりそう。

SpiritはJailbreakの簡易版にあたるのかどうか。
PwnageToolと比較すると、いつものごとくパーティション設定がない。
PwnageToolのようなのも、この後にでるのかどうか。

まだiPhone OS 3.1.2なんで3.1.3にしようかどうか、いまだに迷っているところ。
もうiPhone OS 4はおよそ2ヵ月後だろうしね。

iPad100万台とのこと

iPadが売れまくっている、米国で。
発売1ヵ月で100万台。
CydiaがインストールできるJailbreakも可能になってるし、米国のエンドユーザーにとってはこれからが楽しい時だろうと察する。

iPadを購入するならWifiの16GBモデルだが、今のところは興味失せ気味。
Jailbreakレビューをみながら衝動が起きるのを待つとする。

2010年5月3日

iPadもiPhoneもJailbreak、Spirit

寝て起きたら、Jailbreakの報告が。
http://spiritjb.com/

速いね。

フェイクが多いiPadのJailbreak

いろいろと複雑な上に、日本仕様はどうなるのやら。
http://blog.sohaya.com/2010/05/03/docomo-ipads-limit-sequel/

iPadのヤフオクはGWに入ってから一気に入札が減り、トーンダウンしている。
5月10日から予約が始まるので、さもありなんだが。
今後、日本で正式に発売が始まってから、米国版iPadの売れ残りが日本版と偽って売られてたりしたら、と怖がってみる。
技適マークの件が進捗すれば問題ないが。

iPadのJailbreakは既に実証されているものの、いわゆるCydiaを含めたパッケージでのインストール環境はまだ公開されていないようだ。
というのも、以前もあったがJailbreakできないフェイクがちらほらと出ているようで。
私も騙された輩の1人で、噂に釣られました。

2010年5月2日

Mac対応リッピングソフトFairmount

0SExも今や昔、Fairmountなどなどの便利なMacソフトがあるんだな。
ここらへんの分野は大分ご無沙汰だったんで今更ながら気付いた次第。
FairmountはVLCをインストールしてないと使えないが、操作は非常に簡単。

DVDをMacに入れて、Fairmountを起動するだけでいい。
ちょっと待てば、DVDディスクのアイコンが、イメージファイルをマウントした時のアイコンになる。
これでプロテクトが解除された状態でファイルを扱えるようになるので、Macへのコピーもできる。

シャープIS01ってどうなの

日本で米国版iPadを購入した人達は、技適マークの件が進捗しない場合は、日本版iPadを買い直すのか、日本版iPadを買った振りをするのか、開き直るのかなど、愚にもならないことを心配してしまう。

auのAndroidスマートフォン、シャープのIS01のレビュー。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/01/is01/index.html
操作性に関してはXperiaやHTC Desireと比べても明らかに見劣りするだろうし、何を突っ込まれるか想像できない訳でもなかろうにと思う。
筐体やキーボードは案外チープな作りのよう。
誰がドンマイって言ってるのか気になるところだ。

2010年5月1日

OneTVをMacで使っていて気付いた点

AppleとAdobeのFlash問答はまだやってるのか。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/30/news029.html
特にAppleがMacソフトの件にまで言及しているところは、担当者レベルとかでAdobeからAppleにMacソフト開発について過激な脅しでもかけられているんだろうと、黒く邪推する。
こういう駆け引きは、従来の取引があるところなら従来の取引からプレッシャーをかけていくのも当たり前といえば当たり前だわな。
Appleは動じてないどころか四角四面の文言からも、ウゼェなAdobe、ってな状況になってて、そろそろAdobeの引き際が見所になってもいいんではと。

Macでワンセグを視聴するOneTV。
iPhone所有だが、iPhoneにもソフトバンクからバッテリー付きのワンセグチューナーが発売されているが、何故選択しなかったのか。
理由は、iPhoneはスマートに使いたい、iPhoneだと画面サイズに物理的制限がある、ワンセグ機能に拘束されたくない、くらいか。

iPhoneはスマートに使いたい。
余裕がある時に持ち運ぶiPhoneのオプションは、エネループのKBC-L2AS、純正ケーブル、
AC電源アダプタだけなんで、できればこれ以上増やしたくない。

ワンセグ機能に拘束されたくない。
家にテレビがないし普段からテレビを観る習慣がないので、頻繁にチェックするiPhoneでワンセグは使いたくない。

OneTVをMacで使っていて気付いた点。
OneTVをMacBookのUSBポートに挿すと、MacBookの残り1つのUSBポートはちょっと使いづらい。
iPhoneの純正ケーブルを挿してみると、どちらか一方は最後まで挿しきれない、けど問題なくどちらも使える。
他、本体バッテリーのみでMacBookを使っている時、OneTVでワンセグを視聴していると、DVDプレーヤーソフトと同様に強制的に画面の省電力設定をオフにしてくれる。