ページ

2010年4月30日

これテレビのCMスポンサーって、マジですか

OneTV MT-101FをiPhoneアプリのTVPlayerと連携させ、Macで録画したワンセグをiPhoneで観ることにチャレンジした。
が、結果的には出来なかった。

ググってみると、理由はおそらくiPhoneをJailbreakしてるから、らしいが本当のところは不明だ。
iPhoneアプリのTVPlayerを起動させると、最初にコンテンツ保護に異常が云々と警告された。
警告されたが、Mac側のOneTVで録画したものは、iPhoneにダビングつまり転送まではできた。
iPhoneへ転送できるが再生できない。

いざとなったらiPhoneで再生できる映像と音声のフォーマットやらから変換でもなんでもして頑張ってみようとは思う。
しかし普段からテレビを観ないので、もうテレビを観る習慣もないし、サッカーW杯がMacでだけでもいいし観れたら問題はない。

いろいろ試している中で、テレビの番組表に黄金伝説やぐるナイをみつけたんで、まだやってんのかよと思いつつ観てしまった。
それよりも衝撃を受けたのは、テレビのCMスポンサーってかなりスサんでるな、と。
何だか現金もってる裏世界の住人が表の世界を浸食し始めたフィクションの前触れみたいに思えて、ちょっとカルチャーショックだった。
これでニュース番組とか製作してても発言力とかは皆無だろうに、いや本当に今更な話だろうが笑えねー現実だな。

iPadが欲しいのか

Jailbreak関係は1呼吸おいてから関わるようにしていたが、今回は手拍子で反応してしまった。
嘘というのは、その内容よりも状況や意図を見極めるのが大事とかなんとか言ったのは誰だったか。

勉強になります。
http://blog.sohaya.com/2010/04/29/docomo-ipads-limit/
SIMフリーだと、Appleがキャリアから具体的なメリットを引き出すことができないなと。
例えばSIMフリーでソフトバンクからiPadが発売されて、ドコモがmicroSIMを発売しても、エンドユーザーにはキャリアを選択できるメリットがあるがAppleにはドコモから得るメリットがない、と考えてみる。
Appleは自らの端末やシステムをネタに、関わる輩からはケツ毛の1本でも多くムシリ取ろうとしている傾向にあるようなんで、大要はAppleのメリットを軸に考えてい良いんだと思っている。

iPadのネタには関心がある一方、私としてはiPad熱が冷めつつある。
しかし理由が発売延期というのでは、まるで子供が泣いてるのの裏返しみたいな行為だなと省みたりしている今日このごろ。
さらなる理由として、米国ではiPadが優れたビューワー端末である、という意見に着地していることも1つあるかなと。
やはりミニマムなものがね。
いや、本音はAndroidスマートフォンか。
しかし、好みでいうとXperiaよりもHTC Desireなんでソフトバンクの2台持ちはかなり実用的ではない。
気持ちの整理は難しいが、iPadが欲しいことには間違いない。

2010年4月29日

ドコモがmicroSIM

ドコモがmicroSIMを発売するよう。
http://rdp.blog52.fc2.com/blog-entry-2820.html
どうも私は認識違いをしていたようなのが、当該ブログを読んでわかった。

ソフトバンクにとって、microSIMに対応しないという選択はありなのか。
Appleとの契約云々が絡むと、普通にできることなのかどうか。

何にしてもSIMフリーの業界をいち早く体感できるというわけだろう。

ワンセグチューナー OneTV MT-101F

Macで使えるワンセグチューナー、OneTV MT-101F DX版を購入した。
目的は、せめて日本戦だけでもサッカーW杯を観るため。
マキエンタープライズの直販サイトを利用し、徳島から東京まで注文翌日に到着したが、不在だったんで受け取ったのは3日目になった。

Mac、東京の地理、住居環境はそれぞれだろうが、私の環境では問題なく視聴できる。
使用してるのはMacBookでMB467J/A、OSは10.6.2、メモリは2GB。
OneTVという専用プレーヤーには、携帯みたいな電波受信状況5段階表示があり、MacBookをいつも使う場所で常に5か4。
外部延長アンテナなど込みのDX版にしたが、電波が拾えているので幸か不幸か使わずに済みそう。
といっても曜日や時間帯で環境も異なるだろうし、今後どうなるかわからんが。
画面表示を2倍にしてもバッファで途切れず、一番多用しそうなSafariの同時使用程度ではOneTVの視聴や動作に問題はない。
これを機会にMacBookのメモリも4GBは必要かと覚悟していたが、大丈夫だった。
明日か明後日にはサッカーの試合があるようだが、ちゃんと観ることができますように。

まだ視聴だけしか試してないが録画、予約録画、iPhoneへ転送しての視聴なども今後試していきたい。

2010年4月28日

待ちすぎてiPad熱も冷め気味

HTC Desireが発売されたが、予約台数は公表されてない。
あまり余裕をもって調達してないのか。
しかしAndroidスマートフォンは次々と新しいのがでるね。

iPad発売まで日がありすぎてiPad熱がだんだん冷めてきた。
GW開けに予約がはじまるが、わざわざ買う必要あんのかと考えるようになり、次期iPhoneの発売日と近いことから興醒め感もでてきた。
当初の予定とは違うが、iPhone OS 4が適用されスペックアップされた次期iPadでもいいかなと思うようになってきた。
次に衝動が起きるのを待つとする。

せめて技適マークの制度変更をちゃっちゃとやってもらわないと、iPadが公にあんまり露出されないまま日本発売になり、話が有耶無耶に消え去りそうだなと。
iPadを先行して購入した人達も、中途半端なことしかできないので不満だろうに。
ネットは発言力を増してきたが、ケツを叩く実行力はね。

iPadに無理矢理関心をつけるとなると、iPadのJailbreakで、Cydiaアプリの完成度がどの程度なのかという点。
各アプリがiPadのためにデザイン変更してるなら大変な作業だとは思うが、どの程度使えるアプリがあるんだろうかと。
あとはMacソフトのiPadへの移植がどの程度進むのかという点。
他、確かにゲームアプリは、iPadでも改めてチャレンジするのは面白そうに思う。

とりあえずiPadの情報だけは追っていきたい。

2010年4月27日

第9地区

映画、第9地区を観てたので、今更だが感想を。
第一感は、ブレアウィッチプロジェクトの超豪華版、というイメージを抱いた。

映像的にデジタル感をあまり感じさせないデジタル処理がされた映像は普通に違和感なく、結構前のめりになった。
最初、ヴィカスについて語る人達の個人インタビューが長いと感じる程に続くことで、結末がだいたい想像できる。
後半は、舞台にされた地域はこんな演出を受け入れていいのかよ、と思ってしまう。
しかしリアルさを演出する細部状況へのこだわり感、スピード感、などなどは見応えある。

最後のワンカットはファンタジー溢れる光景のため片肘ついてたらズッコケルかも。

2010年4月26日

iPadもJailbreak、LimeRa1n

これは6月末ってだいぶ先だな。

追記
4月30日ですか、はやとちりでしたか。

追々記
えっ、嘘なのけ。
騙されました。

Macの流通量 続

AppleがMacのネット販売を整備している。
http://ameblo.jp/gogo-machead/entry-10499125954.html
によると既に3月から当該業者には通達され選択の判断を迫っていたよう。

当該ブログをみて、当時の私はMacの流通量減少やそれによる価格下げ止まり、中古業者の台頭などを考えたが、さらにMacのネット広告減少もあるなと思った次第。

特にMac系のアンテナサイトであるMacお宝鑑定団やAPPLELINKAGEなんかは広告減少も影響するだろう。
しかし、こういったサイトは3月から当該情報を把握していてもおかしくないと思える。
知らなかったともいえるが、特に広告が入っていたら広告枠を買った当事者から契約変更や終了の通達があるし、見知った業者がいればすぐに分かっていた話だ。
黒く勘ぐってもいいが、やめておく。

この動きは、要するにApple本体のMac関係の組織の整備や縮小か、Macの業務用注力の一環か、Appleの禿鷹行為か、などなどがあるだろう。
米国の制度が日本にも適用されればスグに復活するかもしれない話ではあるが。
要するにiPhoneやiPodの相乗効果で、Macは宣伝せずとも販路を拡大しなくても売れる、という判断なのか。

これでMacを安く購入できるのは、展示機の処分時や、世代交代時の在庫処分時の流れ品、アウトレットなどになるか。
契約上でいろんな縛りがあるとすれば値下がり品に出会うのは難しいが。
何にしても抜け道はあるんだろうし。

2010年4月25日

iPod touchの噂

最近はiPhoneアプリのアップデートが結構あって、アプリが2000くらいあったら、1日に10以上は普通にアップデートがある。

iPod touchのプロトタイプの噂まで出ているが、肝はカメラ搭載のよう。
カメラで撮ってすぐメールなりに添付して送信できるのがモバイル端末らしさとは思うが。
その点、iPod nanoはカメラをスッ飛ばしてビデオカメラ搭載だが、この評価というのはどの辺に着地しているのか、周りにはiPod nanoを使っている人もいないし、よく分からない。

ゲーム機メーカーにとっては、iPod touchやさらにiPhoneという方向性は必死こいて取り入れたいんだろうが。
既にiPod touchは、目の端に入ってくる目障りな奴ぐらいに認識してるんだろうし、日本的にはその他機能が充実されるのも厄介といえば厄介だろう。

かなり久しぶりにiPod touchのサイトをみたが、8GBモデルで19,800円なのな。
iPhone OS 4が適用されるのか知らんし、次には8GBモデルがなくなっているのかも知らんが、バッテリーを著しく消費するゲーム用途のためにiPhoneにプラスしてiPod touchの購入を検討してもいいかも、と思い始めた次第。
そのためにiPod touchはゲーム用にスペックを強化してほしい気もするんで、株、天気、マップのアイコンもイラんし、薄さも今の約1.5倍くらいあってもいいからバッテリー持続を伸ばしてほしいもんだ。

2010年4月24日

HTML5ゲームAkihabaraをiPhoneで

AkihabaraというHTML5のゲームがiPhoneでも動くということで試したら動いた。
http://www.kesiev.com/akihabara/
非Jaibreakでも動く。

そういえばiPhoneをJailbreakしてるのにSafariを全然カスタマイズしてないのに気付いた次第。
Akihabaraをインストールしようと思いiPhoneのSafariを立ち上げてみて、しばし呆然とした。
OSが3.0以前の時はカスタマイズしてたはずだったんだが。
普通にBookmarkletを10程入れてるだけだったんで、これならJailbreakしてなくてもいいし。
つまり、これまでSafariで何かをダウンロードしようとしなかった、ということか。

ダウンロード関係のCydiaアプリは今度思い出したら手をつけようと思いつつ、MacBookに眠っていたiPhoneアプリのDownloaderやDownloadsでダウンロードしてみたが、akihabara-1.1.zipは解凍できなかった。

仕方ないんでMacBookでakihabara-1.1.zipをダウンロードし解凍。
解凍したのをAir Sharingへ転送。
Air Sharingで任意のhtmlファイルを開いたら動いた。

スクリーンショットはシューティングゲームのSolitude。
操作性は問題ないが、ゲームバランスという点で敵の玉が速すぎるので激ムズだ。

2010年4月23日

NetWalker、PC-T1シリーズってどうなの

シャープのNetWalker、PC-T1シリーズが発表されてた。
第一感は、最初に発売されたNetWalkerの購入層の分析してんのか、コミュニティーと会話してんのか、と疑問に思ったが、要は売れてないんだなと。

最初のNetWalkerが発表された時、あの中途半端なディスプレイは意味不明だったが、この前触れだったと考えると、益々よく分からん。
因果関係があったのなら、見抜けなかったなと。
当時はキーボードが貶されまくっていたが、そのキーボードはなくなってしまった。
思いついた時にすぐタイピングできるのが売りなんで、Zaurusみたいにディスプレイ反転は採用してないといってたが、今回のは明らかにZaurusでディスプレイ反転させた時と同じで物理キーボードもなくなってるよな。
UbuntuのOSも意味がわからんし。

最初のNetWalkerのコンセプトから想像できない派生に思える。
今頃は、筐体サイズそのままでディスプレイを広くバッテリー持続を伸ばし、さらに打ちやすくなったキーボード、といった具合にポメラばりに進化していくもんだと思うんだが。

しかし大企業にありがちだが、昨今の市場動向を気にしタッチインターフェイスのディスプレイ動向の探りとして、どこの誰が言い出したのか、どこから舞い降りた話なのか知らんが、やってるだけだろうとは思う。
とりあえず電子ブックリーダーとして、金がかからずさっさと売り出せそうなものとして目をつけられたんだろう。

2010年4月22日

CydiaアプリFirmware 3.1.3 App

iPadのヤフオクを眺めていると、おおよそ最低でも1.5倍以上の値段で落札されているようだ。

日本発売より先に手に入れた人達は、iPadで何をしているのやら。
技適マークの件で結構沈黙してしまっているが、当の技適マークはどうなったのか。

今のiPhoneのOSは3.1.2のままにしている。
だもんで念のためCydiaアプリのFirmware 3.1.3 Appを入れている。
Firmware 3.1.3 Appを適用して3.1.3以上を要件とするアプリをiPhoneにインストールして、その後Firmware 3.1.3 Appで3.1.2に戻しても3.1.3以上を要件とするアプリはそのまま使えた。
さらにiTunesに接続したらどうなかは知らんが。

2010年4月21日

Apple2010年の新製品

Appleの第2四半期の業績発表内容が凄い。
業界の人からは、Googleがモバイル事業は黒字ですと言い放った以上に、ドン引きされてそうだが。

基本的に未来のことは語らないApple。
今年はiPadの発売、次期iPhoneの発売、iPhone OS 4の発表と十分に凄い年だが、これ以上か知らんが、さらに新しい製品が登場するよう。
これ以上何かあるなら、ぜひ驚きたいもんだ。

で、新しい製品を想像してみる。
AppleはiPod以降、既存市場、既存製品のリファインでファン層を拡大している。
こういう視点と、さらに手堅い視点として、iTunesに紐づけられる製品、タッチインターフェイスな製品をベースに考えてみる。
既存ラインナップのリファインもあるだろうが。

まず既存市場のものでiTunesに紐づけられるものとなると例えば価格.comを眺めて、生活家電はないな、と消去していくような感じになってしまう。
安直すぎるが消去法で残りそうなのは、Macソフトとも関連するし製造の敷居が低くなった一眼デジカメとかコンデジやビデオカメラ、ネットにコンテンツ利用も見込めるテレビ、コンテンツが利用できるゲーム専用機。
これらをリファインし、タッチインターフェイスも絡めたりする。

ここまできて結構馬鹿らしくなってきたが。

Appleの現在のステージはというと、しこたま儲けてはいるものの、iPod以外は市場を席巻していないのでApple製品の更なる普及が必要な立場といえる。
しかし、諸々の製品が猛烈に売れている状況で、値下げ商品や普及のための低価格戦略品を出すはずもなく、それは競合が図らずもやってくれるんだろうから売れている間はAppleも低価格戦略品は様子見だろう。

特に、今やタッチインターフェイスデザインが市場に受け入れられて市場を先導できている。
OEMを認めないAppleにとって事業拡大というのは地道な業だ。
新製品で市場を開拓し既存ラインナップのリファインでコツコツと売り続けるしかない。
しかし今の事業サイクルはこれが波に乗った形なんで単純に猛烈に売れて囲い込みが機能している。
波に乗れている今だからこそ、さらに新しい企画で囲い込みの輪を広げなければならないともいえる。

一方で、事業基盤がMacからモバイル関連にシフトしている。
だもんでMacにおいて、新しいことを試すイイ機会でもあるので、私としてはMacのタッチインターフェイス絡みの新製品を期待したい。
どちらかというと、最先端技術を採用したデザイン製品に挑んで欲しいが無理だろうし、噂としてはiTunesでチケット販売とか、電子決済システムとかもあるよう。

滑り落ちるAppleモバイル製品

Apple Headphones with Remote 交換プログラムがAppleから発表されている。
iPod shuffleの第3世代ということで、手元の2つは見事に対象外だった。
iPhoneではiPod機能を使わないが、最近はiPod Shuffleも使わなくなっている。
iPodは第2世代から使い始めたのか記憶もぼんやりしているが、これを便器の中に落としたのはよく覚えている。

Appleのモバイル製品の中で、落下の心配をしなくていいのは後にも先にもiPod shuffleだけだろう。
今騒がれているiPhoneの荷姿だったら、ストラップホールが実はありました、といわれても不思議には思わないんだが。

2010年4月20日

噂のiPhone 4G

iPhone 4Gの噂。
筐体をみた第一感は、数多いタッチインターフェイスのスマートフォンとデジャブ感があるなと。

しかし、この時期にプロトタイプというのは考え難く、外に持ち出せる程に重要度の低いものとも考えられる。
解像度が上がるとは思えないし、筐体デザインもここまで変わるとは思えない。

でも、これが本当なら、ここまで変化が多いとなるとAppleの気合いの程も伺えるというもんだが。

Blogger Template Designer変更の覚え書き続き

Blogger Template Designerを適用して、Attributionヴィジットを削除した。
したが、レイアウトのフォントと色の項目でカスタマイズできる。
できるが、レイアウトのテンプレートデザイナーの項目からは、操作できなくなる。
もっとスマートな削除の方法があるんだろうが、知らん。

2010年4月19日

Blogger Template Designer変更の覚え書き

Blogger Template Designerを適用して、HTMLの編集という項目から編集したのをメモ。

自分でトライアンドエラーで行ったのは1つだけで、他はサイトを参考にした。
以下を行うことで、Attributionのヴィジットが削除できる。
まずHTMLの編集から、ウィジェットのテンプレートを展開にチェックを入れる。
それから、以下を探して
削除した。
削除したら画像のように質問されたので、削除を選択した。
そうするとテンプレートデザイナーの項目からは、
画像のようなページが表示され、GUIからはカスタマイズできなくなる。
消したらマズかったのかもしれんが、あまりにもダサイんで。

Navibarの非表示、検索ヴィジットのPowered byとかの文字非表示、ページ一番下のAtom何とかの文字とリンク非表示はサイトを参考にし、タイトルの文字を右になど細かいのもあるが。

追記
GUIからはカスタマイズできないと記したが、間違いだった。
レイアウトのフォントと色の項目から普通にカスタマイズできた。

iPhoneで電話だけ使う不幸な人

iPhone、CydiaアプリのSBSettingsのアップデートを今更ながら行った。

当初はOSが3.1.2だとアップデートはアカンと言われていたが、アップデートがさらに進み何故かOS3.1.2でも問題なくなった。
Moreの項目やトグルが弄ってあったりとアップデートの内容は書かれてある通り。

実感したのはまずHide Iconがアルファベット順にソートされたこと。
今までは純正アプリが最初に並んで、とバラバラだった。
同時にHide IconでOn/Off操作をした後に、これまではRespringしていたようだが、アップデートによりRespringせず即座に反映されるようになった。

操作もストレスが減ったもんで、Hide Iconを使ってiPhoneで電話だけ使う不幸な人のスクリーンショットを。
iPhoneで電話以外を使い倒している人は数多いだろうが、逆に電話だけ使っている珍しい人というのはいるんだろうか。

2010年4月18日

iPhone人気でなくスマートフォン人気に

秋葉のヨドバシカメラでHTC Desireを触ってきた。

かなりサクサク操作できた。
17日の昼過ぎに行ったが、試したい人が常に後ろにいる感じで、その時は外国の人が多く触っていたのをみた。

まず筐体は、角張ってないので手の平に違和感がなくボタン類の質感やデザインもイイと思ったが、本体のプラか何かの材質はHTCらしいものの、ちょっとチープだ。
そのためか、結構軽い気がする。
サイズは、横幅が手のひらに収まりやすいが、ホームなどのボタン類が下方すぎて、ちょっと操作しづらいか。
画面が縦長の形だからかインターフェイスデザインは、携帯電話を連想させる。
画面が精細なんで今の携帯に慣れている人はあんまり違和感はないんじゃないかと。

操作はマルチタッチもできて特に不満なところもなかった。
ネットへの接続がよくなくブラウザの操作がほとんど試せなかったのは残念。
Xperiaよりも操作はキビキビ反応してくれたと思う。
操作性に関しては、人に勧めても文句はでないと感じるレベルだ。

iPhone使いとしては、iPhone 3GSの操作性の方がもっとキビキビしている、とは感じる。
それと今のiPhoneとはアイコンサイズやアイコンの配置に違いがアリすぎて、iPhoneで壁紙が変更できてもほとんど壁紙が見えないし、iPhoneで壁紙を換えることができてもアイコンが非常に見づらくなるなと感じた。
Androidでは壁紙を変更できても楽しそうだが。
あとはiPhoneより、タッチ操作インターフェイスデザインの画面デザインがわかりやすくないので、どこをタッチすればイイのか迷うデザインなところがちょっと残念。

全般では不満な部分も慣れで解消できるところも多くある。
私としては、消費者にも十分に受け入れられると思うが、やはり販売時期とキャリアがソフトバンクというのが微妙だなと。
Xperiaは最初に5万台と公言できたが、HTC Desireは公言できる程に最初に需要を取り込めるかというと難しいんではと。
これが結構な数字になったらiPhone人気というより、やっとこさスマートフォン人気とも言えるんではないかと。

2010年4月17日

Androidへも日本のアプリ開発者増か

iPhoneアプリは既に日本市場向けに開発されたアプリも数多いが、Xperia販売効果だろうかAndroidアプリも日本人が少しずつだが購入する傾向が出てきているよう。
HT-03Aって、どれだけ売れてないんだよ。

HT-03Aの惨敗っぷりに、既存の大手コンテンツ業者もiPhoneに分かりやすく注力しているが、少しは関心が戻っていくんではなかろうか。
iPhoneのノウハウで、Android向けアプリも少しは投資効率が良くなるんだろうから期待も大きい。
日本の開発者のAndroid向けアプリ成功談もでてきそうだし。

ただ、ソフトバンク以外はアプリマーケットにキャリアがフィルタをかけているので、利用者が増えたら、この状況はどう転ぶのか。
利用者が増えたら、いろんな声が出てきそうだし。

ドコモもHT-03Aを0円とかで売ればいいのにとも思うが、その前に可能な限りのアップデートかましてキビキビ動くようにしてから、希望したいところ。

2010年4月16日

イイ仕事してるHTC Desire

HTCが素晴らしい仕事をしている。
http://www.gizmodo.jp/2010/04/htchtc_desirehtc_desire.html
この操作性を実現させるのはWindows Mobileが先だろうに、と思ったが2、3年程かかったのか分からんがAndroidで実現してるな。
こうなるとWindows Mobileって、何なんだろうなと思ってしまう。

HTC Desireは池袋で実機を置いてるとこを探していたが見つけられなかったので、有楽町とか秋葉に足を伸ばさないとイカンのかと思うと面倒くさいが、この1日2日でいってみたいとも思う。

Twitterのandroidjpをたまにチラ見してるが、HT-03AとNexus oneはrootがとれるようだが、Xperiaは今のところ無理のようだ。
HTC Desireは知らん。

この動画をみる限りHTC Desireはマジで売れそうに思うが、需要をXperiaがさらっていった感も強いので、実際はどうなるか微妙だろう。
どちらかというとiPhone 3Gからの乗り換え需要を取り込める期待の方が大きいんではなかろうかと。
特に最新スペックと実際の操作性が良い点は日本人に分かりやすいので、HTC Desire > Xperia > HT-03Aとなりそうで、IS01はニッチ過ぎか。
といっても、有機ELタッチパネルディスプレイの屋外視認性、実稼働でのバッテリー持続、価格がどうなのかは興味がある。

iPhone OS 4発表後でも下降してませんiPad、ハイ

iPadの最初に想定した購買層は既存のiPhone/iPod touchユーザーやITのアーリーアダプター層がメインのはずなんだが、Appleの想像以上の出足になった。

これが意味するところは、単なるAppleの目算違い、ミクロな話だと予約販売より店頭販売の方が圧倒的に多かっただけ、黒く勘ぐると競合がいないので品切れ市場動向を演出した、iPhone OS 4の発表後でも需要は下降してないよアナウンウスのための演出などなど色々想像してみる。

最初の1週間で45万台販売というのは、8,500万のユーザー全員が購入したとして約0.52%だ。
想像以上というのは既存ユーザー以外が貢献したからかどうか知らんが、これは予約数から想定できるんだろう。
既存ユーザーも財布の上限はあり、新しいiPhoneが6-7月に発売されるとは予想してるし、こうも発売時期が近いと2択になったりする。
単純に予想すると、予約数は想定内だったが、店頭販売需要は相当数多かったということか。
しかし、これはイコールで既存ユーザー以外の購入とはならないし。

今年のiPadの市場動向の見所は、新しいiPhone発売時にAppleから何らかのアナウンスがあるなら近況状況と、競合が発売されてからの販売動向だろう。
ちょうど競合品が市場投入される頃、競合の登場に合わせてiPhone OS 4の新OSを投入するんだろうから、ちゃんとしてますねと。

追記
8500万という数字は全世界だわな、間違いでした。

2010年4月15日

iPhoneゲームいろいろ

iPhoneゲームアプリ、エプスガルーダⅡのアーケードモードをクリア。
この点数だと現時点で50番目くらいだと。

Final Fantasyもクリアしたら、EXTRAの項目がでてきて音楽が聴けるように。
時の迷宮にはいってないので、半分も味わってない感じがする。

IntelとiPad

パソコンは、パソコンのためのソフトやコンテンツを製作する開発者用ツールに小さくまとまる。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/mobile/20100415_361359.html
をみて、iPadが一般消費者に受け入れられれば、こうなっても可笑しくないなと考えた。

一般消費者が、今のパソコンの機能や性能を使い倒しているとは思えない。
ネット、チャット、音楽やムービーなどのコンテンツ鑑賞くらいならiPadで十分だろう。
BDが発売される時に言われていた、そんな大容量メディアを何に使うんだ、と。
Intelもプロセッサは高性能よりなんで、高速処理速度、大容量コンテンツなどは大いに歓迎だろう。

一方で、iPadがあんなに非力なハードのスペックで、10インチクラスの画面であれほどストレスなく操作できるとなると、極端にいえばIntelは立つ瀬がないなと。
まあIntelはハードを提供しているんだが、いつも旗ふってんだから槍玉にあげている。

ネットブックはサイズが小さくなり日本人的には大いに歓迎だろうが、一方で、処理速度を落としたスペックで提供したまではいいが、操作性は最適化もなにも行っていないようで、1アクションごとに待たされるなどユーザーに向き合っていない仕上がりだ、といえる。

パソコンメーカーであるAppleは、そこを省みて、やってのけたとみる。

パソコンメーカーは、一般消費者に振り向いて貰えなくなるまでに何ができるのか。

iPad販売延期判断ハヤすぎねぇか

iPadの米国外での発売日が5月末に延期となった。
詫びいれてんだから、どこで予約ができるか、5月何日に発売するかとか、せめて価格くらい告知しろよ、マジで。

発売から10日程度で今回の告知になった。
予約数量は最初から分かっているし、だいたい最初の1週間が過ぎて販売の感触と今後の見通しを得たんだろう。
と察するにしても、どうにも判断が早すぎると思えてならない。
最初の1週間で判断する程に、本当に米国は供給不足といえるほどの事態もしくは兆候があるのかよ。
米国はこのニュースを知ってんのか。

だいたいからして米国外への供給といっても、最初の1週間はトータルで15万台程度の台数をおさえりゃ十分過ぎて問題ねぇだろうに。
海外流出は販売遅延に関係できるほどの数ではないだろうし。

と考えると、ただの製造に関してのトラブルもしくは部品供給の逼迫、製造メーカーで増産がフレキシブルにできない、となると仕方ないといえなくもないが。
他、各国の主要な出版社との交渉とか電波関係の法律認可がおりないとか、本当はAppleの秘密主義が原因で仕事はじめるのが遅く各国で結果が出てないだけじゃねえの、と黒く真っ黒く勘ぐってみたくなる。

すっきりした。

追記
米国はまず都市部で品切れが起こり、地方も品切れになってるよう。
供給体制は上方修正されたが、iPadに似た競合がなくてAppleもホッとしてることだろう。

2010年4月14日

Blogger Template Designerを適用

ブログデザインにBlogger Template Designerを適用した。
iPhone用とかiPad用とか、もう面倒くせぇ、と思った次第。

パッと見てわかるカスタマイズは、Navibarの非表示、検索のPowered byとかの文字非表示、ページ一番下のPowered byとかの文字非表示。
このカスタマイズにより、レイアウトの項目からGUIによるテンプレートカスタマイズができなくなった。
何かを削除したので、リクエストがどうのこうのと警告された。
だもんで、今後はHTMLの編集の項目からカスタマイズしないといけないようだ。

エスプガルーダⅡ

iPhoneアプリのエスプガルーダⅡ。

クリアしたが、6面が最終か。
3タイプの自機を1回ずつやり、3回目にクリアできた。
弾幕系シューティングでよくある、攻撃が拡散するタイプではなく前方一点集中型の方が進んでいけるという、あれレベルですね。
点数が低すぎるのは、クリアするだけで精一杯ギリギリでした、という腕前の証。

その後は中級でやってみたが、なかなか難しい。

新MacBook Pro価格はどうなの

セブラが水と油を乳化したエマルジョンなインクのボールペンを発売した。
105円。
化粧品とかでは普通にあるらしいが、技術的には確かに凄いんで最初に高級路線で売り出さないのを不思議に思うんだが、付加価値を感じさせない戦略はとても潔い。
というか、そんなに凄くないのかい。

MacBook Proが新しくなった。
価格はどうなったのか、どこのサイトも報告してないのは何でだ。
ちょっとみたが、だいたい1万円未満程度の値下がりをしてるようだが、やっとこさ少し為替を反映したといえる程度かも。
CPUとかメモリとかHDDは、製造プロセスとか諸々の事情で、半年とか1年もすると結構値下がりするんで、スペックアップ程度の新製品が値段据え置きというのは驚くことでもない。
というか供給企業が限られるので、付加価値付けすぎてるだけ。

Mac製品は価格帯でいえば下にiPhoneとかiPadがあるし、あまり接近しすぎると変な感じもする。
やはり価格は下げ止まりとみていいのか。

2010年4月13日

Adobeの儲けが

Appleにおいて、ちょっと前はRealPlayerがiTunesと互換性を持たせる取り組みをやってたが、今はAdobeがApp Storeへ絡もうとしている。

状況から、個人的な感想といってもAdobeの看板背負ってる人がビジネス会話が出来なくなってる時点でAdobeが大人げないと言わざるを得ない。
要するにAdobeもそれで儲けようとしていたんだから、その儲けようとする方法が甘かったというだけだろうに。
Adobeはメディアを追い風にできたが、それを儲けに結びつけることができない、と。
Micosoftに同じ手は使わないんだろうし、相手に応じた手法をとれなかったのか。

たいてい罵詈雑言を吐いた後は、反動で冷静になるもんだが、これでAdobeも落ち着くのかな。

iPhone OS 4以降はちょっと分厚い説明書がいるかも

iPadのヤフオクがちょっとフィーチャーされてたが、現状は怪しいのが多すぎるので供給過多っぽくみえる。
iPadの日本発売の詳細は未定だが、予約販売が導入されるんだろうし徹夜して並ばなくてもという雰囲気はあるんだろうが、さらにヤフオクで購入済になってしまえば日本の行列効果が薄まってしまうのか、どうか。
既に知人経由や海外通販などで手に入れたiPadレビューが出てきているし、日本のアーリーアダプター層のコアな部分は既に行動済みということで、発売初日の盛り上がりはちょっとヘコむのかな。

iPhone OS 4が発表されて、HMDTの人は、なんでアプリ側がマルチタスク向けに再アプローチせなアカンねん、それはOS側だけの仕事やろ、と。
さすがAppleに関わった年期が違うというところか。

iPhone OS 4で、マルチタスクとかアプリ管理とか、いよいよタッチインターフェイスの操作体系がちょっとずつ複雑になってきている。
iPhone OS 4になると、極端なところ、説明書なしでは機能の半分も使えないんではなかろうかと。
それでもAppleとしては、同包する説明書は薄っぺらなままなんだろう。
しかしAppleに分厚い説明書なんていう無粋なものは要求したくない、とも思う。
説明ムービーを入れてるから見てくれ、の一言でも別にいいし。
ということで、ハウツー本がこれまで以上に氾濫するすることになるんだろう。

Appleがタッチインターフェイスの操作性を難しいと思わせたくなくて、マルチタスクやアイコン管理などを最初から導入しなかったとも考えられるが、相変わらずAppleの万能論はアホらしいので程々にしたい。

2010年4月12日

iPhone 3GSの3月料金

EDGEをオフにしたんで、3月のiPhone 3GSは1336円。

怒首領蜂のような弾幕系縦スクロール2Dシューティング、エスプガルーダⅡがイイ。
操作系はかなり快適。
操作が一番簡単なモードで6面ボスまでしか行けないが、弾幕系はやっぱイイね。
続けて6面まで2回行ったが、落ちることもない。

Final Fantasy Ⅰ、ギリギリで倒せたからいいが、オメガとしんりゅうメチャメチャ強いわ。
ナイト、忍者、白魔導士、黒魔導士のパーティーだからか結構しんどい。

あとはAmazon: Hidden Expeditionも手を付けたい。

そういえばiPhone OS 4でマルチタスクが実装される件。
Jobsのマルチタスクに関する発言は、結構面白い。
マルチタスクを導入するからには、ユーザー体験に不満が出ないよう、すごく当たり前とも思えることをシレっと言ってる。
ユーザーがわざわざ管理しないといけない機能だったら敷居が高いとは思っていたが、このマルチタスクなら期待したいと思える。
詳細は知らんが。

あとは、iPhone OS 4の発表はOSに限っていたというのもあるが、iPhoneの筐体サイズを変更するような予兆もなさそうなんで今後は、ケースも手を出してみるかとも思う。
この雰囲気だと、ハード面はCPUとかのスペックアップくらいで、サラッと流すのかな。

iPadの保護フィルムとかケースも、そろそろ物色しないとイカン。

2010年4月11日

iPadへもCydiaを

iPhone OS 4がJailbreakされたと話題になっていたが、iPadへもCydiaがインストールできた報告がされていた。
確かに、これでJailbreakとお付き合いしている人達の購買意欲が高まるような気が。
iPadもJailbreakしてたら保証がきかなくなるんだろうとは思うが、そうなると新製品の故障率という点からはリスクも高い。

一方でiPhone OS 4の発表により、Jailbreakへの抑止が働いているとも考えられる。

APIや稼働数は限定されているがマルチタスクが可能になっている。
iPhone OS 4ではOSとアプリの双方で最適化されるので安定性はJailbreakが劣るとは思うが、マルチタスク機能はとりあえず同等になったんだろう。

アイコン管理や壁紙などのカスタマイズできる要素はJailbreakの方が遥かに多い。
iPhone OS 4でAndroid並みになった、といえる。
あとは、Bluetooth対応キーボード、Spotlight検索でネットも、などなどJailbreakと同等になっている。
既にデザリングは、OSの標準機能として搭載されているが、日本では制限されている。

こうなると今後、Jailbreakを使用しているということは、アプリをクラックして有料アプリを無料で使用するという点が際立つ、ことになると思われる。
極端にいえば、そういう風に見られると。

とはいっても、こういう報告を聞いたんでiPad購入後はJailbreakしてるとは思うけど。

2010年4月10日

紙和

Assist onで、ひも付き封筒と文庫サイズブックカバーの紙和を購入した。
紙和の素材はナオロンという紙でできている。
カバンもあるようで、持ってみたらメチャメチャ、メチャメチャ軽かった。

汚れが目立つ色は避けたかったのでダークブラウンにした。
革のように使用感を味にしていける素材は理想だが、実際に触ってみた感触からも、汚れがたまっていくという印象は嫌なんで、濃いカラーにした。
キャンバス素材なんかは、薄い色だと落とせない汚れがたまっていくようなイメージがあって、それを連想してしまって薄い色は選べなかった。

ダークブラウンといっても、既に折り目をはじめとして皺のところには色がないので、あとは色落ちしていくだけなんだろう。
どこまで付き合ってもらえるのか楽しみでもある。

一番下に敷いているのは、一緒に購入したもの。
クリアファイルの色付きともいえるが、素材はロウ引き加工された紙というWax Paper Products。
A4サイズ。

2010年4月9日

iPhone OS 4って

iPhone OS 4の発表が行われた。

第一感は、大局的な視点からだと極端にいえば、スマートフォンにおける全くの新しい取り組みはなかった、と感じた。
現状の市場動向に応じて、機能を追加したんだなと。

そもそも、これは開発者向けのイベントなんだろうが、開発者ハッピーな点はどこか。
単純に1ユーザーでしかないんで、深く突っ込めないんだが。
マルチタスクやMailは、手間がかなり増えたが、出来ることも増えたのでビジネスチャンス。
アイコン管理などOSの操作に関わる部分は、今後もAppleによりビジネスチャンスが狭くなる。
iBookはiPhoneにも販路が構築されたが、MacとかWinでは見れんのか、見ないだろうが。
Game Centerは、微妙だが、既存展開してた開発者はそっくりAppleに市場を奪われるのか共存するのか不明だが、開発の手間や初期費用の低減にはつながるんだろう。
iAdは、何がしたいんだろうか。
これまでの状況次第なんだが、Appleが禿鷹のごとき行動にでたのか、アプリ内広告のあまりのセンスの無さに奮起したのか、マジで広告を勉強してて第一歩でしかないのか、無料アプリでも儲かりますよ宣伝なのか、さらなる開発者の裾野拡大や流出抑制をしたいのか。

開発者からすればApple台風が過ぎ去った、というイメージかなと。
確実に開発のハードルが上がっているようなので、これで逆に開発者が淘汰されるのか、さらにビジネスチャンスとみて集中するのか、どうか。
単純に競合比較で、スマートフォンとして出来ることに差がなくなってきているので、先行しているAppleのフィールドの規模感を改めて感じさせる、なと。
といっても追う競合の成長も著しいので、将来性に投資するのもイイ。

Windows Phoneも、ここらへんで開発者の規模感の進捗とかアプリ開発の進捗を頑張って漏らしていかないと、忘れられそうだな。

Cydiaの起動を高速に

HackStoreのhttp://hackstor.blogspot.com/2010/04/speed-up-cydia.htmlをそのままやってみた。

手順。
iPhoneの/Applications/Cydia.app/package.jsを編集する。
編集する箇所は、
var depiction = package.depiction;
if (depiction == null)
$(".depiction").addClass("deleted");
else {
$(".description").addClass("deleted");
これを、var depiction = null;の1行だけにする。

これで起動後はすぐ操作できるようになる。
そのためアップデートの確認は手動で行うことになるが。

追記
失敗だ。
var depiction = package.depiction;だけをvar depiction = null;にしてもみたが、ダメだった。

2010年4月8日

iPhone OS4.0発表はAndroidへの牽制

技適マークのない現在の米国発売iPadは、日本では使用したらアカンみたい。
WifiにもBluetoothにも必要なのな。
ネットで公開している人気サイトや有名人達はどうするのか、沈黙か。

まだ気は早いとも思うが、4月中くらいにはiPadアプリまたはiBookアプリで儲かりました話を、当該企業もしくはAppleが喋りだしてもいいんじゃないかと。
iPad対応で、アプリ単価と有料アプリ比率は上がってるんだろうし、電子ブックの方も何が売れたか売れてないかなど、気になることは色々とありすぎると思うんだが。

iPhoneのJailbreak絡みでいろいろとアップデートしてないのがあり、いい加減に面倒になってきてる。
とりあえず、iPhoneのOS4.0の話ももうすぐ発表されるようだし、その後でもいいかと。
このOS4.0は、どれだけAppleが競合を意識しているか、がそこそこ計れる機会になると思う。
Windowsのように、こんなOSにします発表しておいて実際はショボすぎる、とはならないだろうが。

そんで、Appleのモバイル端末は今どんなステージにあるのか、どこまでステップしているのか。
こういう視点は、今後の開発者の取り組みを大きく左右するし、ゆくゆくはユーザーが体験する機能となる訳で。

あとは、大袈裟にいえばCydiaアプリなどJailbreakの存在意義がどうなるか。
Jailbreakが提供している機能をOS4.0が飲み込んでしまう可能性もある。
理屈からは、iTunes Storeでの音楽販売の時と似ていると考えれば想像しやすい。
Cydiaアプリもそうだが、OS4.0の新機能搭載で、どれほどの既存アプリが必要とされなくなり、それ以上の明るい未来があるのかどうか。

まあ察するに、OS4.0がこのタイミングで発表されるのは、Androidスマートフォンが2010年に大量に市場投入されることへの牽制だと考えても、おかしくはないはず。
そう考えれば、競合でフィーチャーされている機能は根こそぎ導入するくらいな姿勢を表明してもイイと。
その意味では刺激が多いと考えたい。

追記
技適マークの件。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1004/07/news092_2.html
FCCマークとかがアリで、国際ローミングなら無線機能は日本でもOKのよう。

2010年4月7日

iPadに同期はいらんだろ

iradikoイイね。
今流れている曲名の情報表示とかはないけど、なくていいよ、といいたい。
バッテリーが減りまくりそうなんで。
できればFM802が聴きたいんだが、別のアプリとかで一工夫しないとイカンのかな。

iPadに関する気になる報告は、Wifiの感度、パソコン同期時の充電、ディスプレイ温度上昇で表示制限される、くらいか。
確か3、4回落下させたら液晶ガラスが割れるとかってのもあったようだし。

日本発売までに、というのは無理だとしても、Appleがすぐにでも対応できそうなのはWifiの感度くらいか。
しかし今回の充電の件で、どこかでも書かれていたが、iPhoneはいいとしてもiPadくらいの大きさの端末は使い始めるためにパソコンとの同期って必要なくねぇ、という至極もっともな指摘もある。

どうにも、iPhoneとかiPadとか端末そのものは操作性もよくデザインも素晴らしいが、運用には手間とコストがかかる、ということらしい。
最近はAppleにしか囲い込まれてないので気付くキッカケがなかったが、目が覚めた次第。

2010年4月6日

iPadのタイピング耐久性

iPadのレビューがどんどん増えてきている。
オーバーヒートは気になる。
よく聞くのは、屋外設置の一般的な液晶ディスプレイは、太陽熱でディスプレイ表面温度があがりすぎると正常に表示できなくなる、と。
そのため、画面表示部に温度センサーでもついてて制御でもしてるんではと。
しかし冷蔵庫って、アホすぎてマジでワロた、テレビを叩いて直そうとするよりタチが悪すぎる。

多くあるレビューの中で、タイピングに関して気になった。
タッチディスプレイの耐久性というのはどれほどのモンなんだろうか、と。

タッチディスプレイと一口にいっても、液晶とタッチ層の一体型などなど種類は多く、iPadはどのタイプなのか知らん。
しかしタイピングの威力が強すぎたり酷使すると、ダメージでディスプレイの曇りや不具合があっさりと発生しそうだなと。
衝撃、爪、油脂成分などなど原因は多々あろうが、保護シートを貼っても、衝撃と環境でシートの粘着物が変化してタッチディスプレイに影響するとも考えられる。
何だか、オプションにキーボードがあるのは、ディスプレイを壊さないため、と思えてきた。
米国だと、これが原因で訴訟の1つでも起きるんだろうか。

何にしても電子ブックリーダーの側面もある端末としては、ユーザーが1年もしくは2年で買い替える、とは単純に考えにくい製品と思うんだが。
Appleはというか、LGが耐久試験やってんだろうけど、普通の感覚がよくわからん。

iPad米国販売30万台でスタート

iPadの初日の販売台数は30万台超だったようで。
最初はKindleなどとの比較で相当売れたんだと、暗に誇っているんだろうと思った。
が、メディアがどうとりあげているのか知らんけど、米国ではiPadのトーンはどうなのか。

日本では米国以上にiPadの関心は低いが、iPhoneを参考に日本のiPadの初日販売台数を予想すると、2万台前後で着地するのかな。
もっと少ない、なと。
少ないとなると、Wifiの16GBモデルが一番人気なんだろうから、初日販売でApple Store以外の量販店では出遅れたら当該モデルは売り切れそうな気も。
おそらくApple Store店頭販売ならモデルを問わず普通に購入できると思うけど。

日本でのiPad販売の詳細はまだかいな。

2010年4月5日

iPad販売でAppleが学んだこと

iPadは初日で数十万台が販売されたと予想されている。

今回は予約販売が行われた。
やっと普通の企業っぽいことをやるようになったと思うんだが。
本当にこれほどの数字がでていて、Appleがこれを成功したと感じているなら、今後も他の製品にも予約販売が導入されるんだろう。

そうなると、Appleは製品の発表、発売日、予約開始などのスキームにもっと余裕をもって臨み、計画的な製造や効率的な供給も可能となるはずだ。
一方で、Appleはリークを極端に嫌う秘密主義なんで、発表から発売までの期間が長くなるのを嫌うのかもしれない。
また、予約販売により、せっかく出店数がまとまってきたApple Storeで、名物になっている行列が短くなってしまう、もしくは行列が少なくなるとメディアなどへの露出が少なくなる状況を嫌うのかもしれない。

実際に行列の大半は予約客だったらしく、ほぼApple信者らしき人達と考えていい。
冷めた目でみれば、Apple製品で醸成された熱狂も、Appleが演出したい茶番の1つに、もとい効果的な宣伝手法になっていたみたいだが、とりあえずiPadの行列の実態はみえたなと。

GoogleもNexus oneの失敗でAmazonなど同じようなことをしているところを見習えばイイとも思う。
同じ猿真似でもMicrosoftの猿真似はいかにも堂に入ったもんで、あまりにも直球すぎて見ている方が気恥ずかしいんだが、Googleも既に同じことができる境地にあると思うけど、どうなんだろう。

武蔵野ワークスの練り香水、沈丁花

武蔵野ワークスの練り香水、沈丁花を購入した。

画像の箱はタバコの箱くらいの大きさなんだが、これはパッケージされている状態ということで、実際の沈丁花のケースは直径にして4cmもない丸い部分になる。

フレグランスはここ数年、サンタマリアノヴェッラの王妃の水とルシアンコロンしか使ってないんだが、最近ネットで練り香水というのがあるのを知って、衝動買いしてみた。

2010年4月4日

iPadで驚くOSの可能性

米国でiPadのWifiモデルが発売された。
ネット越しにレビューを見ると、画面サイズの割にキビキビ動く、という点に驚いているよう。
これで、ちょっとはOSの在り方が見直されて、新しいOSやOSと端末のセットが新規に出てきてもイイんではないかと思う次第。
タッチインターフェイスでなくても良いし。

後発にとっては操作性におけるハードルは上がるばかりだが、低価格というのはちょっとくらいのユーザー体験なんか吹き飛ばしてしまうのは明らかなんで、iPadの今後は価格面でどう戦っていくかだろう。
別に、競合はユーザー体験を追求しなくても、市場の数%だけでもシェアを獲得できればイイというのも立派な事業戦略であり、製品の完成度具合から公式にその戦略をぶっちゃけないだけで、ある程度には匂うもんだろうと。

iPadのこの体験は次の新しい何かを触発するのか、萎えさせるのか。
というのは大袈裟で、ネットでのレビューの盛り上がっている雰囲気と、一般ユーザーのiPadって何、という温度差が非常に気になる。

Macの流通量

ユニボディのMacBookを購入したのが2009年の12月。
そろそろMacBook Proで新CPUモデルが出るだの出ないだのと言われている。
MacBookも新しくなるのかな。

http://ameblo.jp/gogo-machead/entry-10499125954.html
Macを販売しているオンラインショップは影響があるんだろう。
というか、私がMacBookを購入したオンラインショップは既にMacを販売してなかった。
こうなると新品での割安な入手は益々難しくなるんで、中古業者は儲かりそうだが。

しかし、強引だな。
コンシューマ向け、プロシューマ向けで販売窓口を選別したのかな。
単純に考えれば、今回の件により日本のMacの流通量が減少する。
残った企業には、ニーズも集中するので人的な投資も行いやすくなり、イイ事業サイクルになりそう。
すると、日本での今後のMacの本体価格はこの辺で動きを止めて、今後は下がることもなくなるのかな。

2010年4月3日

SIMロックフリー化

携帯電話やスマートフォンのSIMロックフリーの話題。

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、イーモバイルの各社の意見は、企業の主張なんで、自らの企業の利益や有利な状況が織り込まれてないと、そりゃ反論するわなと。
ユーザーの意向、なんて総務省への皮肉だろうにと思っていたが、義務化への防波堤なんだなと。

インフラが一番しっかりしているらしいドコモはキャンキャン吠えてないし、KDDIは通信規格が違うし勢いないのに加えてユーザー流出が怖いし、インフラが貧弱なソフトバンクとイーモバイルも同様にユーザー流出が怖い。
何より、SIMロックフリー化は、各キャリア企業の持ち出しが多過ぎるのに、それに見合うバラ色の市場も考えられず、むしろ低価格競争が起こってキャリアは通信の単なるパイプ役になる作業を粛々と進めさせられる羽目になるということか。

ほとんど今すぐの対応が求められているので、これが各キャリアの防波堤になり、ユーザーのSIMフリー化の意欲を削ぐ方便になると予想する。
各キャリアはSIMロックフリーを促進したところで、一時的に相対的な競争力がつくだけで、長期的にも何のメリットもない。
だもんで全力で食い止めにかかり、SIMロックフリーって海外の旅行者向けのサービスじゃないの、と錯覚させるまで頑張るんだろうとは思う。
極端にいえば、各キャリアがネガティブキャンペーンでも始めて、SIMフリーへ移行希望のユーザーを片っ端から脅し始めるんではないかと想像してみるが、実践されるのはコスト、手間の両面で利用を遠ざけてしまうんだろう。
というか現時点では、コストと手間が本当にかかるんだろうけど。

2007年に、2010年にはSIMフリー化に移行しますよと宣告してたみたいだし、3年かけてドコモ以外のキャリアは何も手を打ってなかったということか。

iPhone SDKで噂

ネットブックは衰退しているらしいが、このカテゴリーは消滅しないんだろうから、これでネットブックの市場規模が判断つくようになるのか。
部品メーカーの思惑で中途半端な処理能力しかないのに加えて、日本ではWindows版を普及させたので、もっさり過ぎるんだと。
海外は日本と違って売れてると思うんだが、どうなんだろう。
気分転換にiPhoneのケースを換えようと思い、取り外したのが画像のiPhone 3G WEAR。
昨年12月に購入。
iPhone 3G WEARは風呂敷でiPhoneを包むようなケース。
購入した時は、折る前の折り紙のようだったが、4ヵ月近くiPhoneを包みっぱなしなんで、ほんの少しは味もでてきたところ。

新しいiPhoneは、筐体サイズが変わらないと予想している。
しかし根拠もないので、念のため、iPhone 3G WEARを購入してからはiPhoneのケースには手を出してない。

最近のiPhoneの噂は、iPhone SDKから想像したものなんだったら、噂ともいえない、ほぼ本当のことと考えてもいいとも思っている。
的外れな想像でなければだが。

パソコンのOSであるWindowsが、常々競合から機能をパクっていると勘ぐられているように、iPhone 3GSでもコンパスとかは完全にAndroidを意識したものだろう。
今度はAppleが何を意識してるのかは知らんが、iPhone SDKから読み解く情報で想像できるなら、それに越したことはないなと。
ハード面における有機ELタッチパネルとかは、割高な部材だけども後発メーカーが差別化したいので採用してるんであって、今の時点でAppleが追随する根拠にはならないだろうと思う。

次のiPhoneで、ハード面において唯一確実なのは、CPUとメモリの能力アップ。
CPUも自社製になるんだから、私としてはiPadのような長時間バッテリー持続をマジで期待したい。
タッチインターフェイスの操作性は後発メーカーが何故か追いつけないので、バッテリー持続というベーシックな部分でも結構なほどに向上すれば、他で多少の不満があっても目をつむるもんだと。
そのために筐体サイズが変わったとしても、変わらないと思うが、文句は言わないようにしたい。

2010年4月2日

iPadアプリはiTunes 9.1が必要

MacでiTunes 9.0.3だが、for iPadアプリをダウンロードしようとすると、アップグレードを促される。

米国、日本でのAppleのiPadの仕様ページでは、iPadのシステム要件はiTunes 9.0以降とあるけど、9.1は必要なよう。

ざわついてるiPhoneのJailbreak関係

Macソフトのアップデートが多い。

iPhoneをJailbreakしてると、iTunesとかのアップデートも様子見になる。
iPadを購入したら、とりあえずJailbreakは試してみたいが、それまではiTunesとかのアップデートを適用しなくてもいいならしない。
iPadの仕様では、iTunesは9.0以降なら問題ないようなんで、現在リリースされているアップデートは必ずしもiPadには必要ないのかな。

アップデートがJailBreakに影響するか対応状況を検証し報告しているサイトもあるが、その姿勢に習って、とりあえずiPhoneへCydiaを再インストールしないといけない事態に備えて、Cydiaへ手動インストールしているアプリを書き出してみた。

Cydelete、Firmware 3.1.3 App、Mobile Substrate、MobileTerminal、My Wi、NES 3、OpenSSH、RecSoundToggle、Rotation Inhibitor、SBSettings、Tethering 3GS - 3.1.2、UserAgent Faker、3G Unrestrictor
自らが感じていたよりは多いが、少ない方なんだろう。
まだ試してないのがMy Wi。

最近はCydiaアプリへの関心というより、iPhoneのRPG系のゲームアプリを頑張っていたのもある。
暇つぶしのiPhoneアプリはシューティング系ゲームアプリが多いが、Retro Revolutionもイイ。
Keitai Site Touchはイイと思ったが、QRリーダーの認識率がどうも。

2010年4月1日

HT-03Aの失敗反動でXperia増か

これまではタイトルに無理矢理にでもiPadをつけてiPadについて考えていたつもりだが、以降はラフに。

AndroidスマートフォンのXperiaが発売された。
ドコモのHT-03Aが完璧に空振りしたからか反動は大きいようで、Xperiaは結構な需要とのこと。
これとソフトバンクのHTC Desireの発売、さらに新しいiPhoneの発売で手堅いスマートフォンの需要は落ち着いてしまいそうだなと。
今後はiPhoneのように、いかに一般客層を取り込んでいけるかがスマートフォン市場拡大の肝になりそう。
2台目需要という意味ではauの狙いは的中しているんだが、中身がショボイので何だか涙をさそう健気さを感じるのは私だけか。

iPadは購入したい

iPadの購入検討にあたり、3月中は無理矢理にでもiPadに対して、自分なりの整理をつけていく、という目的でとりあえず吐き出してみた。

結果的にはiPadそのものより、iPadのコンテンツへの関心があったのかなと感じた次第。

とりあえず、触ってもいないiPadを想像しまくった結果は、日本では購入を見送った方がいいのかなというのが正直なところ。
人に勧めるなら、相手にもよるが勧めない。

でも私はiPadのWifiモデルは購入する。
発売日に購入したいが、おそらく無理をしなくても普通に手に入ると思われるものの、モデルによっては早々に品切れになるだろうと。